« 奇想天外な映画「真夜中の弥次さん喜多さん」、ロケ地は関東各地。 | トップページ | 映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」、ロケ地は、沖縄県国頭村の楚洲や金剛石林山など沖縄各地、三浦半島各地、栃木県宇都宮市の若山農場・大谷採石跡地下空間、群馬県の雪山など。 »

2008年7月17日 (木)

邦題に都市名がついた映画「ONCEダブリンの街角で」、ダブリン空港、グラフトン通り、セント・スティーブンス・グリーン公園、ダブリンバスなど。

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 DVD ONCE ダブリンの街角で デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ONCEダブリンの街角で」(脚本・監督は、ジョン・カーニー)

出演は、グレン・ハンサード(アイリッシュロックグループ「ザ・フレイムス」)、マルケタ・イルグロヴァ(プラハ在住のシンガーソングライター)ほか。

2007年サンダンス映画祭ワールドシネマ部門観客賞受賞、2007年ダブリン国際映画祭観客賞受賞、そして2008年アカデミー賞歌曲賞受賞ほか。

音楽がセリフを代弁している作品。

ストーリーは背伸びをせず等身大で、役者さんの表現力はまるでドキュメンタリーのよう。

(映画はもちろん、つくられたシナリオなのだが、撮影がハンディカメラだからか、まるでストリートミュージシャンのドキュメンタリーのようにみえる。)

アイルランドは音楽と詩情の国。

あのビートルズもアイルランド系だし、アイルランドは、U2やエンヤなど、世界的なミュージシャンの産地だ。

撮影は数週間。製作費は日本のインディペンデント映画の小作品程度だという。(2000万円程度?)

当初、全米でわずか2館で公開されていたが、口コミで約140館まで上映館を増やし、一館あたりの観客動員数は、ハリウッドの大作を上回ったという。

主人公のストリートミュージシャンが歌っている街角はアイルランドのダブリン。

ダブリンの印象的なカットが多く、ダブリンに行ってみたくなる映画。

ロケ地は、

ダブリン空港(Dublin Airport)、グラフトン通り(Grafton Street)、セント・スティーブンス・グリーン公園(St. Stephen's Green)、ダブリンバス(Dublin Bus)など。

|

« 奇想天外な映画「真夜中の弥次さん喜多さん」、ロケ地は関東各地。 | トップページ | 映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」、ロケ地は、沖縄県国頭村の楚洲や金剛石林山など沖縄各地、三浦半島各地、栃木県宇都宮市の若山農場・大谷採石跡地下空間、群馬県の雪山など。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 邦題に都市名がついた映画「ONCEダブリンの街角で」、ダブリン空港、グラフトン通り、セント・スティーブンス・グリーン公園、ダブリンバスなど。:

« 奇想天外な映画「真夜中の弥次さん喜多さん」、ロケ地は関東各地。 | トップページ | 映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」、ロケ地は、沖縄県国頭村の楚洲や金剛石林山など沖縄各地、三浦半島各地、栃木県宇都宮市の若山農場・大谷採石跡地下空間、群馬県の雪山など。 »