« 邦題に都市名がついた映画「ONCEダブリンの街角で」、ダブリン空港、グラフトン通り、セント・スティーブンス・グリーン公園、ダブリンバスなど。 | トップページ | 銚子市が舞台の地域発信型映画 »

2008年7月19日 (土)

映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」、ロケ地は、沖縄県国頭村の楚洲や金剛石林山など沖縄各地、三浦半島各地、栃木県宇都宮市の若山農場・大谷採石跡地下空間、群馬県の雪山など。

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 オリジナル・サウンドトラック Music ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2008/07/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」(本木克英監督)

原作は水木しげる、 脚本は沢村光彦。

出演は、ウエンツ瑛士、北乃きい、田中麗奈、大泉洋、間寛平、室井滋、緒形拳、寺島しのぶ、笹野高史、中川翔子、ソ・ジソブ、上地雄輔、星野亜希、河本準一、萩原聖人、佐野史郎 、田の中勇、柳沢慎吾、伊集院光、ブラザー・トム、星野亜希、そして緒形拳ほか。

ラブストーリー、SF、アクション、サスペンス、そしてホラーなど、エンターテインメントが散りばめられた作品。

案外と意味深なストーリーで、大人も子供も楽しめ、ハリウッド映画のよう。。

テーマは人間と妖怪の共生。

妖怪と人間の境目が見えなくなってくるから楽しい。

雅楽などが散りばめられ、随所に日本らしさも感じられる。

ロケとセットとCGが絶妙に組み合わされ、現実味を帯びた映像づくりは、ロケ地にもこだわっている。

ロケ地は、沖縄県国頭村楚洲(鬼太郎ハウス)、金剛石林山など沖縄県各地、三浦半島各地、栃木県宇都宮市の若山農場大谷採石跡地下空間、群馬県の雪山、福生市の蔵など。

なお、鬼太郎ハウスのオープンセットは、沖縄県国頭村安波の”やんばる学びの森”に建設(移築)中とのこと。

セットは、日活撮影所(磯塚のセット)など。

公開中なので、詳しくは劇場で。

|

« 邦題に都市名がついた映画「ONCEダブリンの街角で」、ダブリン空港、グラフトン通り、セント・スティーブンス・グリーン公園、ダブリンバスなど。 | トップページ | 銚子市が舞台の地域発信型映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」、ロケ地は、沖縄県国頭村の楚洲や金剛石林山など沖縄各地、三浦半島各地、栃木県宇都宮市の若山農場・大谷採石跡地下空間、群馬県の雪山など。:

« 邦題に都市名がついた映画「ONCEダブリンの街角で」、ダブリン空港、グラフトン通り、セント・スティーブンス・グリーン公園、ダブリンバスなど。 | トップページ | 銚子市が舞台の地域発信型映画 »