« 東京は渋谷・下北沢などの地ムービー「蛇にピアス」、ロケ地は渋谷のスクランブル交差点・下北沢南口商店街・高田馬場の焼き肉屋さんなど。 | トップページ | ニューヨーク・アイオア州の地ムービー「フィクサー」、ロケ地はヒルトンニューヨーク・タイムズスクエアなど。 »

2009年4月 4日 (土)

東京の地ムービー「AKIRA」、ネオ東京

AKIRA [Blu-ray] DVD AKIRA [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2009/02/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アニメ「AKIRA」(原作・監督は、大友克洋)

声の出演は、岩田光央、佐々木望、小山茉美、石田太郎ほか。

ストーリーの設定は、1988年7月に第三次世界大戦が勃発した後の、2019年の東京が舞台。

東京湾が埋立てられて新首都「ネオ東京」はカオスそのもの。

独特の世界観。東洋と西洋、伝統文化と科学技術が混在した、いかにも日本のアニメ。

暴力的で荒廃した人間社会も、後半に見えてくる宇宙的で神秘的で宗教性を帯びた世界観の前では、ちいさな出来事におもえてくる。

総セル画使用枚数が15万枚の作品。

強いインパクトのあり、海外の映画人に聞いても、日本映画で見た作品として「AKIRA」の名前はよく挙がる。

脚本は、大友克洋と橋本以蔵。
作画監督は、なかむらたかし。

プロデューサーは、加藤俊三と鈴木良平。

アニメーション制作は、東京ムービー新社(現在は、トムスエンタテインメント) ほか。

|

« 東京は渋谷・下北沢などの地ムービー「蛇にピアス」、ロケ地は渋谷のスクランブル交差点・下北沢南口商店街・高田馬場の焼き肉屋さんなど。 | トップページ | ニューヨーク・アイオア州の地ムービー「フィクサー」、ロケ地はヒルトンニューヨーク・タイムズスクエアなど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京の地ムービー「AKIRA」、ネオ東京:

« 東京は渋谷・下北沢などの地ムービー「蛇にピアス」、ロケ地は渋谷のスクランブル交差点・下北沢南口商店街・高田馬場の焼き肉屋さんなど。 | トップページ | ニューヨーク・アイオア州の地ムービー「フィクサー」、ロケ地はヒルトンニューヨーク・タイムズスクエアなど。 »