« 静岡県松崎町の地ムービー「そらそい」、ロケ地は旅館「一仙」ほか。 | トップページ | 三重県四日市市の地ムービー「いずれの森か青き海」、地域にこだわった地域発信型映画。 »

2010年10月 5日 (火)

山形県大蔵村肘折温泉の地ムービー「湯の里ひじおり」

映画「湯の里ひじおり 学校のある最後の一年」( 渡辺智史監督)

プロデューサーは飯塚俊男。
撮影は堀田泰寛。構成・編集は鍋島惇。録音は久保田幸雄。
ナレーターは伊藤惣一。

昔ながらの風情を残す山間の湯治場、山形県月山の麓にある肘折温泉(807年開湯)を舞台にしたドキュメンタリー映画。

なんにもしないで過ごす時間。

温泉につかって、ご飯を食べて、ごろごろして、お茶飲みながら駄弁って、ぐっすり寝て。

湯治客になってゆったりと過ごしたくなる作品。

日本の田舎に残っている、人々の触れ合い、のんびりと澄んだ空気。

一方、現代日本が直面するさまざまな社会・経済問題が浮き彫りにされている。

少子化、高齢化、過疎化、学校統合による肘折小中学校の閉校。

肘折小中学校のブラスバンドの楽器は、子供たちのために、村の人たちがお金を出し合ってそろえたもの。

それは地域の絆の証。

映画のチラシに

「旅館はお部屋、道路が廊下」

それから、

「この作品は、片隅の里を素材にしながら、この国の全体を描いた、まことに普遍的に大きなスケールをもっている。」立松和平(作家)とあり、

閉塞感のある日本。

でも、まだ希望はある。

地域再生の息吹が感じられる作品。

|

« 静岡県松崎町の地ムービー「そらそい」、ロケ地は旅館「一仙」ほか。 | トップページ | 三重県四日市市の地ムービー「いずれの森か青き海」、地域にこだわった地域発信型映画。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361408/36624572

この記事へのトラックバック一覧です: 山形県大蔵村肘折温泉の地ムービー「湯の里ひじおり」:

« 静岡県松崎町の地ムービー「そらそい」、ロケ地は旅館「一仙」ほか。 | トップページ | 三重県四日市市の地ムービー「いずれの森か青き海」、地域にこだわった地域発信型映画。 »