« 映画「LOVERS」、ウクライナの草原、中国は永川県の茶山竹海など。 | トップページ | 短編ドキュメンタリー、映画『キューポラのある街』ロケ地を訪ねて、スキップシティチャネルで放送中。 »

2008年6月 3日 (火)

映画「夕凪の街 桜の国」、広島市、埼玉県川口市のスキップシティ、群馬県富岡市、茨城県市貝町など。

夕凪の街 桜の国 DVD 夕凪の街 桜の国

販売元:東北新社
発売日:2008/03/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「夕凪の街 桜の国」(佐々部清監督)

出演は、麻生久美子、田中麗奈、藤村志保、伊崎充則、吉沢悠、堺正章、中越紀子、四国中央市立北小学校ほか。

「夕凪の街」の麻生久美子がいい。

企画プロデュースは加藤東司。

プロデューサーは、臼井正明、米山紳。

原作は、こうの史代の「夕凪の街 桜の国」

「広島のある 日本のある この世界を愛するすべての人へ。」という、メッセージの通り、この原作は世界中で読まれている。

脚本は、国井桂、佐々部清。

原爆でひどい火傷をした人たちばかりの共同浴場、夏でも長袖を着ている皆実(主人公)など、何気ないシーンが目に焼き付いて離れない。

原爆投下直後の無惨なシーンは、原爆の絵、原爆資料館の写真などにとどめて、抑えているだけに、その凄惨さが逆に伝わってくる映画。

映画の中、「原爆は落ちたのではなく落とされた」というセリフを聞いて、

アメリカでピカピカに磨かれて展示されている、エノラゲイ、のことを思いだした。

撮影は、広島市、埼玉県川口市、東京の各所、群馬県富岡市、茨城県市貝町など。

戦後の広島市の原爆スラムのシーンは、埼玉県川口市にあるスキップシティにセットが組まれ、そこで撮影された。

また、広島ロケも充実したもので、広島ビッグウェーブ1階のエントランスで「ロケ風景のパネル展」が開催されている。(2008年2月)

なお、CGも色々なシーンで使われている。

ロケーション協力は、

埼玉県ロケーションサービス、川口フィルムコミッション、スキップシティ、埼玉県川口青陵高等学校、埼玉県立川口東高等学校、越谷市建設部建設総務課、深谷市産業振興部商工振興課、埼玉県総合リハビリテーションセンター

群馬県富岡市役所、富岡市銀座通り(皆実の勤める建築事務所のある通り)のみなさん

栃木県フィルムコミッション、市貝町、市貝教育委員会

石川(平野)旭の疎開先である水戸の家は、市貝町で撮影

広島フィルムコミッション、広島平和記念資料館、東陽中央病院、オリエンタルホテル、圓龍寺、本願寺広島別院、国土交通省太田川河川事務所、アークホテル広島、広島女学院高等学校、広島電鉄

ジェイアールバス関東、JR西日本ロケーションサービス、自治労国分寺市職員労働組合、西武鉄道など。

協賛は、トヨタレンタリース山口、広島県東京事務所、広島市東京事務所、東京広島県人会など。

|

« 映画「LOVERS」、ウクライナの草原、中国は永川県の茶山竹海など。 | トップページ | 短編ドキュメンタリー、映画『キューポラのある街』ロケ地を訪ねて、スキップシティチャネルで放送中。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「夕凪の街 桜の国」、広島市、埼玉県川口市のスキップシティ、群馬県富岡市、茨城県市貝町など。:

» 長崎原爆忌 [Epsiloncafe]
北九州が舞台になった原爆を題材にした拙著 児童向け小説「ぼくたちの空とポポの木」 [続きを読む]

受信: 2008年6月 7日 (土) 15時44分

« 映画「LOVERS」、ウクライナの草原、中国は永川県の茶山竹海など。 | トップページ | 短編ドキュメンタリー、映画『キューポラのある街』ロケ地を訪ねて、スキップシティチャネルで放送中。 »