« ロケのない作品、夢を見ているような、とある体育館のあるまちの地ムービー「GOEMON」、体育館でグリーンバックで撮影とVFX | トップページ | 世田谷区大蔵5丁目の地ムービー「キャシャーン」、ロケ撮影は特に無し。 »

2009年4月24日 (金)

東京都多摩市などの地ムービー「ぐるりのこと」、撮影協力はエステート聖ヶ丘3・中目黒とんかつ八千代ほか。

ぐるりのこと。 [DVD] DVD ぐるりのこと。 [DVD]

販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2009/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ぐるりのこと」(原作・脚本・編集・監督は:橋口亮輔)

出演は、木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島 進、江口のりこ、横山めぐみ、佐藤二朗、安藤玉恵、加瀬亮、田辺誠一、光石研、柄本明、八嶋智人ほか。

どのシーンも現実味があり、シリアスなシーンだと胃に穴が空きそうになるほどで、その心理描写がもの凄い。

主演の木村多江さんの演技も真に迫っていて、映画を見ているというより、その現場を目撃しているという感覚になる。(第32回日本アカデミー賞主演女優賞受賞)

人は誰も変化していくものだから、離れないでいれば、その関係も変わってくる。

いいときもあれば悪いときもあるもの。

そして、1990年代の初め頃から約10年間に実際に起こった陰惨な社会的な事件と、一組の夫婦を襲った不幸。

ものすごい苦しみ。もう取り返しがつかないことが起こってしまう。

どうしようもない、なすがままにしておくしかない心の痛みを抱え込みながらも、人は変化していき、なんとか希望をつないで生きている。

法廷画家という職業をかいまみ、「うつ」という病気の怖さも実感。

でも、これらは確かに身の回りで起こっていること、「ぐるりのこと」だ。

撮影協力は、

ロイヤルハウジング(株)、エステート聖ヶ丘3団地管理組合、(株)ミニミニ城東、観音庵、ドクターフットアカデミー、中目黒とんかつ八千代、喫茶花壇、横浜桜木町フットギア、戸田中央総合病院、小諸そば、プリーズベイホテル(株)、茶道 松月庵、日本橋紅とん桜木町店、すいどーばた美術学院、いばらきフィルムコミッション取手フィルムコミッション埼玉県ロケーションサービス、静岡市観光課、静岡市文化振興課、フィルムコミッション静岡シーサイトほか。

|

« ロケのない作品、夢を見ているような、とある体育館のあるまちの地ムービー「GOEMON」、体育館でグリーンバックで撮影とVFX | トップページ | 世田谷区大蔵5丁目の地ムービー「キャシャーン」、ロケ撮影は特に無し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都多摩市などの地ムービー「ぐるりのこと」、撮影協力はエステート聖ヶ丘3・中目黒とんかつ八千代ほか。:

« ロケのない作品、夢を見ているような、とある体育館のあるまちの地ムービー「GOEMON」、体育館でグリーンバックで撮影とVFX | トップページ | 世田谷区大蔵5丁目の地ムービー「キャシャーン」、ロケ撮影は特に無し。 »