« 小山町・沼津市・阿蘇市などの地ムービー「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」 | トップページ | 鹿児島県知覧町などの地ムービー「俺は、君のためにこそ死ににいく」の君とは?、ロケ地は鹿児島県知覧町・滋賀県五個荘、茨城県真壁町・美浦村、沖縄県、フィリピンほか。 »

2009年9月27日 (日)

上海の地ムービー「夜の上海(THE LONGEST NIGHT IN SHANGHAI)」

夜の上海 [DVD] DVD 夜の上海 [DVD]

販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2008/05/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「夜の上海THE LONGEST NIGHT IN SHANGHAI」(チャン・イーバイ(張一白)監督)

出演は、本木雅弘、ヴィッキー・チャオ(中国)、西田尚美、塚本高史、ディラン・クォ(台湾)、和田聰宏、サム・リー(香港)、大塚シノブ、竹中直人、、フォン・リー(中国)ほか。

脚本は、高燕、山村裕二、チャン・イーバイ、高真由子。

企画・プロデュースは牛山拓二。

プロデューサーはシュー・ウェン、武部由実子。

日中合作の映画で、映画の予告編をみて、しっとりとしたアート作品かと思っていたら、実際はコメディー色が強いラブコメ。

20年ぐらい前(天安門事件の前)に上海にいったことがあるが、その頃の上海は電気の明かりが少なかった。

その頃とは、まったく違う、上海の今が映しだされている作品。

主人公たちは、恋というより、言葉が通じなくても心を分かり合えた男女という感じ。

「言葉を超えた異文化コミュニケーション」がこの映画の企画意図だと思われる。

ただ、せっかく一流のキャストをそろえたのに、おそらく、いろんな事情が重なったのだろうか、脚本が惜しい。

ホン(脚本)がクランクインの時に、(聞くところによると)未完だったらしく、日本側と中国側の意見がごちゃまぜになったため(?)なのか、日中がそれぞれがキャラクターを投げ込んで時間切れになった群像劇のような印象があり、主人公2人以外のキャラクターがちゃんとたっていない。

トレンディードラマ風のシチュエーションとストーリー展開なのだが、日本映画ではまず聞いたことがないようなダサイセリフに、日本からすると非現実的な演出が目立ち、お洒落になりきれない。

(各国のキャストが一流ばかり。彼らのスケジュールにあわせて映画が制作され、企画・脚本をじっくりと練る時間が足りなかったのではないかと、勝手ながら、舞台裏をかばいたくなる。)

このように、外国との合作映画の難しさが、伝わってくる作品なのだが、ロケ地上海のアジアらしい魅力的なな雰囲気が随所に感じられ、上海のロケ地にいってみたくなる作品でもある。

映画の公式ブログによると、過去に「PTSトラベルナビ所沢店」で「夜の上海ロケ地を行く4日間の旅」が発売されたよう。

ロケ地は、東京と上海。(ほとんどが上海ロケ。)

グランドハイアット上海、浦江大道、浦江飯店(主人公が宿泊(朝帰り)したホテル)

こちらのブログにロケ地マップの写真。

こちらに写真付きでロケ地への旅行記が掲載されている。

中国(上海)旅行に行く人は、出発前にこの作品を観賞すれば、上海が違った意味で楽しめるだろう。

|

« 小山町・沼津市・阿蘇市などの地ムービー「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」 | トップページ | 鹿児島県知覧町などの地ムービー「俺は、君のためにこそ死ににいく」の君とは?、ロケ地は鹿児島県知覧町・滋賀県五個荘、茨城県真壁町・美浦村、沖縄県、フィリピンほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海の地ムービー「夜の上海(THE LONGEST NIGHT IN SHANGHAI)」:

« 小山町・沼津市・阿蘇市などの地ムービー「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」 | トップページ | 鹿児島県知覧町などの地ムービー「俺は、君のためにこそ死ににいく」の君とは?、ロケ地は鹿児島県知覧町・滋賀県五個荘、茨城県真壁町・美浦村、沖縄県、フィリピンほか。 »