« 東京・雑司が谷、沖縄の地ムービー「今度は愛妻家」、ロケ地は鬼子母神の境内・参道など、下北沢、沖縄ほか。 | トップページ | 台湾の台北市、日本の東近江市・京都市などの地ムービー「闘茶(Tea Fight)」、ロケ地は東近江市五個荘北町屋町・五個荘金堂町、京都市の光明寺ほか。 »

2010年1月19日 (火)

ニュージーランドのウエリントン、ロサンゼルス、ハワイ島・カウアイ島・オアフ島などの地ムービー「アバター」、ロケ地はハワイ島のハマクワコーストほか。

The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)BookThe ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)

著者:ピーター・ジャクソン(序文),ジョン・ランドー(前書),ジェームズ・キャメロン(エピローグ),リサ・フィッツパトリック
販売元:小学館集英社プロダクション
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「アバター」(監督・製作・脚本は ジェームズ・キャメロン)

出演は、サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、スティーヴン・ラングほか。

3D、VFX、バーチャルカメラ、エモーションキャプチャー(パフォーマンスキャプチャースーツとヘッドギアを着用)など、最新の映像テクノロジーを体感できるジャンルを超えた作品。

アメリカは、政権がかわると映画も傾向がかわるといわれているが、確かに「インディペンデンスディ」とは違った価値観が描かれている。

環境問題・民族的な多様性などが感じられるアメリカ映画。

日本国内の3Dの上映方式は4つ。XpanD(TOHOシネマズ系、109シネマズ系)、RealD(ワーナー系)、Dolby3D(Tジョイ系)、IMAX3D(川崎など4館)。

字幕スーパーは字幕が映像の一番手前に。

比較していないので定かでないが、字幕無しの吹き替え版のほうが、無理なく3Dを楽しめたかもしれない。

ロケ地は、

ハワイのハワイ島のハマクワコースト(Hamakua Coast)、カウアイ島(Kaua'i、熱帯雨林のシーン)、オアフ島(’O'ahu)

カリフォルニア州のPlaya Vista、ロサンゼルス、El SegundoのHughes Aircraft。

ニュージーランドのウエリントン(Wellington)。

スタジオはニュージーランドのStone Street Studio

|

« 東京・雑司が谷、沖縄の地ムービー「今度は愛妻家」、ロケ地は鬼子母神の境内・参道など、下北沢、沖縄ほか。 | トップページ | 台湾の台北市、日本の東近江市・京都市などの地ムービー「闘茶(Tea Fight)」、ロケ地は東近江市五個荘北町屋町・五個荘金堂町、京都市の光明寺ほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランドのウエリントン、ロサンゼルス、ハワイ島・カウアイ島・オアフ島などの地ムービー「アバター」、ロケ地はハワイ島のハマクワコーストほか。:

« 東京・雑司が谷、沖縄の地ムービー「今度は愛妻家」、ロケ地は鬼子母神の境内・参道など、下北沢、沖縄ほか。 | トップページ | 台湾の台北市、日本の東近江市・京都市などの地ムービー「闘茶(Tea Fight)」、ロケ地は東近江市五個荘北町屋町・五個荘金堂町、京都市の光明寺ほか。 »