« アイルランドのアラン島・ダブリンなどの地ムービー「スカイクロラ」、ロケハンはアイルランドとポーランド。 | トップページ | 横浜市・茨城県筑西市・北九州市の地ムービー「ザ・マジックアワー」、ロケ地は横浜大倉山記念館、下館オスカー、門司港ホテルほか。 »

2009年10月11日 (日)

羽田空港の地ムービー「ハッピーフライト」

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD] DVD ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]

販売元:東宝
発売日:2009/05/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ハッピーフライト」(監督・脚本は矢口史靖)

出演: 田辺誠一, 時任三郎, 綾瀬はるか, 吹石一恵, 田畑智子、寺島しのぶ、肘井美佳、神崎詩織、笹野高史、竹中直人、ベンガル、小日向文世、岸部一徳、延べ1500人(機内撮影)+600人のエキストラの皆さんほか。

(機内撮影には延べ1500人(1日150人)のエキストラ。約80人の撮影スタッフに俳優たち。)

延べ1500人のエキストラは、主にANAが自社のウエブサイトで募集。

応募が殺到して2日で締め切られている。

(通常、エキストラ募集は1週間以上かけて受付する場合が多い)

(羽田経済新聞より)

製作は亀山千広、エグゼクティブプロデューサーは桝井省志。

プロデューサーは、関口大輔、佐々木芳野、堀川慎太郎。

主題歌は、フランクシナトラの「COME FLY WITH ME」

航空業界の裏舞台を綿密な取材に基づいて描いた作品で、明るく楽しく爽快なエンターテインメント。

飛行機を飛ばすのに携わるたくさんの人たちの群像劇。

撮影協力は、

ANA(広報室、企画室、オペレーション統轄本部、客室本部、整備本部、営業推進本部、東京空港支店、関西空港支店、福岡空港支店等)

(羽田空港のANA格納庫内でクランクイン。ANAはボーイング747ー400を15日間貸し出すなど全面協力)

国土交通省航空局、航空保安大学校、関西国際空港、航空保安協会、日本空港ビルディング、羽田エクセルホテル東急、京浜急行バス、AJINOMOTO STADIUM、南国酒家、Samsoniteほか。

協力は、

東宝スタジオ、日活撮影所、TMI総合法律事務所、特撮研究所、ポリゴン・ピクチュアズ、全日空商事、東京エキストラNOTE、大阪ロケーションサービスほか。

特別協力はANA。2010年は航空100年。

「ハッピーフライト×ANA 旅割りキャンペーン」などが実施され、

JATA世界旅行博2009(旅行博2009)で、撮影で実際に使用された実物大のボーイング747型機のコックピットが展示されるなどしている。

|

« アイルランドのアラン島・ダブリンなどの地ムービー「スカイクロラ」、ロケハンはアイルランドとポーランド。 | トップページ | 横浜市・茨城県筑西市・北九州市の地ムービー「ザ・マジックアワー」、ロケ地は横浜大倉山記念館、下館オスカー、門司港ホテルほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港の地ムービー「ハッピーフライト」:

« アイルランドのアラン島・ダブリンなどの地ムービー「スカイクロラ」、ロケハンはアイルランドとポーランド。 | トップページ | 横浜市・茨城県筑西市・北九州市の地ムービー「ザ・マジックアワー」、ロケ地は横浜大倉山記念館、下館オスカー、門司港ホテルほか。 »