« 映画「HERO」、日本橋の三井本館、釜山フィルムコミッションなど。 | トップページ | 函館が舞台、でも首都圏でロケされた映画「うた魂♪」、協力は早稲田大学高等学院グリークラブほか。 »

2008年4月22日 (火)

映画「紀元前1万年」、ロケ地はニュージーランド・南アフリカ・ナミビア共和国など。

紀元前1万年(10,000 B.C.) オリジナルポスター 紀元前1万年(10,000 B.C.) オリジナルポスター
販売元:アーティス・シネマ・コレクターズ
アーティス・シネマ・コレクターズで詳細を確認する

映画「紀元前1万年(原題:10,000 B.C.)」(ローランド・エメリッヒ監督)

出演は、スティーヴン・ストレイト、カミーラ・ベル、オマー・シャリフ、クリフ・カーティス ほか。

ローランド・エメリッヒ監督の「インデペンデンス・デイ」と「デイ・アフター・トゥモロー」に続く作品。

脚本は、ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー。

時代は映画「紀元前1万年」よりずっと後になるが、日本の邪馬台国を治めた女王・卑弥呼には霊的な能力があり、巫女のような面を持ち合わせていたのではないかという学説がある。

西洋でも、この映画の通り、霊的なものが社会を支配していたに違いない。

(映画でも、巫母(みぼ)が部族を支えている。)

また、映画のヤガル族。

古代の狩猟は、命がけで、人もマンモスも同じ目線でいて神々しい。

狩猟の対象を崇拝する精神性の高さは、日本のアイヌ文化につながるもの。

一方、文明の象徴はピラミッド。

現代でいえばちょうど大都市の金融機関が入居する超高層ビルというところだろうか。

愛知万博で見たマンモスが、映画の中ではCGによって動き回っている。

(映画では、「毛」の動きにもこだわり、ワンカットに10時間以上もかけている。)

ロケ地は、ニュージーランド(New Zealand) 、南アフリカ(South Africa)、ナミビア共和国(Namibia) など。

ニュージーランドは、

オタゴ(Otago)のクイーンズタウン(Queenstown)

サウスランド(Southland)

オタゴ(Otago)のワナカ(Wanaka)のWaiorau Snow Farmほか。

|

« 映画「HERO」、日本橋の三井本館、釜山フィルムコミッションなど。 | トップページ | 函館が舞台、でも首都圏でロケされた映画「うた魂♪」、協力は早稲田大学高等学院グリークラブほか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「紀元前1万年」、ロケ地はニュージーランド・南アフリカ・ナミビア共和国など。:

» 紀元前1万年 [【ムービーレビュー】映画の感想]
この映画の悪い点は、 ストーリーが単調な事です。 単調な上に、 少々分かりにくい感じがしました。 良い点は、迫力ある映像です。 映像をソコソコ楽しむ映画でしょうか。 [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 08時31分

» 「紀元前1万年」マンモスが群れで走り出す壮大な夢物語 [soramove]
「紀元前1万年」★★★ スティーヴン・ストレイト 主演 ローランド・エメリッヒ 監督、2007年、アメリカ、 ニュージーランド 、109分 映画の醍醐味のひとつに 「見たことのない世界を見る」ということがある。 映画冒頭のマンモスの大群にまぎれて ちっち...... [続きを読む]

受信: 2008年5月17日 (土) 22時08分

« 映画「HERO」、日本橋の三井本館、釜山フィルムコミッションなど。 | トップページ | 函館が舞台、でも首都圏でロケされた映画「うた魂♪」、協力は早稲田大学高等学院グリークラブほか。 »