« 川崎市の地ムービー「選挙」、ロケ地は東急線田園都市線の宮前平駅、溝の口駅のホーム他。 | トップページ | 東京都多摩市などの地ムービー「ぐるりのこと」、撮影協力はエステート聖ヶ丘3・中目黒とんかつ八千代ほか。 »

2009年4月23日 (木)

ロケのない作品、夢を見ているような、とある体育館のあるまちの地ムービー「GOEMON」、体育館でグリーンバックで撮影とVFX

GOEMON オリジナル・サウンドトラック Music GOEMON オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:アール・アンド・シー
発売日:2009/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「GOEMON」(原案・撮影監督・監督は、 紀里谷和明)

出演は、江口洋介、大沢たかお、広末涼子、奥田瑛二、ゴリ、中村橋之助、寺島進 、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、平幹二朗、伊武雅刀、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、福田麻由子、小日向文世、紀里谷和明、約1000人のエキストラの皆さん他。

プロデューサーは一瀬隆重、紀里谷和明。
脚本は瀧田哲郎、紀里谷和明
編集は 横山智佐子、紀里谷和明

紀里谷和明監督が脚本・編集・プロデュースにも関わっている。

映像が幻想的だし、夢のように奇想天外なストーリー。

見ているうちに、夢の中にいるのではないかと思ってしうほど。

ここでいう夢は、寝ている時にみる夢のこと。

歴史上の人物が出てくるが、基本的に史実とは無縁の作品で、あえて歴史上の人物の名前を使わなくてもいい感じだ。

この映画は、日本の観客だけをターゲットにした歴史ものではなく、世界中の人々をターゲットにしたスペクタクル。

既成概念を超越したファンタジー。

だから、例えば、もし小学生の子供たちが、この映画のストーリーを真に受けて、社会(歴史)のテストを受けたら、間違いなく落第点になってしまうに違いない。

その美しい映像は、セット撮影とVFX(Visual Effects)によって創られている。

ロケ撮影がない作品。CGカット数は約2000.

体育館を貸し切ってグリーンバック(背景がグリーン)で撮影。

|

« 川崎市の地ムービー「選挙」、ロケ地は東急線田園都市線の宮前平駅、溝の口駅のホーム他。 | トップページ | 東京都多摩市などの地ムービー「ぐるりのこと」、撮影協力はエステート聖ヶ丘3・中目黒とんかつ八千代ほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロケのない作品、夢を見ているような、とある体育館のあるまちの地ムービー「GOEMON」、体育館でグリーンバックで撮影とVFX:

» ■異次元の時代劇〜GOEMON [AKATUKI DESIGN]
いやぁ〜〜〜楽しかったです。 やはり紀里谷和明監督は天才だぁ。 ほんと今までの映画とは一線を画す出来だと思うんですよね。 CASSHERNを見た時も独特なCGとの融合した映像美は目を見張るものがあって衝撃だったんですけど・・・ なんなんでしょうこの世界観。 豊臣秀吉、徳川家康、石田光成。 名高い武将の登場する戦国武将ドラマと思いきや、それは異次元。 別の世界の戦国時代を描いているような時空を越えたスケール感です。 その独特な世界観を支えているのは、史実に全く忠実でない衣装や建物など。 お城... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 10時56分

« 川崎市の地ムービー「選挙」、ロケ地は東急線田園都市線の宮前平駅、溝の口駅のホーム他。 | トップページ | 東京都多摩市などの地ムービー「ぐるりのこと」、撮影協力はエステート聖ヶ丘3・中目黒とんかつ八千代ほか。 »