« バンコクの地ムービー「サヨナライツカ」、ロケ地はタイのマンダリン・オリエンタル・バンコク、ねはん寺ほか。 | トップページ | 横浜市・名古屋市などの地ムービー「笑の大学」、ロケ地は横浜開港記念館・神奈川県庁・名古屋市役所・旧安田銀行横浜支店ほか。 »

2010年2月26日 (金)

南アフリカ共和国ケープタウン・ヨハネスブルグ・ロベン島の地ムービー「インビクタス 負けざる者たち」、ロケ地はマンデラ邸、エリスパークスタジアム、ロベン島の刑務所ほか。

「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラックMusic「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:SMJ
発売日:2010/02/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「インビクタス 負けざる者たち」(監督・製作はクリント・イーストウッド)

出演は、モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンほか。

原作はジョン・カーリン。脚本はアンソニー・ペッカム。

反アパルトヘイト運動によって約30年間刑務所に収容され、1994年に南アフリカで初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラ。

そのマンデラ大統領とアパルトヘイトの象徴的存在であった南アフリカラグビー代表チーム「スプリングボクス(Springboks)」にあった実話を映画化。

スポーツ(ラグビー)を通じて人種を越えた和解が描かれている作品。

晴れ晴れとした映画。

マンデラ大統領が獄中で心の支えとした英国人詩人「ウィリアム・アーネスト・ヘンリー」の詩「Invictus」、その最後の一節。
I am the master of my fate. I am the captain of my soul. (「私が我が運命の支配者、私が我が魂の指揮官なのだ。」)

モーガン・フリーマンがマンデラ大統領を演じるのを見られたことは幸運。

ロケ地は、南アフリカ共和国(South Africa)。

ケープタウン(Cape Town)、ハウテン州(Gauteng)のヨハネスブルグ(Johannesburg)のマンデラ邸、エリスパークスタジアム、ロベン島(Robben Island)の刑務所ほか。

|

« バンコクの地ムービー「サヨナライツカ」、ロケ地はタイのマンダリン・オリエンタル・バンコク、ねはん寺ほか。 | トップページ | 横浜市・名古屋市などの地ムービー「笑の大学」、ロケ地は横浜開港記念館・神奈川県庁・名古屋市役所・旧安田銀行横浜支店ほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アフリカ共和国ケープタウン・ヨハネスブルグ・ロベン島の地ムービー「インビクタス 負けざる者たち」、ロケ地はマンデラ邸、エリスパークスタジアム、ロベン島の刑務所ほか。:

« バンコクの地ムービー「サヨナライツカ」、ロケ地はタイのマンダリン・オリエンタル・バンコク、ねはん寺ほか。 | トップページ | 横浜市・名古屋市などの地ムービー「笑の大学」、ロケ地は横浜開港記念館・神奈川県庁・名古屋市役所・旧安田銀行横浜支店ほか。 »