« 幕張などの地ムービー「ラヂオの時間」、ロケ地はシャープ幕張ビルほか。 | トップページ | アゼルバイジャン共和国のオイルロックスの地ムービー「石油プラットフォーム」、ロケ地はカスピ海に浮かぶアゼルバイジャン共和国のオイルロックス。 »

2009年11月 9日 (月)

ポーランドのベスキドの地ムービー「ダークハウス/暗い家」

映画「ダークハウス/暗い家(The Dark House)」(ヴォイテク・スマルゾフスキ監督)

出演は、アルカデュシ・ヤクビク、マリアン・ジエドジエル、バルトウォミエイ・トバほか。

社会主義体制下にあった時代のポーランドを描いた作品。(ポーランドの映画)

当時のポーランドの様子が実感として伝わっている。

監督はインタビューで、社会主義時代のポーランドのことを話している。

「1978年のポーランドは、お酒は午後1時からしか買えなかったり、車を買うにも特別な許可が必要だった。1982年は戒厳令が敷かれ、買うものすべてが配給制で、配給する物がない状況だった。」という。

サスペンスというかホラーのような、グロテスクな映像が一部あるのだが、それも、社会への風刺というかブラックユーモアなのだろう。

個人が希望を持っても、その暮らしている国家と時代によっては、あっさりと飲み込まれてしまうから怖い。

ロケ撮影は、秋(1978年の夜のシーン)と冬(1982年の昼のシーン)にわけて行ってる。

ロケ地はポーランドのベスキド(Beskid Niski

こちらのブログに、ベスキドのことが紹介されている。

|

« 幕張などの地ムービー「ラヂオの時間」、ロケ地はシャープ幕張ビルほか。 | トップページ | アゼルバイジャン共和国のオイルロックスの地ムービー「石油プラットフォーム」、ロケ地はカスピ海に浮かぶアゼルバイジャン共和国のオイルロックス。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーランドのベスキドの地ムービー「ダークハウス/暗い家」:

« 幕張などの地ムービー「ラヂオの時間」、ロケ地はシャープ幕張ビルほか。 | トップページ | アゼルバイジャン共和国のオイルロックスの地ムービー「石油プラットフォーム」、ロケ地はカスピ海に浮かぶアゼルバイジャン共和国のオイルロックス。 »