« 映画「それでも生きる子供たちへ」、サンパウロ、ニューヨークのブルックリン、中国など。 | トップページ | 映画「蛇イチゴ」、横浜の親縁寺ほか。 »

2008年7月 3日 (木)

200箇所以上でロケが行われた映画「アース(earth)」

アース プレミアム・エディション(2枚組) DVD アース プレミアム・エディション(2枚組)

販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:2008/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「アース(earth)」(監督は、アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド。)

出演は、地球という惑星と、そこで生きる生命たち。

プロデューサーは、アリックス・ティドマーシュ、ソフォクレス・タシオリス。

音楽は、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ジョージ・フェントン。

「ディープブルー」、「プラネットアース」のに続く、大自然のドキュメンタリー映画。

(「ディープブルー」は、3000万ドルの総興行収入、DVD販売は2008年現在までに100万枚以上。)

宇宙旅行で地球を旅したような感じ。息を呑むスペクタクル。

俯瞰的なショットの後に、すぐそこにいるようなアップ。臨場感がある。

なぜ地球に生命がくらしているのか、その生きる姿は神秘的で、けだものたちの弱肉強食の壮絶さに、生命の宿命を感じる。

制作に約5年、撮影日数は延べで約4500日、ロケ地は200箇所以上というからすごい。

温暖化で絶滅の危機に頻している北極グマ、水を求めるアフリカ象、子育てと食事の場所が遠く、熱帯から南極まで移動するザトウクジラ。

それらはどれも親子の物語。劇場公開時は、子供500円キャンペーンがあったとおり、子供に見せたい映画。

|

« 映画「それでも生きる子供たちへ」、サンパウロ、ニューヨークのブルックリン、中国など。 | トップページ | 映画「蛇イチゴ」、横浜の親縁寺ほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361408/22005205

この記事へのトラックバック一覧です: 200箇所以上でロケが行われた映画「アース(earth)」:

« 映画「それでも生きる子供たちへ」、サンパウロ、ニューヨークのブルックリン、中国など。 | トップページ | 映画「蛇イチゴ」、横浜の親縁寺ほか。 »