« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

浜松の地域発信型映画「天まであがれ!!」

天まであがれ!!(DVD) ◆22%OFF! 天まであがれ!!(DVD) ◆22%OFF!
販売元:ぐるぐる王国 DVD館 ヤフー店
ぐるぐる王国 DVD館 ヤフー店で詳細を確認する

映画「天まであがれ!!」(横山一洋監督)

出演は、弓恵子、宍戸錠、鈴木達也、佐津川愛美、伊藤かずえ、浜松市立高等学校吹奏楽部のみなさん、浜名湖えんため、浜名湖ロケ応援団、市民エクストラのみなさん他。

経済産業省委託事業(地域における映像コンテンツ・国際共同製作モデル事業)で制作された地域発信型映画。

「浜松・浜名湖地域振興映像コンテンツ製作」プロジェクト。

製作委員会は、「天まであがれ!!」製作事業コンソーシアム。(構成メンバーは三菱UFJリサーチ&コンサルティング、浜松えんため、ポニーキャニオン、イエスビジョンズほか。)

プロデューサーは、稲葉大輔、古田晴彦、小川勝広。

「浜松まつり」の「凧揚げ合戦」を基に展開される物語。

特別協賛は、静岡新聞、静岡放送、遠鉄グループ、NTTdocomo東海、遠州信用金庫、サークルKサンクスほか。

協賛は、静岡エフエム放送、静岡銀行、静岡文化芸術大学ほか。

撮影協力は、青井楽器店、サークルK浜松庄和店、天竜浜名湖鉄道、浜名湖ガーデンパーク、浜松市高等学校、浜松市立大平台小学校、遠州灘海浜公園ほか。

協力は、浜松市、吉本興業、浜松商工会議所、浜松観光コンベンションビューロー、浜松まつり会館、浜松まつり本部、遠州凧の会、浜松凧の会ほか。など。

エンドロールが2部構成で、後半(第2部)には多くの「やらまいか会員のみなさま。」のお名前が並び、ラストの字幕は「ご支援ありがとうございました。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

夜のロケーション撮影が多いフィルム・ノワール、映画「夜がまた来る」

夜がまた来る ニューマスター・デラックス版 DVD 夜がまた来る ニューマスター・デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「夜がまた来る」(脚本・監督は石井隆)

出演は、夏川結衣、根津甚八、寺田農、椎名桔平ほか。

いわゆる、フィルム・ノワール。(行き場のない閉塞感のただよう犯罪映画。夜間のロケーション撮影が多い。)

美男美女でないと描けない独特の世界で、主演は夏川結衣。

当初は、ビデオ用映画(Vシネマ)予定だったが、夏川結衣さんの出演条件が劇場公開だったので、石井監督がサンダンス映画祭で獲得した賞金(「ヌードの夜」の賞金)を足して劇場用として制作した映画。

(ビデオ用映画としての当初予算は約5,000万円だったという。)

製作協力は、(株)ナガオカスタジオ、日吉興業、アメニテイ1957ほか。

ラストシーン、夜明けの空に、3羽の海鳥が飛んでいくのが印象的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

銚子市が舞台の地域発信型映画

千葉県銚子市で、地域発信型映画。

Dsc001321

映画化決定。

Dsc000612_2   

「ぬれ煎餅買ってください!」

Dsc000291_2

という、あの、銚子電鉄の実話を織り交ぜた心温まる物語。

Dsc0613
劇場公開を予定。
Dsc040841

お問い合わせ先は、銚子映画製作委員会。

Dsc000141

銚子映画製作委員会ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月19日 (土)

映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」、ロケ地は、沖縄県国頭村の楚洲や金剛石林山など沖縄各地、三浦半島各地、栃木県宇都宮市の若山農場・大谷採石跡地下空間、群馬県の雪山など。

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 オリジナル・サウンドトラック Music ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2008/07/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」(本木克英監督)

原作は水木しげる、 脚本は沢村光彦。

出演は、ウエンツ瑛士、北乃きい、田中麗奈、大泉洋、間寛平、室井滋、緒形拳、寺島しのぶ、笹野高史、中川翔子、ソ・ジソブ、上地雄輔、星野亜希、河本準一、萩原聖人、佐野史郎 、田の中勇、柳沢慎吾、伊集院光、ブラザー・トム、星野亜希、そして緒形拳ほか。

ラブストーリー、SF、アクション、サスペンス、そしてホラーなど、エンターテインメントが散りばめられた作品。

案外と意味深なストーリーで、大人も子供も楽しめ、ハリウッド映画のよう。。

テーマは人間と妖怪の共生。

妖怪と人間の境目が見えなくなってくるから楽しい。

雅楽などが散りばめられ、随所に日本らしさも感じられる。

ロケとセットとCGが絶妙に組み合わされ、現実味を帯びた映像づくりは、ロケ地にもこだわっている。

ロケ地は、沖縄県国頭村楚洲(鬼太郎ハウス)、金剛石林山など沖縄県各地、三浦半島各地、栃木県宇都宮市の若山農場大谷採石跡地下空間、群馬県の雪山、福生市の蔵など。

なお、鬼太郎ハウスのオープンセットは、沖縄県国頭村安波の”やんばる学びの森”に建設(移築)中とのこと。

セットは、日活撮影所(磯塚のセット)など。

公開中なので、詳しくは劇場で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

邦題に都市名がついた映画「ONCEダブリンの街角で」、ダブリン空港、グラフトン通り、セント・スティーブンス・グリーン公園、ダブリンバスなど。

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 DVD ONCE ダブリンの街角で デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ONCEダブリンの街角で」(脚本・監督は、ジョン・カーニー)

出演は、グレン・ハンサード(アイリッシュロックグループ「ザ・フレイムス」)、マルケタ・イルグロヴァ(プラハ在住のシンガーソングライター)ほか。

2007年サンダンス映画祭ワールドシネマ部門観客賞受賞、2007年ダブリン国際映画祭観客賞受賞、そして2008年アカデミー賞歌曲賞受賞ほか。

音楽がセリフを代弁している作品。

ストーリーは背伸びをせず等身大で、役者さんの表現力はまるでドキュメンタリーのよう。

(映画はもちろん、つくられたシナリオなのだが、撮影がハンディカメラだからか、まるでストリートミュージシャンのドキュメンタリーのようにみえる。)

アイルランドは音楽と詩情の国。

あのビートルズもアイルランド系だし、アイルランドは、U2やエンヤなど、世界的なミュージシャンの産地だ。

撮影は数週間。製作費は日本のインディペンデント映画の小作品程度だという。(2000万円程度?)

当初、全米でわずか2館で公開されていたが、口コミで約140館まで上映館を増やし、一館あたりの観客動員数は、ハリウッドの大作を上回ったという。

主人公のストリートミュージシャンが歌っている街角はアイルランドのダブリン。

ダブリンの印象的なカットが多く、ダブリンに行ってみたくなる映画。

ロケ地は、

ダブリン空港(Dublin Airport)、グラフトン通り(Grafton Street)、セント・スティーブンス・グリーン公園(St. Stephen's Green)、ダブリンバス(Dublin Bus)など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇想天外な映画「真夜中の弥次さん喜多さん」、ロケ地は関東各地。

真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション DVD 真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2005/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」(脚本・監督は宮藤官九郎)

出演は、長瀬智也、中村七之助、小池栄子、竹内力、山口智充、中村勘三郎、松尾スズキ、ARATA、麻生久美子、妻夫木聡ほか。

主役をとるような役者さんが沢山出ている作品。

原作は、しりあがり寿。

その大元は、東海道中膝栗毛(十返舎一九)の弥次喜多(弥次郎兵衛と喜多八)

プロデューサーは、宇田充、藤田義則。

三途の川の源流に行けば、生と死の境目があるという発想など、奇想天外で時空を超えた作品。

CGをふんだんに使って不思議な世界をつくりだしている。

VFX協力は、TBS。

撮影協力は、

ワープステーション江戸、日光江戸村、つづきスタジオ、群馬県やぶ塚温泉ホテルふせ、三日月村、群馬県東村、中之条町、吾妻町、気賀関所運営委員会、ホテルルートイン、浜松名鉄ホテル、御殿場マウント映画劇場、ホテル御殿場館21,桐生湯~らんど、渓山荘、湯ヶ島高原倶楽部、茨城県八郷町、八郷町・善光寺、八郷町・長楽寺、横浜船員センター、横浜ビブレ、水海道市天台宗別格本山元三大師安楽寺、細江町観光協会、ロケ応援団富士宮・芝川、山梨県観光部、山梨県富士北麓東部地域振興局、フィルムコミッション伊豆、わたらせフィルムコミッション、横浜フィルムコミッション、小山町フィルムコミッション、水海道フィルムコミッション(現:常総フィルムコミッション)ほか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

これぞ地域発信型映画、沖縄の映画「パイナップルツアーズ」、ロケ地は沖縄県伊是名島

DVD パイナップル ツアーズ

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「パイナップルツアーズ」

沖縄を舞台にした3つのオムニバスストーリー。

自主制作をしていた真喜屋力、中江裕司、當間早志の三名の映画監督がこの作品で(商業・劇場映画に)デビュー。

セリフは沖縄の方言「ウチナーグチ」で、日本語(標準語のこと)の字幕がついている。

平成3年度に芸術文化振興基金の助成を受け、

企画・制作は、スコブル工房、パナリ・ピクチュアズ、琉映(株)。

プロデューサーは代島治彦。

脚本は真喜屋力、撮影監督は一之瀬正史、音楽は照屋林賢。

ロケーションコーディネートは東江章。

キャスト(共通)は、平良トミ、藤木勇人、新垣正弘、喜舎場泉、仲本興次、照屋林助、沖縄県伊是名島のみなさん。

映画の舞台は具良間島。(実際は伊是名島)

映画の三話は、ドラマのように繋がっている。

第一話は、「麗子おばさん」 (原案・監督・編集は真喜屋力)

出演は、兼島麗子 新良幸人 富田めぐみ他。

具良間島生まれの「麗子おばさん」はハーフで、お父さんは具良間島に爆弾を落としたアメリカ人という設定。

沖縄の歴史を感じる物語。

第二話は「春子とヒデヨシ」(原案・ 監督・編集は中江裕司)

出演は利重剛、宮城祐子、名嘉トミほか。

本土(ヤマト)からきた軽薄な青年と島の乙女との物語。

シロミキヨ(子宝の神様)へのお参りなど、いかにも沖縄らしい。

第三話は、「爆弾小僧」 (原案・監督・編集は當間早志)

出演は津波信一、仲宗根あいの、洞口依子ほか。

具良間島から出て一旗揚げたい。行き先は、東京(日本)にするか、それともロンドンにするか。
沖縄では本土の人を「ナイチャー」と呼んでいるが、映画の字幕では、あえて”日本人”に”ナイチャー”のルビが付けられている。

このように、沖縄へのこだわりが終始、凝縮されたような作品で、まさに地域発信型映画。

沖縄の地域映画。

協力は、伊是名村役場、伊是名村教育委員会、伊是名村商工会、伊是名村立の小学校・中学校ほか。

伊是名島の酒造所、婦人会、商店、旅館、居酒屋、小道具店、ふとん屋など島民総出で協力している。

特別協力は、沖縄県経済農業行動組合連合会、エアー沖縄、シグロ。

協賛は、オリオンビール、南西航空、沖縄県観光連盟。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

平成20年日本の良質な家族劇、映画「歩いても歩いても」、三鷹の小児科医院、葉山の住宅地にある階段、電車は京浜急行、横須賀市長浜の久里浜霊園、平塚の袖ヶ浦海岸など。

映画「歩いても 歩いても」サウンドトラック Music 映画「歩いても 歩いても」サウンドトラック

アーティスト:ゴンチチ
販売元:In The Garden Records
発売日:2008/06/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「歩いても歩いても」(監督・原作・脚本・編集は是枝裕和)

出演は、阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳雄ほか。

ありふれた家族の夏の日の1日を描いた良質な家族劇。

パンフレットには、「人生はいつもちょっとだけ間に合わない。」とある。

人はあっという間に年をとる。だから家族は、はかないもの。

小津安二郎監督の「東京物語」をも思い起こさせる映画。

平成時代の日本が生んだ、おそらくは歴史に残る作品。

おばあちゃん(樹木希林)の家、横山家の撮影は、ロケとセットの組み合わせ。

公開中なので、詳細は劇場で。

ロケ地は、

三鷹の小児科医院、葉山の住宅地にある階段、電車は京浜急行、横須賀市長浜の久里浜霊園、平塚の袖ヶ浦海岸など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「恋空」、大分市ロケーションオフィス、いばらぎフィルムコミッション、牛久フィルムコミッション、彩の国本庄拠点フィルムミッションほか

恋 空 スタンダード・エディション DVD 恋 空 スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2008/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「恋空」(今井夏木監督)

出演は、新垣結衣、三浦春馬、小出恵介、香里奈、臼田あさ美、麻生祐未、高橋ジョージ、浅野ゆう子、大分市のみなさん、大分県立大分東港島学校のみなさん、旧大分県立佐賀間高等学校のみなさん、行橋市のみなさん、鹿沼市のみなさん、宇都宮市のみなさん、作新学院大学のみなさん、牛久市のみなさん他。

プロデューサーは、森川真行、那須田淳。

原作は、美嘉のケータイ小説「恋空 切ナイ恋物語」。
脚本は、渡邉睦月。

主題歌は、Mr. Children「旅立ちの唄」で挿入歌は新垣結衣「heavenly days」

実話をベースにしたケータイ小説の映画化。

どこまでが実話なのかは知らない。主人公の女子高生は婦女暴行を受けたりしているのだが、それも刑事事件には発展しない。

仕事をして自分でお金を稼ぐということがどういうことか、それをあえてドラマのストーリーから外しているようだ。

例えば、携帯電話代も高そうだが、この携帯電話代はいったい誰が払っているのだろう、などと考えるのは野暮というもの。

どこまでも社会とつながらない二人だけの純愛ドラマ。

でも、主人公は高校生だから、ぎりぎりセーフというもの。

「世界の中心で愛をさけぶ」と同じように、親たちの出る幕はない。

インターネットのコメント欄を読むと、だいぶん酷評されているが、エンターテインメント性のある初恋の純愛ドラマで大ヒットしている。

小坂明子「あなた」とか、竹内まりあ「けんかをやめて」などが浮かんでくる、ちょうど恋に恋する年頃だ。

主人公は、家族に支えられ、本当の孤独を知らない。あくまでも恵まれている、悲劇のヒロイン。

撮影協力は、

大分県教育委員会、大分県立大分東高等学校、大分市ロケーションオフィス、大分ワシントンホテルプラザ、JR九州、日本文理大学、大分交通(株)、トヨタレンタリース大分、かんたんサーカス、大分市商店街連合会、大分市中央町商店街振興組合、別府市の自治会、行橋市役所、東八幡自治会、ローソン大分千代町四丁目店、茨城県フィルムコミッション、鹿沼市観光物産協会、作新学院大学、牛久愛和総合病院、牛久フィルムコミッション、木更津市農業協同組合、パートナーシップきさらづ、彩の国本庄拠点フィルムミッションほか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

ニューヨークと映画「再会の街で」

再会の街で DVD 再会の街で

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「再会の街で(REIGN OVER ME)」(脚本・監督は、マイク・バインダー)

出演は、アダム・サンドラー、ドン・チードル、リヴ・タイラー、ジェイダ・ピンケット=スミスほか。

9.11の同時多発テロ。

その数年後、主人公チャーリーは、ゴーペッドという原付スクーターを改造した乗り物でニューヨークのマンハッタンを彷徨っている。

その改造したゴーペッドのからみるニューヨークは、何度も訪れている等身大のニューヨーク。

そして、音楽は、ブルーススプリングスティーンの「ザ・リバー」、

ザ・リバー(紙ジャケット仕様) Music ザ・リバー(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ブルース・スプリングスティーン
販売元:Sony Music Direct
発売日:2005/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ザ・フーの「四重人格」など、

四重人格 Music 四重人格

アーティスト:ザ・フー
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2006/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

70年代から80年代に繰り返し聞いたロック。

子供とか友人とか、かけがえのない人と突然に引き離された喪失感。

主人公チャーリーほどではないとしても、大なり小なり、似たようなもの。

そういう人のための映画。

殻に閉じこもり、逃避しているのかもしれない。なぜか、生きている実感がわいてこない。

ただ、時間だけが過ぎていく。とりとめのない焦燥感。

例えば、知らず知らずのうちに、道行く人に会えない人を重ねて見てしまったり。

映画の英文タイトルは「Reign Over Me」。

そのタイトルの元になったザーフーの「Love, Reign O’er Me」(映画はパールジャムによるカバー)がその喪失感を代弁してくれる。

ロケ地は、ニューヨークとロサンゼルス。

ニューヨーク(New York City)は、普段着のニューヨーク。

歯科クリニックの建物は、アッパーイーストサイドのパークアベニューにあり、アランのアパートは、コロンバスアベニューにある。

グランドセントラル駅の構内にあるレストラン。

ルーズベルト島のゴールドウォーター病院など。

ロサンゼルスは、

ボイルハイツ(Boyle Heights)、ダウンタウン(Downtown)、ハリウッドブルーバード(Hollywood Boulevard)、 コリアタウン(Koreatown)、ウエストアダムス(West Adams)、ロスフェイズ(Los Feliz)など。

カリフォルニア州のアーバイン市(Irvine

スタジオは、ロサンゼルス郊外のカルバーシティ(Culver City)にあるSony Pictures Studios。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 3日 (木)

映画「ユメ十夜」、台東区フィルムコミッション、茨城フィルムコミッション、ワープステーション江戸ほか。

ユメ十夜 DVD ユメ十夜

販売元:日活
発売日:2007/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ユメ十夜

出演は、小泉今日子、松尾スズキ、うじきつよし、中村梅之助、堀部圭亮、市川実日子、香椎由宇、阿部サダヲ、山本耕史、緒川たまき、ピエール瀧、本上まなみ、松山ケンイチほか。

原作は、夏目漱石「夢十夜」

豪華な監督とキャストによるオムニバス。原作からおよそ100年後に映画化。

第一夜(実相寺昭雄監督)

出演は小泉今日子、松尾スズキ、寺田農ほか。

百年の時空を超えた物語。和風で幻想的な映像。脚本は久世光彦。

第二夜:市川崑監督

出演は、うつぎつよし、中村梅之助。脚本は、柳谷治。

悟りと侍。昔の活動写真のよう。サイレントでモノクロ映像。

第三夜(脚本・監督は清水崇)

出演は、堀部圭亮、香椎由宇ほか。

おんぶしている子供が恐いホラー。ロケ協力は台東区フィルムコミッション。

第四夜(清水厚監督)

出演は、山本耕史、品川徹ほか。

映画の中の田舎町、面影橋という地名は早稲田近辺にもある。(漱石が住んでいた場所にほど近く。)時空が交錯する不思議な映像。

ロケ協力は、茨城フィルムコミッション、桜川市、下館シネマ、関東鉄道(株)。

第五夜(脚本・監督は豊島圭介)

出演は、市川実日子、大倉孝二ほか。化け物のようなもう一人の自分。

第六夜(脚本・監督は松尾スズキ)

出演は、阿部サダヲ、TOZAWA、石原良純ほか。

仁王像を彫る運慶。それに感化された男が彫刻に挑戦。ロケ協力は、石原石材、常陸風土記の丘。協力は八郷町役場(現在は石岡市)、茨城フィルムミッションほか。

第七夜(監督は、天野喜孝、河原真明)

英語の幻想的なアニメ。

第八夜(監督は山下敦弘)

出演は、藤岡弘、山本浩司ほか。

子どもが田んぼで見つけた巨大な変な生き物。いわゆる脱力系のコメディー。脚本は長尾謙一郎、山下敦弘。

第九夜(脚本・監督は西川美和)

出演は、緒川たまき、ピエール瀧ほか。

出征した夫、お百度参りをする妻とその息子。意味深なストーリー。

第十夜(山口雄大監督)

出演は、松山ケンイチ、本上まなみ、安田大サーカス、石坂浩二ほか。

ブタになる美女。脚本は加藤淳也、山口雄大。ロケ協力は、(財)大学セミナー、ワープステーション江戸ほか。

プロローグ・エピローグ(脚本・監督は清水厚)

出演は、戸田恵梨香、藤田宗久。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「黄泉がえり」、九州の阿蘇町ほか。

黄泉がえり DVD 黄泉がえり

販売元:東宝
発売日:2003/08/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「黄泉がえり」(塩田明彦監督)

出演は、草薙剛、竹内結子、石田ゆり子、田中邦衛、北林谷栄、哀川翔、伊東美咲、長澤まさみ、伊勢谷友介、RUIほか。

原作は、梶尾真治「黄泉がえり」

脚本は、犬童一心、斉藤ひろし、塩田明彦。

音楽は千住明。映画の中のシンガーRUI(柴咲コウ)の主題歌・挿入歌が印象的。.

プロデューサーは平野隆。アソシエイトプロデューサーは下田淳行、久保田修。

死者が甦るというSF色の原作を、日本的にスピリチュアルとして扱ったラブファンタジー。

当初3週間だけの公開予定だったが、それがむしろ話題をよんでロングランとなり、興行収入は30・7億円。

ロケ協力は、ウィンレイクヒルホテル品川クリスタルスクエア新八千代病院、中華 宝明楼、藤野町役場(現在は相模原市)、ふじのフィルムコミッション、小田原市、富士急行、富士急ハイランド、(財)熊本阿蘇振興デザインセンター、一之宮大乗庵、阿蘇町役場、阿蘇ホテル、喫茶イースト、阿蘇町立役犬原小学校、阿蘇温泉病院ほか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「蛇イチゴ」、横浜の親縁寺ほか。

DVD 蛇イチゴ

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2004/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「蛇イチゴ」(脚本・監督は西川美和)

出演:は、宮迫博之、つみきみほ、平泉成、大谷直子、絵沢萌子、笑福亭松之助ほか。

プロデューサーは是枝裕和。

音楽は「カリフラワーズ」

制作はテレビマンユニオン、宣伝・配給はザナドゥー。

詐欺、リストラ、高利貸し、痴呆、介護など、社会問題が縮図のように起こっている家族の物語。

平和だったはずが一転して滅茶苦茶な家族に。

親子は他人の始まりというが、家族は個人の集まり。

起こりうる話だから疲れる。

現在は法律が改正され是正されたが、2002年当時の借金取り立て屋のようすなども描かれている。

ラストシーンの蛇イチゴがせめてもの救い。

撮影協力は、三菱自動車工業(株)、親縁寺、レストラン フジヤ、横浜フィルムコミッション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

200箇所以上でロケが行われた映画「アース(earth)」

アース プレミアム・エディション(2枚組) DVD アース プレミアム・エディション(2枚組)

販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:2008/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「アース(earth)」(監督は、アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド。)

出演は、地球という惑星と、そこで生きる生命たち。

プロデューサーは、アリックス・ティドマーシュ、ソフォクレス・タシオリス。

音楽は、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ジョージ・フェントン。

「ディープブルー」、「プラネットアース」のに続く、大自然のドキュメンタリー映画。

(「ディープブルー」は、3000万ドルの総興行収入、DVD販売は2008年現在までに100万枚以上。)

宇宙旅行で地球を旅したような感じ。息を呑むスペクタクル。

俯瞰的なショットの後に、すぐそこにいるようなアップ。臨場感がある。

なぜ地球に生命がくらしているのか、その生きる姿は神秘的で、けだものたちの弱肉強食の壮絶さに、生命の宿命を感じる。

制作に約5年、撮影日数は延べで約4500日、ロケ地は200箇所以上というからすごい。

温暖化で絶滅の危機に頻している北極グマ、水を求めるアフリカ象、子育てと食事の場所が遠く、熱帯から南極まで移動するザトウクジラ。

それらはどれも親子の物語。劇場公開時は、子供500円キャンペーンがあったとおり、子供に見せたい映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「それでも生きる子供たちへ」、サンパウロ、ニューヨークのブルックリン、中国など。

それでも生きる子供たちへ DVD それでも生きる子供たちへ

販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:2008/02/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「それでも生きる子供たちへ

オニムバス形式の映画。

どれも、子供の目線にたった作品で、映画を見ていると、心の奥に仕舞い込んでいた子供の頃の感覚がよみがえってくる。

そういえば、子供の頃、案外と大人と同じような感覚をもって暮らしていた。

子供らしさを感じるのは大人であって、子供は大人と同じようなプライドをもって気高く暮らしているのだ。

そして、子供達も大人達と同様、世界の社会・経済の仕組みと繋がっているのだが、子供達はそれを大人達ほど意識することはない。

子供達の行動範囲は狭く、ある限られた地域で、そこに暮らす身近な人々に囲まれ、自らに与えられた環境の中で必死に生きている。

ただ、この映画の場合、子供達がおかれた環境は、まさに本物の地獄のようである。

しかし、そのような過酷な環境の中でも、子供達は、ひたむきに今日を生きぬいている。

豊かな想像力で夢を見ている。遊んでいる。

子供たちは、自ら勇気を奮い立たせて、生きる力を見つけ出している。

相対的に立場は弱くても、絶対的にどこかでちゃんとすべてを見透かしている。

それらが自然に備わっているから不思議だ。

短編は7つ。

一つめは、マシンガンを持つ少年兵の「タンザ」(メディ・カレフ監督)はルワンダが舞台。

二つめは、窃盗団の家に生まれた子供の逃げ場は少年院の「ブルー・ジプシー」(エミール・クストリッツァ監督)

三つめは、エイズ・ベイビーとして生まれてきた「アメリカのイエスの子ら」(スパイク・リー監督)の舞台はニューヨークのブルックリン。(ロケ地もブルックリン)

四つめは、廃品を拾ってサンパウロの貧民街(ファベーラ)で生活する兄と妹の「ブルーとジョアン」(カティア・ルンド監督)。そのラストシーンは、サンパウロの風景。貧民街の後ろに近代的な高層ビル群が映っているのが印象的。

五つめは、フォトジャーナリストのジョナサンと戦火の中で遊ぶ子供達の「ジョナサン」(ジョーダン・スコット、リドリー・スコット監督)

六つめは、移動遊園地を運営する窃盗団と渡り合う「チロ」(ステファノ・ヴィネルッソ監督)

七つめは、路上で暮らす孤児と裕福だが不仲の両親がいる少女の物語で「桑桑(ソンソン)と子猫(シャオマオ)」(ジョン・ウー監督)。ジョン・ウー監督は、「我々は世界の子供たちを救う話をしているが、本当は子供たちは我々を救っているのだ。彼らの強さと愛が世界を変えていくだろう」(プロダクションノートより抜粋)と話している。ロケ地は中国。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »