« 宮城県・仙台市の地ムービー「重力ピエロ」 | トップページ | ニュージーランドのウエリントン、ロサンゼルス、ハワイ島・カウアイ島・オアフ島などの地ムービー「アバター」、ロケ地はハワイ島のハマクワコーストほか。 »

2010年1月19日 (火)

東京・雑司が谷、沖縄の地ムービー「今度は愛妻家」、ロケ地は鬼子母神の境内・参道など、下北沢、沖縄ほか。

オリジナル・サウンドトラック 今度は愛妻家Musicオリジナル・サウンドトラック 今度は愛妻家

アーティスト:サントラ
販売元:フォーライフミュージックエンタテインメント
発売日:2010/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「今度は愛妻家」(行定勲監督)

出演は豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、城田優、津田寛治、奥貫薫、井川遥、石橋蓮司ほか。

中谷まゆみ原作の舞台「今度は愛妻家」を映画化。

脚本は伊藤ちひろ。

脚本がよくできていて、キャストの演技も、監督の演出もいい。

40代が主役、大人の映画。

とにかく予備知識がないまま鑑賞することを勧めたい。

挿入歌は井上陽水の「夢の中へ」、主題歌も井上陽水で「赤い目のクラウン」。

ロケ地は沖縄、それから東京の下北沢、雑司が谷(鬼子母神の境内・参道など)ほか。

雑司が谷のロケでは、街並みに喫茶店や不動産屋さんの看板を加え下町らしい風情を出したとのこと。〈朝日新聞の記事による)

また、池袋西口地域活性化のこちらのブログに雑司ヶ谷ロケのことが掲載されている。(並木ハウスアネックス、駄菓子屋さんなども映っているとのこと)

スタジオ兼住宅はセットで、東映東京撮影所。

協力は,沖縄フィルムオフィスほか。

沖縄は、沖縄本島のいったことのある、見晴らしのいい城(ぐすく)など、ではないだろうか?
こんど関係者にきいてみようと思う。

|

« 宮城県・仙台市の地ムービー「重力ピエロ」 | トップページ | ニュージーランドのウエリントン、ロサンゼルス、ハワイ島・カウアイ島・オアフ島などの地ムービー「アバター」、ロケ地はハワイ島のハマクワコーストほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京・雑司が谷、沖縄の地ムービー「今度は愛妻家」、ロケ地は鬼子母神の境内・参道など、下北沢、沖縄ほか。:

« 宮城県・仙台市の地ムービー「重力ピエロ」 | トップページ | ニュージーランドのウエリントン、ロサンゼルス、ハワイ島・カウアイ島・オアフ島などの地ムービー「アバター」、ロケ地はハワイ島のハマクワコーストほか。 »