« カリフォルニア州の地ムービー「サイドウェイ」、ロケ地はカリフォルニア州のサンタイネズ・サンタマリア。 | トップページ | 台東区などの地ムービー「しゃべれども しゃべれども」ロケ地は末広亭・浅草演芸ホール・江東区深川図書館・室町砂場ほか。 »

2009年12月16日 (水)

山形県庄内地方の地ムービー「スノープリンス」、ロケ地は庄内映画村。

映画「スノープリンス」(松岡錠司監督)

出演は、森本慎太郎、桑島真里乃、香川照之、檀れい、マイコ、山本學、浅野忠信、中村嘉葎雄、岸恵子他。

企画は中沢敏明、飯島三智。

プロデューサーは、椎井友紀子、大野貴裕。

脚本は小山薫堂。

映画のモチーフは、フランダースの犬。

真っ白な雪のような作品。

何度か「どんなことがあっても、人を憎んだり、恨んだりしたらいけない」といった意味のセリフがあり、

濁っていない澄んだ心が、現代日本と昭和初期の日本を時空を超えて行き来する。

ファンタジーだが、どこか現実のようでもあり、ちょうどサーカスのような夢と現実の合間の感覚。

無垢なひたむきさが、少年の純粋でやさしい絵と、少女の透明感あるピアノの音色(ドビュッシー「月の光」)になって表れている。

映画の舞台は昭和初期(昭和10年前後)の寒村で、そのロケ地となったのは山形県の庄内地方。

庄内映画村にオープンセットが作られた。

庄内映画村オープンセットは、月山山麓にあり、面積は約88ヘクタール(約26万4千坪)もある。(ちなみに、この映画を制作した(株)セディックインターナショナルが土地とセットを所有し、庄内映画村(株)が管理・運営をしている。)

月山の麓は、独特のピュアな空気感があり、抜け(スコーンと抜けた風景)もある。

吹雪のシーンは、人工でなくホンモノも。

2009年12月19日(土)から「スノープリンス」ロケ地を巡るバスが運行されるよう。(2010年2月21日(日)までの土日祝。1/1〜1/3は休み)
詳しくはこちら

|

« カリフォルニア州の地ムービー「サイドウェイ」、ロケ地はカリフォルニア州のサンタイネズ・サンタマリア。 | トップページ | 台東区などの地ムービー「しゃべれども しゃべれども」ロケ地は末広亭・浅草演芸ホール・江東区深川図書館・室町砂場ほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形県庄内地方の地ムービー「スノープリンス」、ロケ地は庄内映画村。:

« カリフォルニア州の地ムービー「サイドウェイ」、ロケ地はカリフォルニア州のサンタイネズ・サンタマリア。 | トップページ | 台東区などの地ムービー「しゃべれども しゃべれども」ロケ地は末広亭・浅草演芸ホール・江東区深川図書館・室町砂場ほか。 »