« タイは各地の地ムービー「闇の子供たち」、日本ユニセフ協会・コードプロジェクト推進協議会が推薦。 | トップページ | カリフォルニア州の地ムービー「サイドウェイ」、ロケ地はカリフォルニア州のサンタイネズ・サンタマリア。 »

2009年12月13日 (日)

渡名喜島の地ムービー「群青 愛が沈んだ海の色」、ロケ地は重要伝統的建造物郡保存地区に選定されている渡名喜島。

群青 愛が沈んだ海の色 [DVD]DVD群青 愛が沈んだ海の色 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2009/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


映画「群青 愛が沈んだ海の色」(中川陽介監督)

出演は、長澤まさみ、佐々木蔵之介、福士誠治、良知真次、洞口依子、田中美里ほか。

原作は、宮本あや子「群青」
脚本は、中川陽介、板倉真琴、渋谷悠。

プロデューサーは、山田英久、山下輝人、橋本直樹。
アソシエートプロデューサーは、三輪由美子。
ラインプロデューサーは森太郎。

特別協賛は、JAL、JTA
協賛は、久米島の久米仙ほか。
後援は沖縄県、
推薦は水産庁。

ロケ地は渡名喜島

渡名喜島は国の重要伝統的建造物郡保存地区に選定(2000年5月)されている島。

それゆえ、いわゆる観光地化がされていない。昔からの渡名喜島の風景が映っている。(群青色の海、白い砂浜、赤瓦の家並み、白砂の小道、フクギ並木など)

映画のワンシーンで、渡名喜島の民謡「渡名喜ジントーヨー」も歌われている。

また、この映画がきっかけで、主演の長澤まさみさんが、美ら島(ちゅらしま)沖縄大使に就任もしている。

そして、丸の内ロールとタイアップ。(沖縄県の黒糖を使用した「群青ロール」を販売)。

沖縄と渡名喜島にこだわった作品だ。

それだけに、セリフも渡名喜島の方言の方が、沖縄らしさがぐっとでて、心模様も伝わって、映画の魅力をもっと高めることができたのではないかという感じがした。

ロケ協力は、渡名喜村役場、渡名喜村漁協協同組合、民宿あがり浜、民宿となき、民宿ムラナカ、ターミナル食堂、憩い処西門、渡名喜村のみなさま。

撮影協力は、(財)沖縄観光コンベンションビューロー、沖縄フィルムオフィス、
G-whiz、海竜潜水、ギャラリーh、沖縄ツーリスト、ピアノサービスセンター那覇、マリンクラブNAGI、全国漁業協同組合連合会、沖縄県漁業協同組合連合会、琉球海運(株)、久米商船(株)ほか。

取材協力は、石垣市教育委員会、沖縄文化研究所ほか。

海外セールスは、20世紀フォクス映画、ElevenArts。

制作プロダクションは、ウィルコ。
配給・宣伝は20世紀フォクス映画。

「群青」製作委員会は、(バンダイビジュアル、東宝、エキスプレス、オーシーシー、小学館、テレビ東京、ワイズコーポレーション、ウィルコ、ジェー・ピー、沖縄タイムス社)と10社。

渡名喜島には、まだいったことのないが、この映画を見て、次は、この島に行きたい。

|

« タイは各地の地ムービー「闇の子供たち」、日本ユニセフ協会・コードプロジェクト推進協議会が推薦。 | トップページ | カリフォルニア州の地ムービー「サイドウェイ」、ロケ地はカリフォルニア州のサンタイネズ・サンタマリア。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡名喜島の地ムービー「群青 愛が沈んだ海の色」、ロケ地は重要伝統的建造物郡保存地区に選定されている渡名喜島。:

« タイは各地の地ムービー「闇の子供たち」、日本ユニセフ協会・コードプロジェクト推進協議会が推薦。 | トップページ | カリフォルニア州の地ムービー「サイドウェイ」、ロケ地はカリフォルニア州のサンタイネズ・サンタマリア。 »