« 香川県高松市の地ムービー「ほっこまい高松純情シネマ」、ロケ地は香川県及び高松市内の各所、岡山市西大寺商店街、津山明宝会館など。 | トップページ | ヨルダンのアンマン、クエート、カナダのラングレー・バンクーバー、イラクの地ムービー「ハートロッカー(The hurt locker)」 »

2010年6月 7日 (月)

沖縄県の辺野古沖合・青森県六ヶ所村の地ムービー「大丈夫であるように Cocco 終らない旅」

大丈夫であるように-Cocco 終らない旅-(初回限定盤) [DVD]DVD大丈夫であるように-Cocco 終らない旅-(初回限定盤) [DVD]

販売元:Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「大丈夫であるように Cocco 終らない旅」(監督・プロデュース・編集・撮影は是枝裕和)

出演はCocco、長田進、大村遼身、高桑圭、椎野恭一、堀江博久ほか。

撮影は山崎裕、高野大樹。

録音は黒木禎二。

あまり知らなかったのだが、類い希なすごい感性で、神がかった印象。

沖縄のユタを思い起こしたりした。

真っ直ぐで、崇高で、飾らない、正直で、真面目で、泣き虫で。まだ若いのだが(苦労知らずの大人よりずっと)奥が深い。Cocco。

沖縄音階。

自分のことを「あっちゃん」とよんでいる。

沖縄の北部、靴がぬれちゃったのか?かたっぽ裸足であるく、かわいらしい女の子と話すCoccoの姿が印象的。

「みんなが立ち向かおうとしていることが、大丈夫だっちとはいえないし、大丈夫でないこともいっぱいあると思うし、でもよ、大丈夫だって、たぶん、自分できめるものだからよ、自分で大丈夫ってするしかたぶんないばーよ。だけどよ、大丈夫でありますようにって思っていることは確かだから、だから、みんなが進むべき道と進みたい道と、みんな明日と将来と夢と、いろんなことが大丈夫であるようにって、思ってます。」

というセリフというかコンサートでのトークがある。(言葉尻はちがっているかもしれません)

沖縄の言葉で考えて伝えている。風土に根ざしている。

それゆえに、現代日本、いや世界を、理屈を超えたところで見抜いている。
(子どもたちが大人を嘘を見抜くような感じ)

米軍基地移設予定地の辺野古沖合(ジュゴンのいる沖縄の海)と核再生処理施設のある青森県六ヶ所村。

日本の戦後と未来を背負っている、押しつけられてもいる地域。

「しょうがない」と諦めて暮らしているけれど、「しょうがない」とあきらめるのはやめよう。

そんなふうに、Cocco、使命感がある。なので、自分が無力で何もできないと思ってしまうにちがいなく。

まるごと全部、自分の全身で引き受けてしまうと追い詰められてしまうはずで、

でも、沖縄の「テーゲー」がどこかにやどっている。

何度も見たくなるドキュメンタリー映画。

ロケ地は、沖縄県辺野古沖、ひめゆりの塔、沖縄コンベンション劇場、青森県六ヶ所村、広島、神戸国際会館、大阪 Shanguri-laなど。

|

« 香川県高松市の地ムービー「ほっこまい高松純情シネマ」、ロケ地は香川県及び高松市内の各所、岡山市西大寺商店街、津山明宝会館など。 | トップページ | ヨルダンのアンマン、クエート、カナダのラングレー・バンクーバー、イラクの地ムービー「ハートロッカー(The hurt locker)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361408/35097937

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県の辺野古沖合・青森県六ヶ所村の地ムービー「大丈夫であるように Cocco 終らない旅」:

« 香川県高松市の地ムービー「ほっこまい高松純情シネマ」、ロケ地は香川県及び高松市内の各所、岡山市西大寺商店街、津山明宝会館など。 | トップページ | ヨルダンのアンマン、クエート、カナダのラングレー・バンクーバー、イラクの地ムービー「ハートロッカー(The hurt locker)」 »