« 鹿児島県知覧町などの地ムービー「俺は、君のためにこそ死ににいく」の君とは?、ロケ地は鹿児島県知覧町・滋賀県五個荘、茨城県真壁町・美浦村、沖縄県、フィリピンほか。 | トップページ | 羽田空港の地ムービー「ハッピーフライト」 »

2009年10月11日 (日)

アイルランドのアラン島・ダブリンなどの地ムービー「スカイクロラ」、ロケハンはアイルランドとポーランド。

スカイ・クロラ [DVD] DVD スカイ・クロラ [DVD]

販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2009/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アニメ映画「スカイクロラ(The Sky Crawlers)」(押井守監督)

出演は菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、栗山千明ほか。

原作は、森博嗣。

脚本は、伊藤ちひろ。

製作プロデューサーは奥田誠治、石川光久。

プロデューサーは石井明彦。

制作はプロダクションI.G。

CGI制作はPOLYGON PICTURES。

ずっと平和、ずっと死なない。

物質的に豊かでも心が満たされない荒涼感。

意味深で、色々と考えさせられる作品。

「僕は今、若い人たちに伝えたい事がある。」

「たとえ、永遠に続く生を生きることになっても、昨日と今日は違う。」

「何者かになるということは、世の中に対して確固としたリアクションを起こす人間になるということ。」

「ある種のものは、ないことでしか表現できず、連想させることでしか、感じさせることができない。」

などの押井守語録(メッセージ)が公式サイトに掲載されている。

空中戦のシーンは3DCGで、地上のシーンは手書きの2Dアニメーション。

映画の舞台は、アイルランドとポーランド。

監督が、アイルランドを選んだのは、雲が低くて風が流れる独特の空気感と風景が大きいそうだ。

ロケハンのメンバーは、監督・演出・作画監督・美術監督・カメラマン・プロデューサー。

スケジュールは、アイルランドに5日、ポーランドに5日。約2週間。

アイルランドのロケハンは、アラン諸島のイニシュモア島、ダブリン、ゴールウェイ、グレンダーロッホ、キルケニー、キャッシェル、リムリック(遺跡・城跡)、バレン高原、モハーの断崖など。

ポーランドは、クラコフ(ボーリング場など)、ワルシャワの軍事博物館、ヴロツワフ空軍施設(旧ソ連の戦闘機・パイロットスーツなどの軍事資料がある)など。

押井守監督のロケハンのポイントは3つ。

1)舞台のモデルとなる場所を、具体的に見つけること。

(実際に映画の舞台となりうる場所を写真や映像に収めて持ち帰ること。)

2)旅をしながら、監督自らの「妄想」を膨らませること。

(カメラマンが撮影し、監督はカメラを持たずに妄想に耽る。)

3)メインスタッフ各々の特性を深く理解すること。

(公式サイトより)

だという。

|

« 鹿児島県知覧町などの地ムービー「俺は、君のためにこそ死ににいく」の君とは?、ロケ地は鹿児島県知覧町・滋賀県五個荘、茨城県真壁町・美浦村、沖縄県、フィリピンほか。 | トップページ | 羽田空港の地ムービー「ハッピーフライト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイルランドのアラン島・ダブリンなどの地ムービー「スカイクロラ」、ロケハンはアイルランドとポーランド。:

« 鹿児島県知覧町などの地ムービー「俺は、君のためにこそ死ににいく」の君とは?、ロケ地は鹿児島県知覧町・滋賀県五個荘、茨城県真壁町・美浦村、沖縄県、フィリピンほか。 | トップページ | 羽田空港の地ムービー「ハッピーフライト」 »