« 山形県庄内地方の地ムービー「花のあと」、メインロケ地は庄内地方。鶴岡公園・旧庄内藩校「致道館」・羽黒の玉泉寺・羽黒山斎館ほか。 | トップページ | 沖縄県北谷町の地ムービー「ニライの丘~A Song of Gondola~」、ロケ地は浜屋そば、観覧車ほか。 »

2010年3月21日 (日)

沖縄国際映画祭 地域映画セミナー「地域と映画のラフピーな関係」3月26日開催(お知らせ)

3月26日(金)に沖縄国際映画で地域映画セミナー「地域と映画のラフピーな関係」が開催されます。

入場は無料です。

Oimf_l_200_250

沖縄国際映画祭 OIMFコンテンツサミット 地域映画セミナー「地域と映画 ラフピーな関係」


http://www.oimf.jp/jp/bazaar/#3

 地方ロケによる映画・ドラマ等の製作は、地域の経済・社会・文化などの多岐にわたって様々なプラスの効果をもたらし、地域活性化が期待できる機会として注目され、日本の各地でフィルムコミッションの設立やロケ誘致活動がさかんに行われるようになりました。

 近年さらに、地域がより主体性を持って映画製作に関わり地域資源のPRに活用したり、出資など映画ビジネスにも積極的に関わっていくことで地域振興につなげようとうとする機運も高まっています。

 映画と地域の間にはまだまだ多くの可能性があり、「映画が地域に貢献し、地域が映画に貢献する」、「映画が地域を変え、地域が映画を変える」という、『地域と映画のピースフルな関係』を、地域映画の製作・興行・宣伝・支援等に関わった方々の話を聞きながら、今後の展望と課題を探っていく事を目的に、この度、3月20日(土)から28日(日)に開催される第2回沖縄国際映画祭の中で開催されるコンテンツマーケット“沖縄国際映画祭コメディバザール”OIMFコンテンツサミットの中で、地域映画セミナー『地域と映画のラフピーな関係』を開催する運びとなりました。

 入場無料となりますので、是非、この機会にお誘い合わせの上お越しくださいませ。

 尚、昨年の第1回沖縄国際映画祭開催地である北谷町からも、映画「二ライの丘〜 a song of gondola 〜」が誕生しました。これを機に、沖縄国際映画祭が日本国内の地域のみならず、世界の地域を繋いで映画を生み出し、映画・アニメを含む様々なコンテンツ産業振興と地域振興を促進する場となることを目指します。

◎地域映画セミナー「地域と映画 ラフピーな関係」 開催概要

日程 : 3月26日(金)16:00~18:00(2時間)
会場 : 沖縄県宜野湾市 沖縄コンベンションセンター 展示棟/募集人数 : 約170人
主催 : 沖縄国際映画祭実行委員会、バラエティ・ジャパン
共催 : 沖縄県、北谷町
企画協力 : 沖縄タイムス社、北日本新聞社、ブースタープロジェクト、バリーオ

基調講演(約20分)

テーマ:「リージョナルシネマ REGIONAL CINEMA!~映画・アニメ等で地域を栄えさせる方法~」      (谷國大輔)

1部:パネルディスカッション (約60分)
テーマ: 「映画・アニメ等を活かした地域振興の現状と今後の可能性」
ナビゲーター:  関口裕子 (バラエティ・ジャパン編集長)
パネリスト:
●谷國大輔 <地域プランナー/プロデューサー>
●田中宏幸 <吉本興業エリア開発センター統括部長>
●堀井政彦 <北日本新聞社/TOYAMA地域映画フェスティバル主催>
●井手裕一 <「ニライの丘」プロデューサー/シュガートレイン代表>
●安藤公一 <TOHOシネマズ緑井(広島市)支配人>

2部:プレゼンテーション (約30分)
テーマ:「地域と映画製作者のマッチングとネットワーキング」
地域・映画製作者による、各地域で現在展開されている地域映画各事例の紹介
(富山県氷見市「ほしのふるまち」(川野浩司監督)、沖縄県中頭郡北谷町「ニライの丘~a Song for Gondola~」(大城直也監督)ほか)

Oimf_l_150_60

◎沖縄国際映画祭
 昨年2009年3月に、沖縄県北谷町「アメリカンビレッジ」及び近郊をメイン会場に開催された第一回沖縄国際映画祭は、“Laugh&Peace”をコンセプトに国内外のコメディ作品のコンペティション、公開前の特別招待作品、CMやショートムービーなど153作品が上映され、初日に開催されたオープニングセレモニーでは、250mにも及ぶレッドカーペットを総勢90名ものゲスト登場、 169名もの吉本興業所属芸人が出演して舞台挨拶やイベントを行い、全世界共通の“笑い”を追求していく一大イベントは、4日間の総来場者が11万人を超えました。
 映画祭期間中に取材に訪れたマスコミは250名以上、スタッフ300名、ボランティア250名と多くの人が係わり、大いに盛り上がりました。

 第2回は、開催期間を9日間に拡大し、「長編プログラム」「特別上映作品」「World Wide Laugh」
「CMコンペティション」「新国際ニコニコ映画祭 in 沖縄」「琉球放送『ラフピー!』連動企画」
「ステージイベント」など多種多様なプログラムで開催いたします。

名称: 第2回沖縄国際映画祭   2nd OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL    
会期: 2010年3月20日(土)~28日(日)
    3/20~23・・・カウントダウンイベント(サブ会場)
    3/24~28・・・映画祭開催(メイン会場)
会場: メイン会場:宜野湾市 沖縄コンベンションセンター及び周辺地区
    サブ会場:那覇市内(国際通り周辺・桜坂劇場)
主催: 沖縄国際映画祭実行委員会   運営担当 ㈱よしもとラフ&ピース
後援:  経済産業省、外務省、文化庁、観光庁(予定)、内閣府沖縄総合事務局、沖縄県、宜野湾市、那覇市、北谷町、(財)沖縄観光コンベンションビューロー、(社)日本映画製作者連盟、(社)映画産業団体連合会、(社)外国映画輸入配給協會、 (協)日本映画製作者協会、ユニジャパン、ジャパン・フィルムコミッション、アメリカン モーションピクチャー アソシエーション オブジャパン、沖縄タイムス社、琉球新報社 、 琉球放送、琉球朝日放送、沖縄テレビ放送、エフエム沖縄 、ラジオ沖縄。

|

« 山形県庄内地方の地ムービー「花のあと」、メインロケ地は庄内地方。鶴岡公園・旧庄内藩校「致道館」・羽黒の玉泉寺・羽黒山斎館ほか。 | トップページ | 沖縄県北谷町の地ムービー「ニライの丘~A Song of Gondola~」、ロケ地は浜屋そば、観覧車ほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄国際映画祭 地域映画セミナー「地域と映画のラフピーな関係」3月26日開催(お知らせ):

« 山形県庄内地方の地ムービー「花のあと」、メインロケ地は庄内地方。鶴岡公園・旧庄内藩校「致道館」・羽黒の玉泉寺・羽黒山斎館ほか。 | トップページ | 沖縄県北谷町の地ムービー「ニライの丘~A Song of Gondola~」、ロケ地は浜屋そば、観覧車ほか。 »