« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

東京都中央区・千代田区などの地ムービー「空気人形」、ロケ地は東京都中央区湊公園、千代田区神田猿楽町々會詰所ほか。

映画「空気人形
(監督・脚本・編集・プロデューサーは是枝裕和)

出演は、ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里、丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子ほか。

(ペ・ドゥナの演技がすばらしい。)

原作は業田良家の短編集「ゴーダ哲学堂 空気人形」。

企画は、安田匡裕、プロデューサーは浦谷年良。

撮影監督はリー・ピンビン、美術監督は種田陽平。

人形と人間と心。燃えるゴミと燃えないゴミ。肉体と空気。

美しく綺麗な何か、哀しいもの、空虚。

自分がいなくても代わりがいること、いないこと。

この映画には、「綺麗(きれい、キレイ)」というセリフが何度かあるが、ラストのセリフ、「綺麗(きれい、キレイ)」は何を意味しているのだろう。

いろいろと考えさせられる作品。

人形と人間の境目がわからなくなるような演出で、解説を読むと、CGはほとんど使っていないらしく、特殊効果が用いられているようだ。

空気人形はダッチワイフでR-15指定。(それゆえが、日本を代表する監督の作品だが、私小説、自主映画のような肌触り。)

ロケ地は、高層マンションと空襲を受けずに残った古い家屋が混在した地域。再開発のためなのか空き地だらけの地区。

東京都中央区湊地区。

佃島の高層マンション群(大川端リバーシティ21)、鉄砲洲児童公園、湊二丁目の住宅地。湊公園ほ
か。

交番のシーンは、千代田区神田猿楽町々會詰所。

ロケ地を写真付きで、こちらこちらのブログなどで紹介されてる。

映画のセリフに・・・

生命は 自分自身だけでは完結できないようにつくられているらしい
花も めしべとおしべが揃っているだけでは 不充分で
虫や風が訪れて めしべとおしべを仲立ちする
生命は その中に欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ。

・・・・吉野弘「生命は」から

清濁併せ吞む、生命賛歌。

ユリイカ2009年10月臨時増刊号 総特集=ペ・ドゥナ 『空気人形』を生きてBookユリイカ2009年10月臨時増刊号 総特集=ペ・ドゥナ 『空気人形』を生きて

著者:是枝 裕和,山下 敦弘,ペ・ドゥナ,宇野 常寛,佐々木 敦
販売元:青土社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (1)

カナダのブリティッシュコロンビア州の地ムービー「2012」

2012 オリジナル・サウンドトラックMusic2012 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,アダム・ランバート
販売元:SMJ
発売日:2009/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「2012」(監督・脚本・製作総指揮はローランド・エメリッヒ)

出演はジョン・キューザック、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、ウディ・ハレルソンほか。

製作・脚本・音楽は、ハラルド・クローサー。
製作総指揮はウテ・エメリッヒ、マイケル・ウィマー。
製作はマーク・ゴードン、ラリー・フランコ。

2012年、マヤ暦の終末説がもとになったフィクションで、最新VFXの映像が楽しめる作品。

グローバル化の格差社会。

ごく一部の大富豪と大国の権力者にしか大災害の情報は流されず、生き残る権利が大金で売買されている。

だが、アメリカ大統領は自ら民衆と運命を共にしていていた。

映画の初めの頃にG8の抗議デモの短いシーンが印象的。

この映画では、インドや中国などの新興国がストーリー展開で大事な役割を担っていて、チベット、バチカン、ヒマラヤ、日本、アフリカなど、世界各国が舞台となっている。

アメリカ映画だが、メインロケ地はカナダのブリティッシュコロンビア州。

ブリティッシュコロンビア州(British Columbia)は、Ashcroft、Burnaby、Cache Creek、Kamloops、Vancouverほか。

アメリカはロサンゼルス(Los Angeles)

スタジオもカナダのブリティッシュコロンビア州のバンクーバーフィルムスタジオ(Vancouver Film Studios

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月28日 (土)

福井県・神奈川県・栃木県・奥州市などの地ムービー「禅 ZEN」、ロケ地は永平寺、総持寺、神奈川県 最乗寺ほか。

映画「禅 ZEN」(監督・脚本は高橋伴明)

出演は、中村勘太郎、内田有紀、藤原竜也、テイ龍進、高良健吾、村上 淳、西村雅彦、菅田俊、哀川翔、笹野高史、高橋惠子、曹洞宗青年会僧侶有志、群馬県真言宗僧侶有志。

原作は大谷哲夫「天平の風 道元の生涯」

鎌倉時代、母と死別した道元は24歳で入宋。天童山景徳寺如浄禅師のもとで悟りを開く。

それから、越前志比庄に大仏寺(現永平寺)を建立し、坐禅をしながら入滅するまでが描かれている。

道元を生涯を誰にもわかりやすく描いた作品。

北条時頼、寂円、懐奘など、道元とつながりのある歴史上の人物も登場。

特別協力は、曹洞宗総合研究センター、駒澤大学竹友寮。

ロケ地は、日本国内各所と中国の蘇州。
ロケハンは、下見ロケハンに2ヶ月、本ロケハンに2ヶ月で合計4ヶ月。


撮影協力は、大本山 永平寺、大本山 総持寺(中国でのシーン)、神奈川県 最乗寺(道元が座禅をしながら入滅するシーン)、栃木県 大雄寺、栃木県 大中寺、
奥州市産業経済部商工観光課ロケ対策室、えさし藤原の郷、いわきフィルムコミッション協議会、
いわき市暮らしの伝承館、栃木県フィルムコミッション、大門碑林公園、常総市フィルムコミッション、水海道風土博物館 坂野家住宅、ワープステーション江戸、高田山 専修寺、千葉県フィルムコミッション、南房総市商工観光部観光プロモーション課、鋸南町役場、きょなんまちピッカピッカッ計画実行委員会、大山千枚田保存会、フィルムコミッションあしがら、山梨県南アルプス市、富士開拓農業協同組合、昇仙峡ロープウェイほか。

・・・・・・・・・・・・・

禅 ZEN [DVD]DVD禅 ZEN [DVD]


販売元:アミューズソフトエンタテインメント

発売日:2009/06/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

ロサンゼルスの地ムービー「チェンジリング」、ロケ地はカリフォルニア州(パサデナの学校、サンタフェの鉄道駅ほか)

チェンジリング [DVD]DVDチェンジリング [DVD]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2009/07/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する


映画「チェンジリング(Changeling)」(監督・製作・音楽はクリント・イーストウッド)

出演は、アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、エイミー・ライアンほか。

1928年にロサンゼルスで起こった実話。

脚本は、J・マイケル・ストラジンスキー。
撮影監督:トム・スターン。

事実は小説より奇なり。

ゴードン・ノースコット事件が描かれている。

クリント・イーストウッド監督の作品で、この映画、もし見逃したていたらもったいない。

時代を超えた作品で、陰に陽に、人間社会のもつ宿命的な何かがある。

映画では、当時のロサンゼルス市や電話会社で働く様子などが再現されている。
(ローラースケートを履いていたんですね。)

ロケ地はカリフォルニア州のロサンゼルス(Los Angeles)、Lancaster、ロングビーチ(Long Beach)、San Bernardino、San Dimas、パサデナ(Pasadena)ほか。

学校は、パサデナ(Pasadena)のDaniel Webster Elementary School。

鉄道の駅はSan BernardinoSanta Fe Railroad Depot

それから、バーモント州(Vermont

スタジオはUniversal Studios。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

2009年11月23日、沼津東急ホテルにて「ロケで活性化するまちづくり」トークセッションのお知らせ

■魅力あるロケ地を目指して ~ロケ誘致を地域活性化の起爆剤に!

日時:2009年11月23日(月・祝)
会場:沼津東急ホテル(静岡県沼津市上土町100-1 Tel. 055-952-2411)
    JR沼津駅から徒歩10分。駐車場有

【 プログラム 1 】

ロケで活性化するまちづくり トークセッション

時間:16:00 ~ 17:45
入場:先着200名(事前申し込み制)、入場無料

内容:「ヨン様ブーム」はじめ、ロケでまちは元気になります。撮影時の直接経済効果から映画公開後の二次活用まで息の長い経済効果はもちろのこと、地域に誇りをもてる文化振興、外から人を呼び込む観光振興にも繋がります。なんてったって、「うちの家でキムタクがロケやってね」と自慢(外部の力による発掘と誇り)できるっしょ。やり方はカンタン!ロケ撮影隊をおもてなしするだけ。商売が忙しくて他のことはできない。東京に仕事に行っているが何か自分も地元のために関わりたい。そんなアナタ!誰もが主役になれるまちおこしがロケ誘致です。
あなたも明日から主役になれるまちおこしに参加したいならば、是非お申込みしてね。

★パネラー:
・樋口真嗣監督
 (作品「ローレライ」、「日本沈没」(沼津市:片浜海岸でロケ)、「隠し砦の三悪人」)
  →(小山町、裾野市、御殿場市でロケ)
・谷國大輔氏(「映画にしくまれたカミの見えざる手」著者)
  →(なんでロケで儲かるの?が聞けます)
・栗原裕康氏
  →(沼津市長であり沼津近隣含めたセールスプロモーターでもあるよな~)
コーディネーター
・高橋恵子氏
 (日活芸術学院講師でありフリーアナウンサーで、映画舞台挨拶などの司会もつとめている)


【 プログラム 2 】「ハリ!プロ」 パーティー
時間:18:00 ~ 20:00
入場:先着200名(事前申し込み制) 会費:3,000円
内容:
(1)あなたの家や事業者をロケ地にしよう!と、施設や人、風景などが詰まった「ロケーションライブラリー」が完成し、お披露目をします
(2)優れたロケーションを表彰する「ロケーションコンテスト」表彰式 
(3)映像制作者向けのお弁当「ロケ弁コンテスト」表彰式
(4)樋口真嗣 監督の次回作インタビュー
(5)谷國大輔 著「映画にしくまれたカミの見えざる手」の紹介
(6)最大の目的は、情報&交流会です。

「ロケ地オーナー」になった方、「ロケ地オーナー」に誘われたけど、どうしたらいいの?と興味を持っている方、「お店を繁盛させたいんだけど、(PRしたい)ロケで使ってもらいたい」「芸能人に会ってみたい」「映画が好き」「地域に貢献したい」そんな方は、是非ご参加ください。
※「うちの店、ロケで使ってよ」という方は、会場で金子に声をかけてくださいませ。「よっしゃ!まかせろ」というロケ地オーナーさんに直接お会いしてお話を聞けると、ロケ誘致もしやすくなります。

以上。

詳しくは、ハリ!プロのページ

読むと、「なんでロケで儲かるの?が聞けます」と書いてある!

うーん、映画ロケによる経済波及効果(特に生産波及効果)を農林水産業、鉱業、飲食料品、金属。機械、その他の製造業、建設、公益事業、商業、運輸、サービスなど、いろんな産業と比較しならが、紹介しようかな・・・。

あと、それから、・・・。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前橋市・高崎市・静岡県・新潟県などの地ムービー「クライマーズハイ」、ロケ地は前橋市の前橋ビル、新潟空港、日本大学国際関係学部、ニュージーランドほか。

クライマーズ・ハイ [DVD]DVDクライマーズ・ハイ [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/10/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「クライマーズハイ」(監督・脚本 は原田眞人)

出演は、堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、小澤征悦、西田尚美前橋市の皆さん、高崎市の皆さん、群馬県上野村の皆さん、上野村青年団、神流町(かんなまち)の皆さん、南牧村の皆さん、高崎市消防団倉渕方面隊、群馬大学演劇部テアトルフューメほか。

原作は横山秀夫。(上毛新聞社のOBで、日航ジャンボ機墜落事故で実際に現場取材)

脚本は加藤正人、成島出、原田眞人。

大事件が題材なこともあるが、叫んだり怒鳴ったりするシーンが多い作品。

ロケ地は前橋市、高崎市、静岡県、新潟県など広範囲で各所。

「北関東新聞社」として使われたのは前橋市の通称「前橋ビル」。

前橋市の「弁天通り」、新潟空港、静岡県函南町の「南箱根ダイヤランド」、伊豆長岡の旅館「南山荘」・源氏山公園、三島市の日本大学国際関係学部など。

谷川岳の衝立岩(ついたていわ)のロッククライミングシーンは、河口湖の三ツ峠でロケ。

撮影協力は、ニュージーランド貿易経済促進庁、ニュージーランド政府観光局、ICI石井スポーツ、前橋ホテル、高崎市水道局ほか。

エキストラ協力は、群馬県、前橋フィルムコミッションにいがたロケーションネットワーク、三ミュージックアカデミー新潟校、いわふね村上フィルムコミッション、フィルム微助人、東京エキストラNOTEほか。

協力は、前橋市、高崎市、高崎フィルムコミッション、水上町、上野村ほか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

山口県の地ムービー「マイマイ新子と千年の魔法」、昭和30年代の山口県防府市を丁寧に映しだす。防府市のロケハンだけで約1年!

マイマイ新子と千年の魔法 オリジナル・サウンドトラック Music マイマイ新子と千年の魔法 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:村井秀清・Minako”mooki”Obata
販売元:CRESCENTE
発売日:2009/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アニメ映画「マイマイ新子と千年の魔法」(監督・脚本は片渕須直)

原作は高樹のぶ子「マイマイ新子」 。(本名の信子さんがアニメ主人公の新子ちゃんとなっている。)

声の出演は、福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみほか。

制作スタジオはマッドハウス。(マッドハウス社長は山口県出身)

昭和30年代の山口県防府の風景を、出来るだけ丁寧に、きわめて忠実にアニメで描いた作品で、原作者の高樹のぶ子さんが育った家の風景を、ぐるり360度忠実に描いている。

ロケハンでは、昭和30年代の防府市の航空写真や地図など、地域の様々な資料を約1年もかけて読み解いている。

アニメ映画のなかでも、特に地域にこだわりが深い作品。(リージョナルシネマ)

約1000年前の防府市の風景をアニメで描くのも、発掘調査の資料をちゃんと基にして作っている。

(ちなみに、防府市は、平安時代は周防の国の都「国衙(こくが)」だった。だから、国衙遺跡があり、防府市にはその地名が残っている。)

それに、例えば、空に浮かぶ白い雲。

雲は土地土地で結構、違うものだが、この作品では、ちゃんと瀬戸内海らしい雲を忠実に描いてもいる。

言葉も山口弁で、山口弁監修は森川信夫。

協力は、山口県フィルム・コミッション、防府市。(山口県フィルムコミッションは、特に文化財関連セクションとの橋渡しをしたそうだ。)

古代から現在、そして未来へ。

この作品には、日本の原風景が丹念に誠実に描かれていて、時間を超えた「懐かしさ」がある。

銀幕をみていると、自分が子供だった頃の思いや考えや感情をはっきりと思い起こすことが出来るし、大人(親)となってから感じる子供らしさも、しっかりと描かれているからすごい。

子どもは、こわいほど本質をみぬいていて、社会のかかえる理不尽と、まっすぐにぶつかって、それを全身で表現している。

そんなまっすぐな子ども「新子」ちゃんを山口県は「山口ふるさと特別大使」に任命。(アニメキャラクターとしては山口県内初。山口宇部空港のポスターにも。)

山口県が無償で宣伝に協力する一方で、製作委員会はキャラクターの無償での使用を許諾し、タイアップを実現。

「新子」ちゃんのように、アニメがふるさと大使だと、生身の人間が「ふるさと大使」になるのとは違って、特段、日程調整などの必要もなく、時空を超えてどこにでも出演することが可能だ。

後援は、山口県、山口県教育委員会。

余談だが、11月11日の東京で行われた試写会には、片渕須直監督、福田麻由子さん、本上まなみさん。

それから、松村邦洋さん(山口県布施町出身でふるさと大使)、そして、サプライズゲストに鳩山幸さん(鳩山由紀夫夫人、ファーストレディー)の姿も。

政党がかわっても、アニメなどのコンテンツ産業が日本にとって重要であることは変わらない。

この作品、自然と暮らしが懐かしい、空気がすがすがしい、人がまっすぐで美しい。

老若男女を問わずにおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月10日 (火)

スペインのバスク地方の地ムービー「激情」

映画「激情(Rabia)」(監督・脚本はセバスチャン・コルデロ)

出演は、グスタボ・サンチェス・パラ、マルチナ・ガルシア、コンチャ・ベラスコほか。

スペインとコロンビアの共同製作。

スペインの移民問題がストーリーにも反映されている。

こちらのブログによると、原作の舞台はブエノスアイレスだが、映画の舞台は、スペインのバスク地方。

ロケ地は、マドリッド以外のスペイン各地で探しバスク地方に決まったようだ。

映画のロケが行われた家。

広いといっても、平面的には広いのでなく、立体的に広い。

上階に人が住んでいれば、物音がしたりするはずで(物音はネズミと勘違いされていた)、

上階に1年以上も潜んでいて、家にあるものをこっそり食べたりしていれば、すぐにわかりそうな気がしてしまう。

それゆえ、もう少し、平面的に広いお屋敷の方がロケにむいている気がしたけれど、考えてみれば、平面的に広すぎると、主人公は恋人の日常観察(のぞき見)ができなくなる。

この映画の物語設定は、このように現実的でなく難しい面があるが、むしろそういう穿った見方ではなくて、サスペンス・ホラー・ファンタジーの作品だと認識しながら観賞するべきだったのだろう。

プロデューサーは、「パンズ・ラビリンス」を手掛けたギレルモ・デル・トロ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アゼルバイジャン共和国のオイルロックスの地ムービー「石油プラットフォーム」、ロケ地はカスピ海に浮かぶアゼルバイジャン共和国のオイルロックス。

映画「石油プラットフォーム(Oil Rocks - City Above The Sea)」(マルク・ヴォルフェンスバーガー監督)

マルク・ヴォルフェンスバーガー監督は、過去10年にわたって旧ソ連と中東におけるニュース速報の取材を行っているジャーナリストでもある。

カスピ海に浮かぶ石油採掘のための人工都市「オイルロックス」のドキュメンタリー映画。

プロデューサーは、イザベラ・ガッティカー。

スイスの映画。

アゼルバイジャン共和国にあるオイルロックスは1949年にスターリンの命令によって建設された世界初で史上最大の石油プラットフォーム。

延べ300kmの橋、数百のプラットフォーム、ビル(最高は9階)が建ち並び、公園も運動場もプールもある。そこに数千人の従業員が暮らしているようだ。(東京国際映画祭のパンフレットによる)

インタビューでタブーを話すとクビになる可能性があるため、真実を話してくれる人を探すのが難しかったという。(過酷な場所で、多くの人が亡くなっている。そういう人たちの犠牲の下に現在のオイルロックスがある。)

まず、簡単には見ることが出来ない生活が映しだされている。

撮影は、1週間×2回。

その撮影交渉には何年もかかり、ようやくおりた撮影許可は当初たった2日間だった。

2日間では、無理だと交渉して、1週間に伸ばしてもらったそうで、でも、いざ撮影を開始したら、2日目には戻るようにとヘリコプターが待機したという。

それを断って、撮影を続けたそうだ。

撮影中は、常に国の役人(内務省の人)が見張っていたという。

それが一回目の撮影。

2回目の撮影は、それほど厳しい監視はなく、おだやかな1週間だったそうだが、1回目に撮影した人は誰もオイルロックスにいなかった。(人の入れ替わりが激しいのだろうか?)

なお、オイルロックスには、今は使用していない約500人収容の映画館があるらしい。

こちらのブログに、グーグルアースのオイルロックスの写真が掲載されている。

蛇足だが、監督はインタビューで、「日本も島国ですよね。だから今回日本で上映されたことは何かの縁だったと思います。」と話している。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年11月 9日 (月)

ポーランドのベスキドの地ムービー「ダークハウス/暗い家」

映画「ダークハウス/暗い家(The Dark House)」(ヴォイテク・スマルゾフスキ監督)

出演は、アルカデュシ・ヤクビク、マリアン・ジエドジエル、バルトウォミエイ・トバほか。

社会主義体制下にあった時代のポーランドを描いた作品。(ポーランドの映画)

当時のポーランドの様子が実感として伝わっている。

監督はインタビューで、社会主義時代のポーランドのことを話している。

「1978年のポーランドは、お酒は午後1時からしか買えなかったり、車を買うにも特別な許可が必要だった。1982年は戒厳令が敷かれ、買うものすべてが配給制で、配給する物がない状況だった。」という。

サスペンスというかホラーのような、グロテスクな映像が一部あるのだが、それも、社会への風刺というかブラックユーモアなのだろう。

個人が希望を持っても、その暮らしている国家と時代によっては、あっさりと飲み込まれてしまうから怖い。

ロケ撮影は、秋(1978年の夜のシーン)と冬(1982年の昼のシーン)にわけて行ってる。

ロケ地はポーランドのベスキド(Beskid Niski

こちらのブログに、ベスキドのことが紹介されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

幕張などの地ムービー「ラヂオの時間」、ロケ地はシャープ幕張ビルほか。

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD] DVD ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

販売元:東宝
発売日:2005/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ラヂオの時間」(監督・脚本は三谷幸喜)

出演は、唐沢寿明、鈴木京香、西村雅彦、井上順、戸田恵子、モロ師岡、藤村俊二、佐藤B作、布施明、細川俊之、奥貫薫、宮本信子、桃井かおり、渡辺謙、市川染五郎ほか。

三谷幸喜さんの初監督作品。

プロデューサーは石原隆、佐倉寛二郎。

ラジオ放送のスタジオが舞台のワンシチュエーション映画。

映画に出てくるキャラクターはそれぞれ自己主張が激しいが、それでいて、決していやな人がいない作品。

ラジオ番組にかかわる、脚本家、女優、男優、音声、プロデューサー、ディレクター、広告代理店、スポンサーなどが繰り広げる群像劇。

効果音のシーンがいい。

こちらのブログで昔の効果音のことにふれている。

撮影協力は、ニッポン放送、フジテレビサービス、フジランド、ラムズ、丸文。

ロケ協力は、シャープ幕張ビル、Cafeteria ポーミエ N.S、メルセデスベンツ日本、エーエムジージャパン、昭和飛行機工業。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

「映画で地域を元気にする方法」、NHKラジオあさいちばんのホームページでストリーミング配信中!

11月1日(日)放送のカルチャー&サイエンス(午前6時40分~)

「映画で地域を元気にする方法」

出演:映画プロデューサー・
映画にしくまれたカミの見えざる手 ニッポンの未来ぢから」著者 
谷國大輔

「NHKラジオあさいちばん」のホームページ(「おすすめあさいち」のページ)から聞くことが出来ます。(ストリーミング配信中!)

映画にしくまれたカミの見えざる手―ニッポンの未来ぢから (講談社プラスアルファ新書) 映画にしくまれたカミの見えざる手―ニッポンの未来ぢから (講談社プラスアルファ新書)

著者:谷國 大輔
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »