« 渡名喜島の地ムービー「群青 愛が沈んだ海の色」、ロケ地は重要伝統的建造物郡保存地区に選定されている渡名喜島。 | トップページ | 山形県庄内地方の地ムービー「スノープリンス」、ロケ地は庄内映画村。 »

2009年12月13日 (日)

カリフォルニア州の地ムービー「サイドウェイ」、ロケ地はカリフォルニア州のサンタイネズ・サンタマリア。

サイドウェイ(特別編) [DVD]DVDサイドウェイ(特別編) [DVD]

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「サイドウェイ」(監督・脚本はアレクサンダー・ペイン)

出演は、ポール・ジアマッティ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴァージニア・マドセン、サンドラ・オーほか。

プロデューサーはマイケル・ロンドン。
原作はレックス・ピケット。
共同脚本はジム・テイラー。

2004年度アカデミー賞脚色賞受賞。

2004年度ゴールデン・グローブ賞作品賞(ミュージカル/コメディ部門)・脚本賞受賞。

人生の折り返し点(40うん歳ぐらい?)を過ぎた頃から感じる、「あ〜あ、中年」感覚。

60代〜70代ぐらいの人からは、「まだ若いこれから」といわれる一方、20代〜30代の頃とは明らかに違っている。

いい意味で、人生の長さを実感できるようになる年頃。

体力は落ちてきて、以前のように徹夜とか、頑張りが・・・、無理が・・・利かない。

焦り、あきらめ、でもまだこれから、などと思ってみたり、思えなかったり。

自分の立ち位置が、ずいぶんと見えてきているからこそ、ゆっくりと人生を語ることが、ようやくできようになる年齢でもある。

リメイクされた日本映画の「サイドウェイズ」は、どちらかというと10代〜30代が見ているテレビバラエティー風のコメディセンスだが、元祖のこちらのほうは、まさにその中年感覚だ。

笑いもセリフも、大人で、ドタバタも違和感がない。

ロケ地はカリフォルニア州の各地。

ブエルトン(Buellton)。

(ブエルトンには「ヒッチング・ポスト」(マヤの勤めるワイン・レストラン)がある。)

Carpinteria、

Lompoc、

ロサンゼルス(Los Angeles)、

Los Olivos。

Montebello(ラストの結婚式のシークエンス。)

Oxnard、サンディエゴ(San Diego)。

サンタバーバラ(Santa Barbara:マイルスのアパート)。

Solvang。

そして、

サンタマリア(Santa Maria)

サイタイネズ(Santa Ynez)(ワイナリーは主にこの2地域)

「ウィンドミル・イン」(風車が印象的なモーテル)

61年物のシュヴァル・ブラン、88年物のサッシカイア、リシュブール・・・・。

それから、ピノとカベルネ論争など、ワイン通だとより楽しめそうな映画。

サイドウェイのワインマップはこちら

|

« 渡名喜島の地ムービー「群青 愛が沈んだ海の色」、ロケ地は重要伝統的建造物郡保存地区に選定されている渡名喜島。 | トップページ | 山形県庄内地方の地ムービー「スノープリンス」、ロケ地は庄内映画村。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリフォルニア州の地ムービー「サイドウェイ」、ロケ地はカリフォルニア州のサンタイネズ・サンタマリア。:

« 渡名喜島の地ムービー「群青 愛が沈んだ海の色」、ロケ地は重要伝統的建造物郡保存地区に選定されている渡名喜島。 | トップページ | 山形県庄内地方の地ムービー「スノープリンス」、ロケ地は庄内映画村。 »