芸能・アイドル

映画俳優とテレビの俳優・タレント(ハリウッドNBCスタジオから)

映画俳優とテレビに出演している俳優・タレントさん。

日本では、ほとんど重なっているのだが、これは世界でも日本だけだといわれている。

海外では、映画俳優とテレビに出演する俳優・タレントさんはほとんど重ならない。

(テレビで活躍する俳優がたまに映画に出演することはあるが、基本的に違うものとして認識されている。)

ハリウッドには、ユニバーサル、ワーナー、パラマウント、ソニーピクチャーズ、ディズニーなどの多くのスタジオが集積していて、そのスタジオツアーは広く知られているが、その中でも異色なのが、NBCのスタジオツアー。

NBCは全米ネットワークのテレビ局で、テレビ番組の制作をしているのだが、そのNBCの建物内を歩いて見学する約70分のツアーである。

建物内を歩きながら、番組のセットを見学、特殊メイクや衣装などの舞台裏も見ることが出来る。

ただ、米国のテレビ番組を見ていない外国人には、テレビ番組のセットは初めて見るものだし、テレビに出演している俳優・タレントさんの顔を見ても、「ああ、あの人か。知っている。見たことがある。」と映画のようにはならない。

映画俳優とテレビの俳優・タレントさんは、海外ではかなりはっきりと線が引かれているのだ。

Dsc04207

写真は、ハリウッドのNBCスタジオで撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー映画「シュート!」、ロケ地は静岡県掛川市、天竜浜名湖鉄道、江戸川区陸上競技場、千葉県の四街道総合公園、日立柏サッカー場、公文国際学園など。

シュート! DVD シュート!

販売元:松竹ホームビデオ
発売日:2002/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「シュート!」(大森一樹監督)

出演は、中居正広、木村拓哉 、稲垣吾郎、森且行、草薙剛、香取慎吾、水野美紀、ラモス瑠偉、武田修宏ほか。

原作はマンガで、大島司。1994年公開。

アイドルグループSMAPによるスポーツ青春ドラマで、制作協力は、ジャニーズ事務所。

「サッカー映画の試合シーンは撮りにくい。」といわれているが、この映画の試合シーンは、アイドルを魅せるカメラアングル。

協力は、(財)日本サッカー協会、(社)日本プロサッカーリーグ。

映画の舞台は、原作者の大島司さんの出身地の掛川市。

撮影協力は、

静岡県掛川市、静岡県大東町(現在は掛川市)、天竜浜名湖鉄道(株)江戸川区陸上競技場、千葉県の四街道総合公園日立柏サッカー場公文国際学園(横浜市にある)、サッカー雑誌しずおかゴールなど。

ロケ撮影は、掛川市だけでなく、首都圏の各地で行われている。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

明治から平成へ、現代日本のダンスシーンを映しだした映画「バックダンサーズ」、万座温泉スキー場ほか。

バックダンサーズ! スタンダードエディション DVD バックダンサーズ! スタンダードエディション

販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:2007/02/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「バックダンサーズ」(永山耕三監督)

出演は、平山あや、hiro、ソニン、サエコ、田中圭、陣内孝則、木村佳乃、つのだひろ他、エキストラに嬬恋村のみなさんも出演している。

プロデューサーは梅川治男、山崎雅史。

青春のダンスムービー。

日本のトップダンサー100人以上がエキストラとして出演している。

2000年1月1日に、ニューヨークのミレニアムカウントダウンイベントで踊る日本人のダンサーに出会った。

Ts31n

(ニューヨークのタイムズスクエアで1999年12月31日に撮影)

踊る黒人や白人のトップダンサーたち。

先祖から脈々と続く風土と文化と遺伝子を受け継いだ踊り。

そういった本場のダンサーたちに混ざって踊る日本人のダンサーがいた。

「日本人にもこんなダンサーがいたんだ。」

世界の交差点といわれるタイムズスクエアで出会ったこともあり、とても親近感をもったし、これからも頑張って欲しいと願った。

そういう意味では、この映画は日本のダンサーの今を記録した作品。

明治時代では想像も出来ないような、「平成(時代)の日本」を映しだした映画といえるだろう。

撮影協力は

STUDIO COAST、万座プリンスホテル、万座温泉スキー場、嬬恋村フィルムコミッション、嬬恋村観光協会、TATOU TOKYOほか。

万座温泉スキー場の映像が美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木商店街振興組合が撮影協力した映画「バブルへGO」

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション DVD バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/08/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「バブルへGO」(馬場康夫監督)

製作は亀山千広。

エグゼクティブプロデューサーは、清水賢治、石原隆、林紀夫。

プロデューサーは、宮澤徹、種田義彦、和田倉和利、蔵本憲昭、仁科昌平。

電通やフジテレビなどの社員プロデューサーの名前がある。

(電通同期入社の懐かしい名前を見つけた。)

出演は、広末涼子、阿部寛、薬師丸ひろ子、吹石一恵、劇団ひとりほか。

17年間で時代がどれほど変わったのかがよくわかるコメディータッチの作品。

特別協賛にHITACHI。

撮影協力には

六本木商店街振興組合

六本木ヒルズ

赤坂プリンスホテル

東京海洋大学

いばらきフィルムコミッション

富士の国やまなしフィルムコミッションなどが記されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性作家の書き下ろし小説を映画化したオムニバス映画「Female(フィーメイル)」のロケ協力

female DVD female

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「female」

「Jam Films」のようなオムニバス作品。

女性作家の書き下ろし小説を映画化したことで知られている。

プロデュースは河井真也氏。

(女性からみた)エロスがテーマで、R-18に指定されている。

各作品の作家、ロケ協力などは下記の通り。

「桃」(篠原哲雄監督)は姫野カオルコの書き下ろし。出演は長谷川京子、野村恵里他。ロケ協力は山梨県。富士の国やまなしフィルムコミッション、甲府市、山梨市、塩山市、甲府市のかすがもーる商店街、石和温泉郷旅館きこり他。

「太陽の見える場所まで」(広木隆一監督)は、室井佑月の書き下ろし。出演は大塚ちひろ他。ロケ協力は、横浜フィルムコミッション、千葉県富津市ほか。

「夜の舌先」(松尾スズキ監督)は唯川恵の書き下ろし。出演は高岡早紀他。ロケ協力は、野毛電気工業ほか。

「女神のかかと」(西川美和監督)は乃南アサの書き下ろし。出演は大塚寧々他。

「玉虫」 (塚本晋也監督)は小池真理子の書き下ろし。出演は石田えり他。ロケ協力は、埼玉県川島町他。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「とらばいゆ」のロケ協力、月島もんじゃ「やじろべい」など

とらばいゆ DVD とらばいゆ

販売元:アミューズ・ビデオ
発売日:2002/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「とらばいゆ」(大谷健太郎監督)

出演は、瀬戸朝香、塚本晋也、市川実日子、村上淳 他。

プロデューサーは、武藤起一、久保田修 他。

現代女性の生活感がでているトレンディードラマ風の映画。

ロケーション協力は、

月島もんじゃ やじろべえ

ホテルサンルート東京(現:ホテルサンルートプラザ新宿

金華飯店

川崎競馬場

住建ハウジングなど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第20回東京国際映画祭の映画「さくらんぼ 母の愛」

映画「さくらんぼ 母の愛」(チャン・ヂャーベイ監督)

第20回東京国際映画祭の参加作品。

製作総指揮は、レン・チョンルン、ワン・ティエンユン、シー・カ、小畑真登、原澤富雄。

プロデューサーは、ミ・ズ、三輪由美子。

日中合作の映画で、日本からはプロデューサーの三輪由美子氏(前掲)、撮影の丸池納氏、音楽の安田芙充央氏らが参加してる。

とてもいい映画だった。

舞台挨拶をされた、主演女優のミャオ・プゥさん。

映画では、知的障害を持つ母親役であるのだが、映画が始まってからしばらくの間、舞台挨拶をしていた華やかな女優と知的障害を持つ映画の主人公がどうしても重ならない。

その演技に圧倒されてしまった。

ストーリーは奥が深く、その映像も美しい。

Dsc00363

(写真は、第20回東京国際映画祭のポスター。TOHOシネマのある六本木ヒルズで撮影。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「シュガー&スパイス~風味絶佳~」のロケ地、福生市・木更津市・横浜の元町商店街・首都大学東京・東洋英和女学院大学など

シュガー&スパイス 風味絶佳 DVD シュガー&スパイス 風味絶佳

販売元:フジテレビ
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「シュガー&スパイス~風味絶佳~」(大多亮プロデューサー・中江功監督)

出演は、柳楽優弥、沢尻エリカ、夏木マリ、大泉洋、 チェン・ボーリン 他。

最近の、10代~20代向けの恋愛ものは、どれも大人の影が薄い。

この作品も、10代の主人公2人の世界、両親など大人はほとんど忘れられて、どこか遠くへ行ってしまっている。(ちなみに、現実離れした祖母はいる。)

最近の恋愛映画、世代を超えて見ることが出来る作品にはなかなか出会えないようだ。

(昔のハリウッド映画などは、老若男女、ストーリーを理解できたし、今でも楽しめる。)

協賛は森永ミルクキャラメルで、「風味絶佳」はキャラメルの味。

この文字、森永ミルクキャラメルの箱に印刷されている。

協賛がこういう形で表れている作品、映画のビジネスモデルとして後日、ご紹介したい。

映画は、舞台は横田基地のある東京都福生市

福生市のロケ地については、こちらに詳しく載っている。

(東福生駅とその周辺、米軍横田基地のフェンスや第2ゲート周辺、ビデオ屋さん(ジャンボシアター福生店)など、写真付きで見ることが出来る。)

その他のロケ地は、

木更津市

木更津市の住宅造成地にガソリンスタンドのオープンセットがつくられた。周囲に建物やミ緑がない、生活の臭いのない場所を探したらしい。確かに、映画のシーンは、アメリカにあるガソリンスタンドのような感じだ。(現在、このオープンセットは壊されて無い。)

それから、横浜の元町商店街など。

エンドロールの撮影協力には、

首都大学東京(図書館のシーン)

東洋英和女学院大学(下校のシーンなど。こちらのブログに詳しく載っている。)

日吉自動車学校

横浜フィルムコミッション

富士吉田市のふじよしだフィルムコミッション

それから、東京ロケーションボックスなどが掲載されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「嫌われ松子の一生」とビートルズ「アビイロード」の「ジ・エンド」、そしてホイットニーヒューストン

嫌われ松子の一生 通常版 DVD 嫌われ松子の一生 通常版

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「嫌われ松子の一生」(中島哲也監督)

出演は中谷美紀 他。

映画は、ミュージカル風にできあがっている。

解説によると、松子の「奇妙なつくり顔」は、原作にはないそうだ。

映画の中で、甥っ子が叔母さんである松子の生き方を、

「最後までとことん不器用で、とことん不幸せだったこの人を、神様だと(りゅうさんは)いった。人を元気づけ、人を愛し、だけど自分はいつもぼろぼろに傷つき孤独で、ファッションも全然いけてないけど・・・」などといっている。

また、「人間の価値って、人に何をしてもらったかでなく、人に何をしてあがたかだよね。」

というセリフがこの映画に何度もでてくる。

「意味無いね、生きてることが意味無いね。」などと松子はどんどんと追い込まれている。

だから、映画の挿入歌には「どうすれば私、愛される子になれるの?」などという歌詞もある。

おそらくは、現代という時代を、図らずも映し出した映画で、2006年(公開)がどういう時代だったのか、この映画をみれば知ることが出来るだろう。

一方、ビートルズのアルバム「アビイロード」

アビイ・ロード Music アビイ・ロード

アーティスト:ザ・ビートルズ
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:1998/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その中にある「ジ・エンド」という曲。

歌詞には、「結局、きみが受け取る愛は、君が産み出す愛に等しい。愛とは自分自身で産み出すもの」とある。

映画「嫌われ松子の一生」とビートルズの「ジ・エンド」の見解は似ているようでどこか大きく違っているといっていいだろう。

この二つの考え方、どちらの考えをとるかは、もちろん個々人の自由にゆだねられている。

この映画を見て、

ホイットニーヒューストンだったか、かすかな記憶だが、

「まず、自分を愛すること(自己嫌悪を乗り越えて、自分の良いところに気づこうという意)。それがなければ他人を愛することはできない。始まりは自分への愛。」といった意味の歌詞を思いだした。

ちなみに、映画のエキストラは、松本市、高崎市、佐原市、中之条町のみなさんなど。

ロケ協力は、伊勢崎市(伊勢崎の駅舎など)、佐原市、松本市経済部観光温泉課ロケ支援室、信州上田フィルムコミッションなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コ・フェスタ2007(いよいよ中盤・開催中:9月19日~10月28日)

コ・フェスタは、JPAPAN国際コンテンツフェスティバルのこと。

コ・フェスタとは。

チラシをみると、

「コ・フェスタは、ゲーム、アニメ、マンガ・キャラクター、放送、音楽、映画の各業界のコンテンツが一堂に会する、世界最大規模の統合的コンテンツフェスティバルです。コ・フェスタのキーワードは連携・リンクです。各分野が連携し合うことで新しい発想と新しいマーケットを生み出し、広く海外にアピールしていくことを目指します。」という内容の催し。

多くのプログラムが用意されている。プログラムは18。

その中の一つが、

1)劇的3時間SHOW

東京は表参道のスパイラルホールで10/1~10/10まで開催された。

Dsc00257

スパイラルホールの前で撮影。

映画関係では、

映画監督(映画作家)の河瀬直美氏

スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫氏

映画プロデューサーの李鳳宇氏、一瀬隆重氏

フジテレビの亀山千広氏などが3時間にわたって語った。

それから、

2)JAM2007(Japan Animation Contents Meeting 2007)

秋葉原UDXで10/4~7まで開催された。

アニメ・ビジネス・ショーケースやシンポジウムなど。

Dsc00243

秋葉原UDXで撮影。

そして、

3)国際コンテンツ人材交流・育成セミナー(9/20,9/21,10/26,10/27)

9/20と9/21には、

映画「スパイダーマン」シリーズなどで知られるプロデューサー、アヴィ・アラッド氏。

映画「ラストエンペラー」や「戦場のメリークリスマス」などのプロデューサー、ジェレミー・トーマス氏。

映画「墨攻」のプロデューサー、井関惺氏

映画「初雪の恋」のプロデューサー、韓国のジョナサン・キム氏のセミナーがあった。

いずれも、世界的なプロデューサーである。

4)第20回東京国際映画祭(10/20~10/28)

5)秋葉原エンタまつり(10/20~10/28)

6)第4回東京アジア・ミュージックマーケット(10/15~19)

7)東京コンテンツマーケット2007(10/25~10/26)

8)ジャパン・ロケーション・マーケット2007(10/22~10/24)

Jlm2007_logo

など、コ・フェスタは中盤にさしかかっているが、これからも魅力的なプログラムが目白押しだ。

その中でも、ジャパン・ロケーション・マーケットについては、このブログとも関連性があるので追って詳しくご紹介したい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「映画が見た東京」、映画「書を捨てよ町へ出よう」のロケ地は東京

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫) Book 書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

著者:寺山 修司
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「書を捨てよ町へ出よう」(寺山修司監督)

美輪明宏さんが出演され、偉才を放っている。

若さというやり場のないエネルギーが満ちあふれたいわゆる実験映画。

寺山修司さんが初めて監督した1971年の長編映画。当時の社会を映し出している。

また、時代を突き動かす空気というもの。それが、ある意味で個人を追い込んでいくものであるということを否応にも感じてしまう作品だ。(だから、疲れる作品。)

そして、当時の東京の空気を感じることができる作品。

映画の中身について言えば、

「ひょっとすると、この映画に登場する時代の空気は、その次の時代に、”しらけるということ”を身につけさえたのかもしれない。」

(「しらけ世代」は、この時代の青臭い理屈の無意味さに対するアンチテーゼが生んだのではないか。)

例えば、学生時代の部活など、学校の先輩から受ける様々な影響は案外に理不尽なもので、その影響は一時的には避けられない。(もっと上の世代なら全く違うアドバイスをするだろうに、ちょっと年上の先輩(まだ子供)が、聞くに堪えない青臭い説教を、少し年下の後輩(同じような子供)にしたりしている。これはいつの時代も同じである。)

当時の青年たちは、「戦争に負けた大人たち」を小馬鹿にしながら、「戦争に勝った敵国」にも反発している。

だから、この映画に漲っている「戦争に負けた国の苦しみ」の行き場がどこにもみつからない。

その自己矛盾こそが、青年どうしで空虚な理屈を言い合うエネルギーを生み出す源泉だったのかもしれない。

そういったことに対する反動が、その後の「しらけ」だったり、「ひょうきん」というかたちになっていたのではないか。(いいかえれば、1970年代の終わり~1980年代にかけての「ガラスのジェネレーション、さよならレボリューション」)

このような、そういう鬱屈した1970年頃の空気を、リアルなものにすることに成功させているのがロケ地としての東京だ。

おそらく、高田馬場とか池袋とかの近くだろうか。

都電が走っている。

映画の中のセリフが確かならば、主人公一家が住むアパートは「新宿区戸塚一丁目」あたり。

ロケ撮影のリアルな映像が、この実験映画に現実味を与えているのだ。

この映画、東京国際映画祭(2007年)の「映画が見た東京」で上映される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「スカイハイ劇場版」のロケ協力

スカイハイ 劇場版 スペシャル・エディション DVD スカイハイ 劇場版 スペシャル・エディション

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2004/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「スカイハイ劇場版」(北村龍平監督)

出演、釈由美子、大沢たかお、戸田菜穂 他。

釈由美子さんら女性が演じる殺陣、現代女性の魅力は、こんなふうなのかもしれない。

それから、大沢たかおさんが演じる悪役。「愛する者のためならなんでもやる」と息巻いている。だが、その愛されている側の当人は、「そういうことはして欲しくない」そうであり、言い換えれば、屈折した自己愛が漲っているということだろう。

大沢たかおさん、映画「解夏」とはまるで別人で悪役も演じきっている。

ちなみに、ロケ協力は、

日通池辺倉庫

アジノモトスタジアム

埼玉会館

それから、国土交通省江戸川河川事務所など。

あまり、ロケ地にこだわる必要がない。

(どこに行くのかわからないのだから。)

お行き(生き)(逝き)なさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「瀬戸内少年野球団」のロケ地、真鍋島や北木島など

夏目雅子さん主演の映画「瀬戸内少年野球団」(篠田正浩監督)

夏目雅子さんの明るさが、キラキラした瀬戸内の風景と重なって、いわゆる「地域映画」といわれている作品。 映画の舞台は阿久悠さんの出身地の淡路島。

ロケ撮影は、阿久悠さんの故郷、その淡路島の西岸を考えたのだが、撮影当時(映画公開は1987年)、そのあたりは近代化されていて1940年代の風景を撮影することが難しかったらしい。

そこで、真鍋島や北木島など、淡路島に近い笠岡諸島で撮影されることになったという。

Dsc00085

写真は瀬戸内海で撮影。(ロケ撮影が行われた笠岡諸島周辺ではありません。)

篠田監督といっしょにスタッフがロケハンにでかけた。 その範囲は瀬戸内海にとどまらず、日本海にまで及んだという。約30カ所の漁港を見て回ったらしい。

その末、真鍋島に決まったようである。

(月刊「You」ロケ取材号にこのことが掲載されている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ゲロッパ!」のロケ地、爽やかな蒲郡市

ゲロッパ ! GET UP スペシャル・エディション DVD ゲロッパ ! GET UP スペシャル・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2004/04/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ゲロッパ!」

映画の題名「ゲロッパ」はジェームスブラウンの名曲「セックスマシーン」の歌詞にでてくる「ゲット・アップ」から来ているだけあって、映画は懐かしい洋楽のオンパレードだ。

1970年代後半から1980年代の初めにかけて、街中にあふれていたナンバーが楽しい。

あの頃は、南の島の真っ白な砂浜で、エメラルドグリーンの海を見ながら、明るい気持ちで聞きたくなるような楽しい曲が多かった。

・ジェームスブラウンはもちろんのこと、

・シェリル・リンの「ガット・トゥ・ビー・リアル」

・ソウル・トレイン・ギャングの「ソウル・トレイン・テーマ」

・ジョージ・デュークの「シャイン・オン」

それから、シックの「ダンス・ダンス・ダンス」などもいい。

クライマックスのロケ地も海風が爽やかなラグーナ蒲郡

蒲郡市観光協会のホームページにはフィルムコミッションの情報も掲載されている。

エンドクレジットにはなごや・ロケーションナビの名前もある。

愛知子供の国などでもロケ撮影されたようだ。

それから、ずっと東、神奈川県相模原市藤野町の小学校でも。

「親子の生き別れ」というシリアスなテーマなのだが、爽やかな海風とキラキラした洋楽が、底知れない苦しみを希望へと昇華させている。

チャップリン映画からもわかるように、シリアスなテーマはコメディーと相性がいいに違いない。

映画はタイトルどおりのゲロッパ!(ゲット・アップ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ゆれる」のロケ地、新潟県中魚沼郡津南町と「見倉橋」

ゆれる DVD ゆれる

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ゆれる」(西川美和監督)

西川美和監督、類い希な才能の持ち主のようだ。

こちらのブログにロケ地

新潟県中魚沼郡津南町のことが紹介されている。

(映画の吊り橋「見倉橋」の写真などが掲載されている。)

津南町観光協会のページでもその見倉橋を見ることが出来る。

十日町新聞によると、ロケ地特別上映会が町の文化センターが開催されたようである。

上映会の主催は津南町観光協会。町民を中心に約630人が来場したという。

津南町では、見倉橋、町役場、並びに町内の新婚夫婦のアパートなどで10日間にわたりロケ撮影が行われたようだ。

町民もエキストラとして20人ほど参加しているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「シュリ」と済州島「シュリベンチ」

シュリ DVD シュリ

販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「シュリ」(カン・ジェギュ監督)

韓国の情報機関員(ハン・ソッキュ)と北朝鮮の女スナイパー(キム・ユンジン)。

キム・ユンジンが倒れていく表情が脳裏に残る。

ラストシーンが撮影された済州島のベンチが「シュリベンチ」と呼ばれて、観光名所になっているという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画製作の歴史を知る一級資料、ドキュメンタリー映画「ある映画監督の生涯」

新藤兼人アンソロジーIII DVD 新藤兼人アンソロジーIII

販売元:パイオニアLDC
発売日:2001/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ある映画監督の生涯」(新藤兼人監督)

溝口健二監督の生涯を追ったドキュメンタリー映画。

映画製作の裏舞台を垣間見るこことができる作品。

溝口健二監督は、東京の湯島天神の近くで育ち、台東区の石浜小学校を卒業。

日活向島撮影所が関東大震災にあい、京都撮影所へ移り、東京から京都へ引っ越している。

この映画をみると、西鶴一代女、雨月物語、山椒大夫のヴェネチア国際映画祭受賞作品は、それまで数多くの作品を製作しながら試行錯誤を繰り返すことによって生み出されたものであることがわかる。

今ではなかなか聞けないような逸話が多く、時代を映しだした一級資料。

女優の田中絹代やカメラマンの宮川一夫など、数多くの貴重なインタビューで構成されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TMO幸手がエンドクレジットに載った映画「さくらん」

さくらん 特別版 DVD さくらん 特別版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「さくらん」(:蜷川実花監督、安野モヨコ原作、タナダユキ脚本、そして音楽は椎名林檎)

出演は、土屋アンナ、木村佳乃、菅野美穂と若手の女性の感性が伝わってくる映画。

水槽の金魚が美しく、極彩色が斬新。

吉原遊郭を舞台にした映画だが、椎名林檎の音楽などがしっくりとはまり、現代の風俗を映し出しているのか、江戸時代の吉原遊郭を描いているのかわからなくなるような感じで、どこか不思議な作品だ。

ロケ地は、登別伊達時代村ワープステーション江戸

どちらも時代劇の定番ロケ地。(ロケ地というよりも、もはやスタジオに近いのかも知らない。)

協力したフィルムコミッションは常総フィルムコミッションと埼玉県ロケーションサービス。

そして、幸手市で撮影されている。(桜並木は幸手市)

TMO幸手という旧中心市街地活性化法で誕生した旧TMOがエンドロールに名前を連ねている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邦画の復活、映画「手紙」

手紙 プレミアム版 DVD 手紙 プレミアム版

販売元:日活
発売日:2007/04/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

沢尻エリカ・山田孝之・玉山鉄二共演の映画「手紙」(生野慈朗監督・河井信哉エグゼクティブプロデューサー)

いばらきフィルムコミッション

日立市(リサイクル工場のシーンは日立セメント(株)の工場)

松本市(松本市にある雇用・能力開発の施設ポリテクセンター松本

横須賀ロケサービス(横須賀市にある閉校した陽光小学校の体育館)

六本木ヒルズなどが撮影協力している。

また、映画に出てくる刑務所は千葉市に実在する千葉刑務所(外観のみ)。

映画「パッチギ」に続いて、沢尻エリカさんの演技がすばらしい。

それから山田孝之さん、玉山鉄二さんも光っている。

「邦画の復活」は、「邦画バブル」などと揶揄されているが、

映画「ゆれる」など、最近心に残る日本映画がたくさん製作されている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

映画「ヌードの夜」のロケ撮影

余貴美子・竹中直人主演の映画「ヌードの夜」(石井隆監督)

「うみ・そら・さんごのいいつたえ」、「ホテルハイビスカス」、「さよなら、クロ」、「パッチギ」、「珈琲時光」などに出演している余貴美子さんの不可思議な魅力が漂っている作品。

撮影は名美(余貴美子)のアパートだけはセットで、あとはロケだと竹中直人氏がインタビューで語っていた。

村木(竹中直人)が東京案内を終えた後に名美とサラリーマンのように一杯やるシーンは有楽町のガード下のお店、ジェットコースターやシロイルカは横浜・八景島シーパラダイスで撮影されたという。

また、車がダイブして沈んでいくシーンは、竹中直人氏によると伊東あたりの海で撮影されたようで、エンドクレジットには小川漁協協同組合の名前が載っている。

予算が少ない映画で、いろいろと苦労があったようだ。

新人監督の発掘を目的に、ロバートレットフォードが始めた、サンダンス映画祭で賞をもらっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「秋津温泉」の津山市・奥津町(現:鏡野町)

秋津温泉 DVD 秋津温泉

販売元:松竹ホームビデオ
発売日:2006/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

岡田茉莉子主演の映画「秋津温泉」(吉田喜重監督)

ストーリーが映画「浮雲」(成瀬巳喜男監督)と似ていて比較されることが多い。

この映画、日本的な詩情溢れる映像が美しい。

映画の舞台は秋津荘という温泉旅館、ずっと前に見たことがあるのだろうか、どこか幻のようで、日本家屋の美しさが懐かしい。

ロケ地は津山市、奥津町(現在は合併し鏡野町)など。

奥津渓谷一帯般若寺温泉などで撮影が行われた。

映画は男女の17年にわたる不倫関係を描いているのだが、浮雲のような「腐れ縁」という言葉がなぜか似合わない。

ひょっとしたら、男役の長門裕之は、例えば作家の太宰治のような、破滅的な知性をもったひ弱なインテリ役のはずだったのだろうか。

男の知的ぶったセリフが多いのだが、あまり知性が伝わってこない。

昭和37年に公開された映画で、高度成長に沸く日本列島で都市と地方の格差が広がっていくようすも映し出されている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「復讐するは我にあり」のロケ地は事件現場

今村昌平監督、緒形拳さん主演の映画「復讐するは我にあり」。

DVD 松竹ツインパック「配達されない三通の手紙」「復讐するは我にあり」

販売元:松竹ホームビデオ
発売日:2007/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原作は、佐木隆三著のノンフィクション小説であり、つまりは実話をもとにつくられた映画である。

復讐するは我にあり 改訂新版 Book 復讐するは我にあり 改訂新版

著者:佐木 隆三
販売元:弦書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロケーション撮影の場所は、いまわしい事件現場であった。

この映画のロケ撮影を実際の事件現場に決めた今村昌平監督。

「ロケがすべてだよ。」などと話されたという。

確かに、撮影が行われた事件現場、風景のなかにどこか気のようなものが漂っている。

そして、映画のラストシーンは空に舞う遺骨のストップモーション。

知らず知らずのうちに蓄積された不安感が、無重力地帯に投げ出されてそのままになってしまったような感じで、その感覚が映画を見てから随分と年月がたった今でもそのまま思い起こすことができるから不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「東京日和」のロケ地「柳川御花」、佐野元春の「週末の恋人たち」

問いつめれば関係が壊れていくかもしらないという、やさしい距離感がノスタルジーの原点になっている。

夢の中にいるような感じの映画「東京日和」

どこか社会性が乏しいがゆえに自由であり、自分たちの世界がある。

(佐野元春の「週末の恋人たち」を想い出した。ナイアガラトライアングルvol.2に収録されている。ちなみに、このアルバムはおすすめです。)

NIAGARA TRIANGLE Vol.2 20th Anniversary Edition Music NIAGARA TRIANGLE Vol.2 20th Anniversary Edition

アーティスト:NIAGARA TRIANGLE 佐野元春 杉真理 大滝詠一,大滝詠一,佐野元春,杉真理
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2002/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画の原作は、

東京日和 Book 東京日和

著者:荒木 陽子,荒木 経惟
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロケ地は、東京は世田谷線のあたり(荒木氏の自宅が近くにあった)と、掘り割りめぐりで知られる福岡県柳川市など。

柳川の宿は「御花」である。

荒木夫妻が泊まり、映画が撮影された部屋は、現在、料亭として利用されているようだ。(映画では宿泊の様子を再現した。)

ちなみに、夕食をその部屋とることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「パッチギ!」のロケ撮影、在日のことなど

パッチギ! (特別価格版) DVD パッチギ! (特別価格版)

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「パッチギ!」

その誕生秘話が「パッチギ!的」で紹介されている。

パッチギ!的―世界は映画で変えられる Book パッチギ!的―世界は映画で変えられる

著者:李 鳳宇
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本によると、シネカノンの作品は、ほとんどがオールロケーション撮影。

映画「パッチギ!」も、万寿寺、東九条の柳の下界隈など、京都のあちこちがロケ地になっている。

(ただ、パッチギの映画は京都の朝鮮高校ではなく、滋賀県の比叡山高校で撮影が行われたそうだ。いろいろと事情があった。)

そういえば、1970年代、ちょうど中学生の頃、、東京は山手線の駅などで、朝鮮学校の生徒たちとよく行き違うことがあった。

それから20年ぐらいたって、姜尚中さんの在日を読み、そのことについて考えるようになった。

在日 Book 在日

著者:姜 尚中
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして、李鳳宇さんがプロデュースした映画「パッチギ!」

沢尻エリカさんの演ずる朝鮮学校の生徒に憧れる日本の男子高校生。

高校時代の感覚が、甦ってくるようでいとおしかった。

こういった誰もが一度は通る青少年時代の甘酸っぱいピュアな心は、人類の宝といっていいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「秋刀魚の味」とスタジオ撮影

小津安二郎監督の遺作となった「秋刀魚の味」

小津安二郎映画音楽集~小津安二郎生誕100年記念企画作品~ Music 小津安二郎映画音楽集~小津安二郎生誕100年記念企画作品~

アーティスト:映画主題歌
販売元:日本クラウン
発売日:2003/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画に秋刀魚が出てくるわけではないが、否応なしに訪れる老い、それぞれの年齢にふさわしい暮らしがある。

人生の旬とは何か、それがいつなのかは、それぞれが自分で思うことであるに違いないが、「秋刀魚」とは、旬を暗示するメタファーとしての「秋刀魚」なのだろうか。

書籍「小津安二郎新発見」の中に、映画「秋刀魚の味」で監督から演技の指導を受けた、女優の岩下志麻さんの言葉を見つけた。

小津安二郎 新発見 (講談社プラスアルファ文庫) Book 小津安二郎 新発見 (講談社プラスアルファ文庫)

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「(前略)人間は悲しいときに泣く、うれしいときに笑うとは限らない。何でもない顔をしていても悲しいかもしれないし、うれしいかもしれない。感情をもっと抑えて芝居することを(後略)・・・」

こういった話からも、小津作品の銀幕の中には、凝縮されたかすかな心の動きが、画面の奥に隠れるように宿っていて、嘘っぽく写るといわれるスタジオ撮影を超越した何か大きな力が映像のどこかに潜んでいることがわかる。

小津安二郎監督の作品は、俳優のちょっとした表情を含め、画面の風景が、いつまでもはっきりと心に残るから不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「北の零年」と夕張市

江戸の末期から明治にかけての北海道の開拓時代を舞台にした映画「北の零年」。

豊川悦司が扮する会津藩士の武士道に魅せられた。

北の零年 通常版 DVD 北の零年 通常版

販売元:東映
発売日:2005/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そのロケセットが夕張市にある。

北の零年、希望の杜」といい、平成17年9月3日にオープニングセレモニーが行われた。そのセレモニーでは主演女優の吉永小百合さんらがエゾヤマザクラの植樹をされたようである。

それからおよそ2年後の今日(平成19年6月3日)、吉永小百合さん、石田ゆり子さん、北海道の高橋知事、それから夕張市の子供たちらによる3度目の植樹が行われた。

植樹の資金には、NPO法人ゆうばり観光協会に贈られた支援金の550万円の一部が使われたそうで、皆で夕張市の再生を応援している。

なお、北海道新聞の「北の零年」ロケ地の風景にロケの様子が掲載されている。私もいつかは行ってみたいと願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご当地映画「フラガール」とボブディラン「時代は変わる」

「常磐ハワイアンセンター」誕生の実話を映画化したフラガール。

今は、「常磐ハワイアンセンター」も「スパリゾートハワイアンズ」と名前が変わっている。

映画のラストシーン、フラダンスショーのシーンは「スパリゾートハワイアンズ」にセットを作って撮影がされたという。

まさに、ご当地映画である。地元のいわきフィルムコミッションが協力して、エキストラ約1,100人が集まり、映画制作に協力したと聞いた。

2006年の福島県いわき市の観光客数は約780万人と前年比2.4%増だったが、おそらくは、今年2007年の観光客数はもう少し伸びるのではないか。

スパリゾートハワイアンズにはフラガール特集のページがある。

(館内&周辺ロケ地スポットが詳しく紹介されている)

フラガール メモリアルBOX DVD フラガール メモリアルBOX

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ストーリーは、単なる奇抜なアイデアの「まちおこし物語」というわけではなく、炭坑の閉鎖が見えてきた町の苦しみが実にリアルに伝わってくる。

ここ数年の地方改革の厳しさも、映画「フラガール」の昭和40年頃と同じであり、時代の変化の合わせて生き残りをかけることは、いつも時代も変わらないようだ。

時代は変る Music 時代は変る

アーティスト:ボブ・ディラン
販売元:Sony Music Direct
発売日:2006/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映画を見たあと、私の頭の中で、ボブディランの「時代が変わる」がかかっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ある映画監督との対話

(「パパラギと映画」の続き)

最近、ある映画監督から映画についての話を聞いた。

監督は、映画には魂があるという。

例えば、役者達や制作スタッフ達には命があり、魂が宿っている。

映画は、そういった役者達の一生懸命な姿が映っているから、映画には魂が宿っているというのだ。

だから、「映画には運命がある。」という。

人にも運命があるように、映画にも運命があり、よい映画でもほとんど上映されずにお蔵入りしてしまう映画もあれば、運良く皆に見てもらえる映画もある。

前述した本「パパラギ」では、映画を「にせもの」だと皮肉っていたが、監督の話の方が暖かいし、考えが深い、だから聞いていて気分がいい。

この「映画に魂が宿る。」という話は、まさに現代のアニミズムである。

「映画には生命力が溢れている。」だから、きっと「魂がやどっている。」ということだろうか。

Dsc03014

アカデミー賞の授賞式で広く知られるハリウッドのコダックシアター。

エネルギッシュな場所である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「フォレスト・ガンプ」のベンチ

ハリウッドのパラマウントスタジオに映画「フォレスト・ガンプ」でトムハンクスが座ったベンチがある。

映画撮影はこのベンチで行われたそうで、パラマウントのスタジオツアーに参加すれば、誰でも座って記念撮影をすることが出来る。

プロダクションが入った事務所の前に、何気なくあるのだが、それと分かるようにプレートがついていた。

Dsc03049

| | コメント (0) | トラックバック (0)