« 東京の品川・新宿・西葛西・千葉の富津などの地ムービー「トウキョウソナタ」、ロケ地はイオンモール富津・日産プリンス文京店・井の頭線沿いの家、西葛西の家・MORITOWNほか。 | トップページ | 茨城県常陸太田市の地ムービー「ディア・ドクター」、ロケ地は大子町の棚田、水戸駅・上菅谷駅など。 »

2009年7月13日 (月)

アラスカ州・オレゴン州・カリフォルニア州ほかの地ムービー「イントゥ・ザ・ワイルド」

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD] DVD イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2009/02/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「イントゥ・ザ・ワイルド」(監督・脚本はショーン・ペン)

出演は、エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、ブライアン・ダーカーほか。

(エミール・ハーシュは、この映画の撮影で約18kgも減量したという。)

アメリカン・ニューシネマ風の作品。

1990年代の前半、アメリカのクリストファーという金銭的には恵まれているが、やや複雑な家庭に育った若者が、2年間放浪した末にアラスカの荒野で死体となってみつかった実話を映画化。

原作は、ジョン・クラカワー「荒野へ(Into The Wild)」

アラスカの自然、映像が美しい。

プロデューサーは、ショーン・ペン、アート・リンソン、ウィリアム・ポーラッド。

撮影監督はエリック・ゴーティエ。音楽はエディ・ヴェダー。

純粋で、真面目で、感受性が豊かな青年。

繊細で、根っこのところでやさしいところもある。

(子供のいる獲物(動物)を銃で撃てなかったりする。)

そんな若者。

社会のありように無性に腹が立っている。

でも、映画の主人公は、まだ学生だから、そもそも自分で自分を養えていない。

つまり、お金を稼ぐということが、どういうことなのか、まだ理解できない年頃である。

そのせいかどうかはわからないが、やすやすと、お金を燃やして、一人、旅に出る。

でも、文明と決別しようとしているわけではない。

銃をつかって殺生をしているし、植物図鑑で周囲に生えている植物の毒性を調べている。

また、文明の利器であるバス(放置されてぼろぼろだが)でくらしている。

主体的に見ると、自分で誰にも頼らずに頑張っているのだが、客観的に見れば、実態は違っている。

あくまでも形而上、独立しているといっていい。

しかし、ブッダも裕福な家に生まれ、物質的な豊かさと決別して、修行の旅に出たから、(ただし、銃を使った殺生はしていないはずだが)、この映画の主人公も、ひょっとすると、ホンモノの宗教家になる素質をもっている。映画にもなるぐらいだから、類い希な存在だったのかもしれない。

このように、ややもすると過激な行動(映画の演出かもしれない)のためか、この映画を見た人の反応を見ると、賛否両論が極端に表れているようだ。

(レビューには、賛辞のほうが多い。)

映画は、そもそも作品に対する目の付け所が、観客によって違っていて当たり前だが、この作品はその違いが大きいようだ。

ロケ地は、アメリカ。

アラスカ州・オレゴン州・カリフォルニア州など。

アラスカ州は、アンカレッジ(Anchorage)、Cantwell、Copper River、Denali National Park、

Fairbanks、Healy。

カリフィルニア州はAnza-Borrego Desert State Park、El Centro、Los Angeles、Needles、Niland、Palm Springs、Lake Tahoe、Salton City、Salton Sea、Santa Catalina Island、Slab City。

オレゴン州のポートランド(Portland)、アリゾナ(Asoria)、Beaverton、George Fox University、Mount Hood、ポートランドにあるReed College、Sisters。

ジョージア州のアトランタ(Atlanta)、アトランタのEmory University。

南ダコタ州のBlack Hills Wild Horse Sanctuary、Hot Springs、Winner、

ネバダ州のBoulder City、Las Vegas、Laughlin、Reno。

アリゾナ州のGrand Canyon National Park、Bullhead City、Page、Parker、Peach Springs、Lake Mead、Lee's Ferry、Topock、Yuma。

ワシントン州のCape Disappointment、Longview Fibre Company、Orick Beach、Seattle

メキシコのソノラはEl Golfo de Santa Clara、Los Algodones。

スタジオはカリフィルニア州のCheyenne Studios

|

« 東京の品川・新宿・西葛西・千葉の富津などの地ムービー「トウキョウソナタ」、ロケ地はイオンモール富津・日産プリンス文京店・井の頭線沿いの家、西葛西の家・MORITOWNほか。 | トップページ | 茨城県常陸太田市の地ムービー「ディア・ドクター」、ロケ地は大子町の棚田、水戸駅・上菅谷駅など。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラスカ州・オレゴン州・カリフォルニア州ほかの地ムービー「イントゥ・ザ・ワイルド」:

« 東京の品川・新宿・西葛西・千葉の富津などの地ムービー「トウキョウソナタ」、ロケ地はイオンモール富津・日産プリンス文京店・井の頭線沿いの家、西葛西の家・MORITOWNほか。 | トップページ | 茨城県常陸太田市の地ムービー「ディア・ドクター」、ロケ地は大子町の棚田、水戸駅・上菅谷駅など。 »