« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

北海道・長野・松本・仙台・富山・宮崎・沖縄などの地ムービー「ミラーを拭く男」

DVD ミラーを拭く男 [DVD]

販売元:ブロードウェイ
発売日:2009/03/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ミラーを拭く男」(脚本・監督は梶田征則)

出演は、緒形拳、栗原小巻、国仲涼子、津川雅彦、辺土名一茶、岸部一徳、大滝秀治、長門浩之、松本市の皆さん、伊達市ゲートボールチームの皆さん、函館市サイクリングチームの皆さん、室蘭市の皆さん、蛇田郡の皆さん、馬場小学校の皆さん、仙台市の皆さん、雄勝町の皆さん、七ヶ浜の皆さん、川崎町の皆さん、諏訪市役所の皆さん、木曜会ほか。

故・緒形拳さんが主演。ほとんどセリフがないが、立ち姿、背中、ミラーを拭く姿。ただ、それだけで、充分に何かを訴えかけてくる名演技。

2004年に公開された作品。

サンダンス・NHK国際映像作家賞受賞作。

製作は、日本スカイウエイ・パル企画・イエス・ビジョンズ・ビジョンファクトリー・NHKエンタープライズ21。

プロデューサーは、竹村幸男、上田信、吉田晴彦、木谷奈津子、大橋孝史。

音楽は千住明。

テーマ曲は、「空と風のワルツ」(歌:美輪明宏)

主人公は、ほとんど話をしない、もうすぐ還暦で定年を迎える無口な男。

「自転車に脚立をのせて全国のカーブミラーを拭き続ける旅」に出る。

突飛良しのない旅のようだが、充分に現実的で、ありそうな話。

脚本がいい。日本各地の風景がいい。

気まぐれ、動機が複雑、つかみ所がない。

それは人間らしさでもある。

燻銀のような映画。

北海道・長野・松本・仙台・富山・宮崎・沖縄など各地でロケ。

ロケ協力は、道路反射鏡協会ほか。

ロケ地協力は、

北海道ロケーションサービス、函館市役所商工観光部、道南自動車フェリー(株)、函館朝市協同組合連合会、函館市交通局、北海道洞爺村役場商工観光課、真狩村役場振興課、北海道鵡川町(むかわちょう)商工水産観光課、胆振東部消防組合消防署鵡川(むかわ)支所、室蘭市経済部観光振興部、

宮城県フィルムコミッション、仙台観光コンベンション協会、仙台市太白区役所、伊達市教育委員会、宮城県川崎町産業振興課、宮城県産業経済部観光課、雄勝町役場、雄勝町国民健康保険病院、七ヶ浜町、源吾茶屋、日高ケンタッキーファーム、居酒屋どん、ラーメン ブブ、

長野県商工観光課、長野県公園公社、松本温泉 信州会館、松本スバル自動車、信州大学病院、乗鞍温泉 みはらし、元庄屋、

高岡フィルムコミッション

名古屋観光コンベンションビューロー、

宮崎県串間市商工観光課観光リゾート係、宮崎文化本舗、

沖縄県舞台芸術振興組合、沖縄観光コンベンションビューロー、那覇情報システム専門学校ほか。

ロケ地では、60歳以上の多くのシニアがボランティア参加している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

東京・横浜などの地ムービー「ラーメンガール(The Ramen Girl) 」、こだわりのロケ地は渋谷の神泉・新横浜ラーメン博物館など。

ラーメンガール [DVD] DVD ラーメンガール [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ラーメンガール(The Ramen Girl) 」(ロバート・アラン・アッカーマン監督)

出演は、ブリタニー・マーフィー、西田 敏行、余貴美子、山崎努ほか。

日本人から見ると、なんとなく中国とか韓国とか、いろんなアジアが混ざり合った感じの日本だが、映画は日本ロケにこだわっている。

ハリウッドのインディペンデント系作品。

(スタッフは日本人が多数参加。日米合作。)

脚本はベッカ・トポル。

製作はスチュワート・ホール(メディア8エンターテイメント代表)と奈良橋陽子ほか。

ロケ地は、東京・横浜。渋谷の神泉・新横浜ラーメン博物館など。

それと、アメリカはフロリダ州のJacksonville。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロサンゼルスの地ムービー「アイアムサム(I am Sam)」、ロケ地はロサンゼルスの各所でVeniceなど。

I am Sam : アイ・アム・サム [DVD] DVD I am Sam : アイ・アム・サム [DVD]

販売元:松竹
発売日:2002/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「アイアムサム(I am Sam)」(ジェシー・ネルソン監督)

出演は、ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、ダコタ・ファニング、ダイアン・ウィースト、リチャード・シフほか。
(ショーン・ペン、ダコタ・ファニング、ミシェル・ファイファーのキャスティング・演技がすばらしい。)

ビートルズファンにおすすめ。(風船をもって歩道橋を渡るシーンが印象的。)

スターバックスに立ち寄りたくなる映画でもある。

(すぐにスタバとタイアップだと気がつくが、ごく自然なので気にならない。プロダクトプレイスメントに見事に成功している。)

そばにおいて、何度も見たくなる映画。

ロケ地はアメリカのロサンゼルス。

Echo Park、Grand Central Market、Los Angeles County Museum of Art、Pershing Squareなど。

里親の家もロサンゼルスのVeniceにある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NIKKEI NET「日経WagaMaga」の記事『ブラピがあの携帯CMに出た理由』

ブラピがあの携帯CMに出た理由

書籍「映画にしくまれたカミの見えざる手」に関連した「NIKKEI NET」の記事。

「なぜ映画館でポップコーン?」など。

「リージョナルシネマ REGIONAL CINEMA!」についても触れている。

Eigapopcorn

写真はハリウッド「チャイニーズシアター」のポップコーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉県鷲宮町の地ムービー「らき☆すた」鷲宮神社に聖地巡礼・アニメ柊つかさのきちんとしている弁当・萌えど鷲宮町に痛車集合。

らき☆すたOVA(オリジナルなビジュアルとアニメーション) [DVD] DVD らき☆すたOVA(オリジナルなビジュアルとアニメーション) [DVD]

販売元:ビデオメーカー
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アニメ「らき☆すたOVA」(武本康弘監督)

声優は、平野綾、加藤英美里、福原香織、遠藤綾ほか。

制作は京都アニメーション。

原作は、美水かがみ。

ほのぼの、ゆるゆる、濃ゆい、痛い、萌えなど、作品はオタクっぽい言葉で飾られている。

埼玉県鷲宮町(わしみや)の鷲宮神社(わしのみや)が聖地となっている。

Rakisutawasinomiyajinjya

鷲宮町は小江戸ではなく、「萌えど」だと鷲宮町商工会のトップが話しをしていた。

遠くからも聖地巡礼に訪れるまち、それが「萌えど」鷲宮町だ。

Rakisutajinjyamae

神社入り口にある大酉茶屋は「らき☆すた」ファンが集まる場所の一つ。

Rakisutaootorjpg_2

交換日記のようなノートが十冊以上ある。

Rakisutajyunreinote_2

商店街も「らき☆すた」の関連商品を売っている。

例えば、お弁当。

アニメにでてくる、そのままのお弁当。(ネーミングがいかにもアニメらしい。)

Rakisutashisobento

柊つかさのとっても質素な弁当

Takisutakitinntobennto

柊つかさのきちんとしている弁当

また、こちらは「つかさのカツ丼」と「かがみの鏡餅そば・うどん」

Rakisutakatudon

そういえば、鷲宮神社には絵馬がたくさんある。

Rakisutaema_2

絵馬にはどれも、プロ級のアニメが書かれている。

そして、そこにメッセージがある。

アニメファン・萌え・オタクは、

「礼儀正しい」、「平和を愛し、ゆるゆるに暮らしたい」人が多いことが、絵馬に書かれた多くのメッセージを読むとよくわかる。

Rakisutaitasyazennkei

痛車が遠くからたくさん集まり、コンテストが開催されている。

「萌えフェス」の一環。

Rakisutaitasyaruru

痛車祭りのルールはこちら。

「もっとも痛いと思うものを選ぶ。」

Rakisutaitasyamatsuri1

Rakisutaitasya2

痛車祭りに参加した痛車たち。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

埼玉県深谷市の地ムービー「SRサイタマノラッパー」ロケ地は焼肉かとう・産業会館・強瀬農園など。

映画「SRサイタマノラッパー」(脚本・監督は入江悠)

出演は駒木根隆介、みひろ、水沢伸吾、奥野瑛太、杉山彦々、崔哲浩、深谷市民のエキストラの皆さんほか。

舞台はよくある等身大の日本の郊外。

現代日本の風土を飾らずに映き出した作品。

映画の舞台は埼玉県の郊外で、

架空のサイタマ県フクヤ市だが、ロケ地は実在の埼玉県深谷市。

現代の20~30代の心境が自然に伝わってくる映画。

日本は、小・中学校は義務教育。

だから、学校は違っても日本全国、その頃は、誰も朝早く起きて学校に通う。

そんな規則正しい毎日だ。

でも、義務教育が終われば、それからはみなバラバラ。自由である。

主人公の場合は、今、ニート。

倉庫でヒップホップ。

サイタマノラッパー。

気になるヒロインは、

高校を中途退学し、東京でAV女優をした後、地元に戻って100円ショップでアルバイト。

まだ少年っぽい主人公、一方、同い年でも、男子に比べると現実的で大人っぽい女子。

幼なじみのヒロインは、一足早く、世間の荒波に揉まれている。

やりばがない、モヤモヤしている。

(たぶん)時々、すごい自己嫌悪に陥っている。

自信がない。

でも、きっと自分には、何か世間をアッといわせるような、すごいことができるはずだと信じている。

(この「何か」という感覚があやしいのだが・・・。)

で、映画の場合、この「何か」は具体的で、「ヒップホップ」のバンドがブレイクすること。

夢を見ることは易しいが、その夢に向かって努力し続けることは難しい。

自分との闘いがラップのリズムにのってリアルに伝わってくる。

「ああ、こういう若者、いるいる。」という感覚になる作品。

映画は、ワンシーンワンカット。

(そうすることで、ラップミュージックのビデオクリップにならないことに成功している。)

撮影協力は深谷フィルムコミッション

深谷市民はエキストラだけでなく、製作にも協力し、スタッフとしても参加。

だから、オール深谷市ロケ。

ロケ地は、旧七ツ梅酒造跡、キンカ堂、焼肉かとう 産業会館、小暮医院、強瀬農園など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

D-MAP2008による埼玉県の地ムービー「ソロコンテスト」、オール埼玉ロケで川口駅東口・戸田公園ほか。

映画「ソロコンテスト」(下條岳監督)

出演:金澤美穂、三吉彩花、小野真弓、川口市立青木中学校・埼玉栄中学校のエキストラの皆さん他。

撮影は金子正人、音楽は谷川賢作。

原案は、第2回「シネマプロットコンペティション」に応募した「ブラバン!」

埼玉県の地域発信映画。38分の短編。

埼玉県の「SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ」と埼玉県に5サイト(入間、浦和、春日部、上里、川越) のシネコンを運営している「ユナイテッドシネマ」による、映画監督育成プログラム「D-MAP2008」(ユネイテッド・シネマの「みんなの映画プロジェクト」の一事業で、支援対象はSKIPシティの「インキュベーションオフィス」に入居するクリエイター。)によって製作された作品。

映画製作を企画開発から劇場公開(ユナイテッドシネマでの上映)まで一貫して支援する仕組み。

「シネマプロットコンペティション」応募作品の舞台は、ユナイテッド・シネマの劇場のある都市ということになっている。

この作品場合、映画の舞台は埼玉県で、オール埼玉ロケ。

映画の主人公は、吹奏楽部に所属する2人の女子中学生。

コンテストなどで代表に選ばれればうれしい反面、自分だけが選ばれて、仲のいい友だちがそれによって落選すれば、その心情はとても複雑になる。

人は成長するにしたがって、社会との接点がだんだんと大きくなっていくもの。

そして、社会との接点が大きくなればなるほど、友だちは仲間でありながらも、競争社会だから、ライバルにもなりうる。

自分の心と正面で向き合う年頃、中学生。

純真なこの年代だからこそ、わき上がってくる素直な感情。

誰でも経験したことのある心模様が描かれている。

等身大の青春が爽やかですがすがしい。

中学や高校時代の友だちは、社会人になってから出会う友だちとは違うもの。

この年代に出会った友だち同士だからこその良さがある。

ロケ地は、川口駅東口ペデストリアンデッキ、戸田公園(戸田漕艇場)、川口市立安行東中学校など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

映画「ノウイング」日食カウントダウンナビゲーター

日食が最大となる時刻までのカウントダウン(東京)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国の釜山・ソウルなどの地ムービー「猟奇的な彼女」、ロケ地は白雲農場の一本松・イルヨン駅・延世大学など。

猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版 [DVD] DVD 猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版 [DVD]

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「猟奇的な彼女」(クァク・ジェヨン監督)

出演は、チョン・ジヒョン、チャ・テヒョンほか。

韓国でネット掲示板に書き込まれたエピソードが書籍になり、それが映画化された作品。

チョン・ジヒョンの魅力がつまったチャーミングなラブコメ。

意表をついたラストもいい。

ロケ地は、韓国。

延世大学、シンドリム(新道林)駅(出会いのシーン)、プピョン駅改札口、「ワールドカップ競技場」駅の駅務室、イルヨン(日迎)駅(別れのシーン)

イェミ駅からバスでハンベクまで行く江原道旌善郡咸白の白雲農場(タイムカプセルを埋めた一本松があるシーン)

このサイトやこちらのサイト、それからこちらにも詳しく載っている。

一本松のある白雲農場やイルヨン駅など、ロケ地観光に行ってみたくなる映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

北京・河北省・上海などの地ムービー「グリーンディスティニー」、ロケ地は中国。ゴビ砂漠・チベットの北方・タクラマカン盆地・ウルムチなど。

グリーン・デスティニー (UMD Video) DVD グリーン・デスティニー (UMD Video)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2005/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「グリーンディスティニー(中国語原題:臥虎藏龍、英語タイトル:Crouching Tiger, Hidden Dragon)」(アン・リー監督)

出演は、チョウ・ユンファ、ミシェル・ヨー、チャン・ツィイー、チャン・チェンほか。

「グリーン・デスティニー(碧名剣)とは剣のこと。

中国の英雄伝説「武侠」が題材の映画。

2000年の作品で、アメリカ・中国・香港・台湾の合作。

第73回アカデミー賞で4部門受賞。

米国で外国語映画として、初めて興行収入が1億ドルを突破した作品として知られている。

(英語でないのに米国内で大ヒットした作品。)

製作はビル・コン、ヒュー・リーコン、アン・リー。

エグゼクティブ・プロデューサーはジェームズ・シェイマス、デビッド・リンド。

アクション監督はユエン・ウーピン。

製作費は約1500万ドル。

ワイヤーワーク・アクションが満載。

ロケ地は中国のゴビ砂漠、チベットの北方、タクラマカン盆地、ウルムチ他。

江蘇省(Jiangsu)のAnji bamboo forest

北京(Beijing)

河北省(Hebei)のCangyanshan、Chengde

安徽省(Anhui Province)のHuangshan region

新疆ウイグル自治区(Xinjiang)のウルムチなど。

なお、スタジオ撮影は北京。音楽録音は上海。

ポストプロダクションにおけるルーピングの作業は(アフレコのこと)は香港。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

香港などの地ムービー「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」、ロケハンは香港など。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 [DVD] DVD GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2004/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」(押井守監督)

声の出演は、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一、沖浦啓之ほか。

製作は講談社、バンダイビジュアル、MANGA ENTERTAINMENT。

制作はProduction I.G。

哲学的で難解な言葉、民族的な音楽、機械的な音声、それらがシンクロして、人間と機械、生命と非生命のどちら側にもいるような感覚になる作品。

無生物にもゴースト(魂)が宿る。

1995年の作品で、この頃は、まだインターネットは普及しておらず、パソコン通信の時代。

アメリカのビデオセールスで第1位を記録している。

日本アニメの金字塔。

ロケハンは、香港など。

ロケハンでふくらませたイマジネーションが、混沌とした東洋的な未来都市を映しだしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

茨城県常陸太田市の地ムービー「ディア・ドクター」、ロケ地は大子町の棚田、水戸駅・上菅谷駅など。

ディア・ドクター オリジナル・サウンドトラック Music ディア・ドクター オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:モアリズム
販売元:スリーディーシステム
発売日:2009/06/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ディア・ドクター」(監督・脚本・原作は西川美和)

出演は、笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、井川遥、香川照之、八千草薫、松重豊、岩松了、笹野高史、中村勘三郎、茨城県常陸太田市のエキストラ(延べ約800人)の皆さんほか。

現代日本の僻地医療を題材にした人間ドラマ。

西川監督は、僻地医療の幾つもの現場に寝泊まりして綿密な取材をしているが、「志の高い人(医師)ほど(僻地医療は)続かない」という言葉を現場のどの医師からも聞いたという。

善と悪の真ん中には、小・中学校の成績表のように、普通があるのかというと、そうではない。

その真ん中には善と悪が混在している。白が善、黒が悪なら、おそらく近くから見ると、白と黒が「ごま塩」のように混ざり合い、遠くから眺めればそれがグレー(灰色)に見えたりするのだろう。

善と悪、本物と偽物。

なりすまし。

計り知れないヒトの内面を、その内側から鋭く描いた人間ドラマ。

科学技術がいくら発達しても、法律が正しいといわれても、そういうものでは、収まりきれない現実がある。

棚田の風景、登場人物の表情が瞼に焼き付いて離れないほど印象的。

転びそうな人に思わず手をさしのべる。

ラストシーンがすばらしい。

劇場公開中なので、詳細は割愛。

本当に素晴らしい作品なので、劇場で鑑賞することを是非オススメしたい。

ロケ地は、茨城県常陸太田市など茨城県の各所。

常陸太田市は、西河内市民ふれあいセンター、上大門二公民館、市役所里美支所、十国峠、集会所、民家。

(映画の神和田村診療所は、「西河内市民ふれあいセンター」を改装。「上大門二公民館」も研修医(相馬)の医師住宅に。)

水戸市の水戸駅、日立市の病院、那珂市の上菅谷駅、大子町の棚田。

西川美和監督が描いていたたロケ地イメージは「緑の棚田に囲まれた山村」だったそうで、

2008年2月から3月にかけて、スタッフ達は、茨城・長野・山梨・群馬・栃木・千葉でロケハンをしたという。

なお、ロケ地の決め手の一つには、「言葉のイントネーション」の感じもあったようだ。(「いばらきフィルムコミッションによる)

2008年7月下旬にクランクイン。一ヶ月半のロケ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

アラスカ州・オレゴン州・カリフォルニア州ほかの地ムービー「イントゥ・ザ・ワイルド」

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD] DVD イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2009/02/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「イントゥ・ザ・ワイルド」(監督・脚本はショーン・ペン)

出演は、エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、ブライアン・ダーカーほか。

(エミール・ハーシュは、この映画の撮影で約18kgも減量したという。)

アメリカン・ニューシネマ風の作品。

1990年代の前半、アメリカのクリストファーという金銭的には恵まれているが、やや複雑な家庭に育った若者が、2年間放浪した末にアラスカの荒野で死体となってみつかった実話を映画化。

原作は、ジョン・クラカワー「荒野へ(Into The Wild)」

アラスカの自然、映像が美しい。

プロデューサーは、ショーン・ペン、アート・リンソン、ウィリアム・ポーラッド。

撮影監督はエリック・ゴーティエ。音楽はエディ・ヴェダー。

純粋で、真面目で、感受性が豊かな青年。

繊細で、根っこのところでやさしいところもある。

(子供のいる獲物(動物)を銃で撃てなかったりする。)

そんな若者。

社会のありように無性に腹が立っている。

でも、映画の主人公は、まだ学生だから、そもそも自分で自分を養えていない。

つまり、お金を稼ぐということが、どういうことなのか、まだ理解できない年頃である。

そのせいかどうかはわからないが、やすやすと、お金を燃やして、一人、旅に出る。

でも、文明と決別しようとしているわけではない。

銃をつかって殺生をしているし、植物図鑑で周囲に生えている植物の毒性を調べている。

また、文明の利器であるバス(放置されてぼろぼろだが)でくらしている。

主体的に見ると、自分で誰にも頼らずに頑張っているのだが、客観的に見れば、実態は違っている。

あくまでも形而上、独立しているといっていい。

しかし、ブッダも裕福な家に生まれ、物質的な豊かさと決別して、修行の旅に出たから、(ただし、銃を使った殺生はしていないはずだが)、この映画の主人公も、ひょっとすると、ホンモノの宗教家になる素質をもっている。映画にもなるぐらいだから、類い希な存在だったのかもしれない。

このように、ややもすると過激な行動(映画の演出かもしれない)のためか、この映画を見た人の反応を見ると、賛否両論が極端に表れているようだ。

(レビューには、賛辞のほうが多い。)

映画は、そもそも作品に対する目の付け所が、観客によって違っていて当たり前だが、この作品はその違いが大きいようだ。

ロケ地は、アメリカ。

アラスカ州・オレゴン州・カリフォルニア州など。

アラスカ州は、アンカレッジ(Anchorage)、Cantwell、Copper River、Denali National Park、

Fairbanks、Healy。

カリフィルニア州はAnza-Borrego Desert State Park、El Centro、Los Angeles、Needles、Niland、Palm Springs、Lake Tahoe、Salton City、Salton Sea、Santa Catalina Island、Slab City。

オレゴン州のポートランド(Portland)、アリゾナ(Asoria)、Beaverton、George Fox University、Mount Hood、ポートランドにあるReed College、Sisters。

ジョージア州のアトランタ(Atlanta)、アトランタのEmory University。

南ダコタ州のBlack Hills Wild Horse Sanctuary、Hot Springs、Winner、

ネバダ州のBoulder City、Las Vegas、Laughlin、Reno。

アリゾナ州のGrand Canyon National Park、Bullhead City、Page、Parker、Peach Springs、Lake Mead、Lee's Ferry、Topock、Yuma。

ワシントン州のCape Disappointment、Longview Fibre Company、Orick Beach、Seattle

メキシコのソノラはEl Golfo de Santa Clara、Los Algodones。

スタジオはカリフィルニア州のCheyenne Studios

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

東京の品川・新宿・西葛西・千葉の富津などの地ムービー「トウキョウソナタ」、ロケ地はイオンモール富津・日産プリンス文京店・井の頭線沿いの家、西葛西の家・MORITOWNほか。

トウキョウソナタ [DVD] DVD トウキョウソナタ [DVD]

販売元:メディアファクトリー
発売日:2009/04/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「トウキョウソナタ」(黒沢清監督)

出演は香川照之、小泉今日子、役所広司、井之脇海、小柳友、井川遥、児島一哉、津田寛治ほか。

(小泉今日子は報知映画賞の主演女優賞、キネマ旬報の主演女優賞、山路ふみ子映画賞の女優賞を受賞)

脚本は黒沢清、田中幸子、マックス・マニックス(オーストラリア出身)。

エグゼクティブプロデューサーは小谷靖、マイケル・J・ワーナー(アメリカ)。

プロデューサーは木藤幸江、バウター・バレンドレクト(オーストラリア)。

製作は、製作投資からプロデュースまで行っているエンターテイメントファーム(ENTERTAINMENT FARM:日本の会社)、映画製作・セールス会社フォルテシモ(FORTISSIMO FILMS:オランダの会社)、博報堂DYメディアパートナーズ、ピックス。

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞。

現代日本を映しだした家族の物語。

誰でも暮らしは、世界の社会・経済の動向、その生きている時代に影響を受けていて、それからのがれることは、できない。

社会との繋がりを象徴するモノの一つにネクタイと背広がある。

トウキョウソナタでリストラされたお父さん達は、そのネクタイと背広にこだわっている。

ネクタイをはずし、背広を脱ぎ捨てて、南の島でぼんやりしたり、高い山に登ってその山頂から街を見下ろせば、ちょっと気分が変わって、自分が立っている足元を客観的に見つめることができる。

いいかえると、一歩引いて、見ることができる。

それができると、案外、些細なことにこだわっている自分に気がついたりするのものだ。

だが、それも、生活に追われていると、気持ちが追い込まれて、現実的にはけっこう難しい。

また、誰でも、少なからず、多少なりとも、ささやかなプライドをもって暮らしている。

(ただ、この家族の父親のプライドは、自分自身に向かうのではなく、威厳という、やっかいなかたちとなって、そのエネルギーが他に向かっている。リストラで自信を無くしてもいる。)

さて、ところで、人はささやかなプライドを保つために、一時だけしか一緒にいない、所詮あかの他人に対しては、嘘でやり過ごすことがある。

限られた時間を過ごせば、やがて無関係になる。

そういうことなら、別に、あれこれと赤の他人に説明することはない。複雑な状況を説明するのは大変だし、いやな思いをせずにいられるし、変な誤解もされないですむ。

だが、この映画の場合、その嘘をつく相手は、一緒に暮らし食卓を共にしている家族である。

それゆえ、トウキョウソナタの家族は、お互いに心のどこかで、「所詮他人」などと思っている部分がある。

そして、現代日本には、無意識のうちに「所詮他人」のように接している家族が普通にある。

この映画は、それを映像で、ドキュメンタリーのように映しだしている。

だから、この映画はホラー映画のように怖い。

そして、人が嘘をつけば、それは見透かされる恐怖と、常に隣り合わせ。

だから、よりいっそう恐い。

ホラー映画が怖いのは、気味悪い映像もさることながら、心理描写によることが大きいことを、ホラーでない、この作品を見れば実感できる。

でも、ラストシーン、トウキョウソナタの家族には希望がある。

いろいろあっても、それでも寄り添っていられるのは、まだ互いに信用しあえる何かが残っているからで、ラストシーンのピアノの調べは、そういった、一つの苦難を乗り越えた、やすらかさがある。

(ラストシーンのピアノの音色に、、黒沢清監督は希望を託しているそうだ。)

エンドロールには、ラストシーンの音が、そのまま流れていて、なんとも心地いい。

ロケ地は東京とその近郊(千葉と神奈川)。

東京の実景が映っている。

(東京タワーなどのあからさまな東京ではなく、いろいろな要素が混在したゴチャゴチャした東京。)

写真付きで、こちらのブログに詳しく掲載されている。

佐々木家の室内はセット。(冒頭シーンは家の中。柱の一部など、いろいろ映っている。天井のあるセット)

佐々木家の外観は、井の頭線沿線の家。

ピアノ教室の家は西葛西にある家。(半オープンスペース。一日で撮影したという。)

食事を配給してくれる公園は、品川の海岸の公園。

就職活動でカラオケを歌えといわれるシーンは、新宿にある高層ビルの部屋。

ロケーション協力は、

東京芸術大学、YAMAHA、MORITOWN、TANITA、PEUGEOT、イオンモール富津、南房総市、富浦町漁業協同組合、日産プリンス東京販売(株)文京店、東京都水道局、東京都北区、湘南藤沢フィルムコミッション台東区フィルムコミッション千葉県フィルムコミッション、東京エキストラNOTES。

ちなみに、車の中のシーンはスタジオ撮影。ラストシーン(ピアノのシーン)は特撮で、合成された映像。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

豊田市・瀬戸市・日進市・長久手町・名古屋市ほかの地ムービー「築城せよ!」戦国武者が駈けぬけるのは瀬戸市銀座通り商店街。

映画「築城せよ!」(監督・脚本は古波津陽)

出演は、片岡愛之助、海老瀬はな、江守徹、阿藤快、藤田朋子、津村鷹志、木津誠之、ふせえり、愛知工業大学の学生たち他。

プロデューサーは益田祐美子。

愛知工業大学の開学50周年記念事業の一環として製作された作品。

建学以来の「ものづくり=人づくり=地域づくり」がテーマ。

制作プロダクションは、(株)平成プロジェクト、(株)ソイソース・エンタテイメント、愛知工業大学。

(学生たちには、地域歴史研究部、ウェブ・ホームページ部、美術部、演出部、制作部、俳優部があった)

戦国武将と現代人が時空を超えて交流する意味深なファンタジー。

職人技の継承、封建主義と民主主義、伝統文化とハイテク、工場誘致、先祖とのつながり、スピリチュアル、ホームレス、段ボール、並びにまちおこしなど、現代的な話題があちらこちらに。

高さ25mの巨大な段ボール城は原寸大。宮大工、愛知工業大学の学生、美術スタッフら総勢20名が69日間をかけて築城。

総段ボール造りの大広間(ふすま絵はカラス)も圧巻。

3億円弱の予算だが、10億円以上かかっても不思議ではない大がかりなセットだという。(パンフレットによる)

映画の資金は、83社の企業や団体からのメセナ支援金と、450余名の一般の皆さんの一口5,000円の資金提供から。

メセナ助成クレジット協賛は、

日本電話施設(株)、(株)トーエネック、中央電気工事(株)、名古屋ダイハツ(株)、三河ダイハツ(株)、NEC 日本電気(株)、清水建設(株)、(株)坂角総本舗、教育産業(株)、川北電気工業(株)、豊田市観光協会、(株)土屋組、(株)青島設計、(株)ムービーマネジメントカンパニー、(株)フォード名古屋、(学)名古屋電気学園愛名会、愛知工業大学同窓会、愛知工業大学後援会、愛知工業大学名電高等学校、愛知工業大学付属中学校、その他個人。

メセナ助成一般協賛は、

(株)五十鈴商会、(株)学生情報センター、富士段ボール、JA全農岐阜、(株)朝日段ボール、日本紙工業(株)他、その他個人他など。

スタッフたちは若手が多く、映画製作が教育の場であり、人材育成の側面もある映画。

ロケ地は、

豊田市加納町周辺・遠投温泉全泉閣(遠投公園のシーン)、豊田市八草町・愛知工業大学構内(町役場・大学のシーン)、豊田市遠投町周辺・遠投神社近く(高架の見える高台のシーン)、豊田市足助町周辺・三州足助屋敷(春日家・母屋のシーン)、瀬戸市杉塚町周辺・カラオケ喫茶Uターン(スナックさなげ小町のシーン)、豊田市東広瀬町周辺・東広瀬小学校横(瓦屋根の町並みのシーン)、瀬戸市朝日町周辺・銀座通り商店街(遠投商店街のシーン)、名古屋市(名古屋城のシーン)、日進市・岩崎町菊水の滝(霊水のシーン)、豊田市小原地区市場城周辺(供養塔のシーン)、長久手町(電器屋のシーン)など。

撮影協力は、

豊田市(猿投温泉、加納町、広幡町、八草町、足助町、遠投町、小原地区市場城跡)、瀬戸市、日進市(岩崎城)、長久手町、名古屋市(名古屋城)。

なお、地域にこだわった映画だが、「遠投玉」は架空の名産品なので要注意。

(ちなみに、映画パンフレットには豊田市遠投地区の特産品として、桃と梨が写真付きで紹介されている。)

いずれにしても、前例がないような、異色の意欲作。

「RED ONE」という最新のデジタルカメラで撮影。(この作品、なぜか?カメラがゆらゆら揺れている。気持ちが悪くなるほど・・・・)

向こう見ずで荒削りだが、大胆不敵な映画。

せっかく造った段ボール城、もっとゆっくり大画面で見ていたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

東京は吉祥寺の地ムービー「グーグーだって猫である」、ロケ地いせや公園店・サトウのメンチカツ・井の頭公園・ハーモニカ横丁・武蔵野八幡宮ほか。

グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き [DVD] DVD グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2009/02/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「グーグーだって猫である」(監督・脚本は犬童一心)

出演は、小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、林直次郎、森三中の3人、角川歴彦、椎名保、楳図かずお、角川書店のみなさん他。

プロデューサーは。久保田修、小川真司
(プロダクションは、アスミック・エースエンタテインメント、IMJエンタテインメント)

音楽は細野晴臣。

原作は、大島弓子「グーグーだって猫である」(第12回手塚治虫文化賞短編賞受賞)

特別協賛は、「ニャンとも清潔トイレ 花王」

動物プロダクションは、フレンドリー・アニマル・プロダクション、市原ぞうの国、佐々木動物プロダクション、ところざわ犬猫支援の会。

製作賛助は、インディペンデント・フィルム・ファンド

(シネマインベストメントの映画ファンド)

ロケ地は、吉祥寺。

吉祥寺の各所で、いせや(公園店)、サトウのメンチカツ、井の頭公園、ハーモニカ横丁、ラブホテル・アランド、井の頭自然文化園、七井橋通り、武蔵野八幡宮、松材木店、吉祥寺西公園など。

等身大の暮らし、なにかと癒される映画で、吉祥寺に、行きたくなってくる作品。

撮影協力は、武蔵野市、井の頭恩賜公園、井の頭自然文化園、吉祥寺活性化協議会、
吉祥寺サンロード商店街振興組合、ハーモニカ横丁、STAR PINE'S CAFE、東京西徳洲会病院、井の頭パークサイドマンション、ダイヤ街商店協同組合、龍ヶ崎済生会病院、(独)理化学研究所、京王プラザホテル多摩、アークガーデンひびきの街、進学塾サピックス、ペットの気持ち、深大寺動物霊園、日野自動車21世紀センター、成田国際空港(株)、常総フィルムコミッション、彩の国本庄拠点フィルムコミッション、サーパスマンション、LAWSON三鷹の森店、角川書店。

なお、上映に先がけ、吉祥寺で、映画とスタンプラリーサイト「イッテミア・ラリー(ittemia Rally)」のコラボレーション企画「吉祥寺めぐりスタンプラリー」が実施されている。

余談だが、(学生時代から、何度も行ったお気に入りの)木造で風情のある「いせや総本店」は2006年に建て替えのためしばらく閉まっていたが、今月(6月)の4日に新装開店したようだ。サイトを見ると、昔の面影が残っていてうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横須賀市などの地ムービー「ガマの油」、ロケ地は横須賀・富士山周辺・筑波山麓など。

監督の油―『ガマの油』オフィシャルブック Book 監督の油―『ガマの油』オフィシャルブック

著者:役所 広司
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ガマの油」(役所広司監督)

出演は、役所広司、二階堂ふみ、瑛太、小林聡美、澤屋敷純一、益岡徹、八千草薫ほか。

時空を超えたファンタジーと独特の世界観。

先祖から脈々と引き継いだ命を授かり、いろいろあっても元気に暮らす、活き活きとした映画。

ロケ地は、横須賀、富士山周辺、筑波山麓など。

横須賀は、ヴェルニー公園、JR横須賀駅、ドブ板通りなど。

横須賀港を見下ろす丘からの風景が印象的。

協力は、横須賀ロケサービスほか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道網走市&南極の地ムービー「南極料理人」、ロケ地は網走市営美岬牧場ほか。

映画「南極料理人」(監督・脚本は沖田修一)

出演は、堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作ほか。

原作は、西村淳「面白南極料理人」

配給は東京テアトル

ペンギンもアザラシも、ウィルスさえも生存していない平均気温マイナス54℃の世界。

同じ南極といっても、映画の舞台「南極ドームふじ基地」は「昭和基地」よりさらに厳しい自然環境のようだ。

そこで暮らす南極観測隊員たちの面白おかしい暮らしを描いた群像劇。

まるで、男子高校の体育会。

早々に帰りたくなる、あの、いや~な感覚を思い出した。

「終わりまであと何日。」と数えたくなる、ものすごく厳しい合宿生活。

(「想い出になると楽しい」と監督・コーチ・先輩たちにいわれて耐えたもの。で、もう20年以上になるがいまだに、まだ楽しくはなっていない・・・かな?)

でも、そんな暮らしなか、がぜん楽しみになってくるもの、それが「おしいいごはん」だ。

こそこそと食べる「夜食ラーメン」。

豪華に「伊勢エビ」、「松阪牛」。

映画を見ていると、「生きることは食べること。」という感じがしてくる。

泣き笑いのある楽しい映画。

ロケ地は、マイナス10℃~20℃ぐらいの北海道は網走。

網走市営美岬牧場網走スポーツトレーニングフィールドなど。

ちなみに、原作者(西村淳)も北海道は網走の出身。

こちらによると、ロケの炊き出しは、「すいとん汁」、地元産の「しじみ汁」、「網走モヨロ鍋」など温かい汁物だったよう。

なお、道東・オホーツク(斜里町・網走・大空町・北見)のロケ地観光の案内はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »