« 富山弁で「生きがいい!」映画は「キトキト!」、富山県高岡市など。 | トップページ | 映画「善き人のためのソナタ」、ロケ地はベルリン »

2008年3月15日 (土)

映画ロケは祭り・イベント、徳島の阿波おどりと映画「眉山」

眉山-びざん- (2枚組) DVD 眉山-びざん- (2枚組)

販売元:東宝
発売日:2007/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「眉山」(犬童一心監督)

出演は、松嶋菜々子、大沢たかお、宮本信子、夏八木勲、徳島の皆さん他。

原作は、さだまさし「眉山」。

母と娘の絆が描かれているが、生き別れた父と娘、父親役の夏八木勲さんが難しい役を演じきっていてすばらしい。

眉山製作委員会は、東宝、フジテレビジョン、幻冬舎、博報堂DYメディアパートナーズ、関西テレビ放送、PPM、キアロスターロ。

大手映画会社による徳島が舞台の映画「眉山」。

徳島市は、映画「眉山」支援委員会を立ち上げ、多岐にわたってこの映画を支援している。(エンドクレジットは特別協力。映画「眉山」支援委員会は、1)企画・イベント部会、2)ロケ支援部会、3)PR部会3つの専門部会がある。映画支援に要する資金調達、映画上映に合わせたイベント、阿波おどりの再現、ロケ地マップの作成など様々な支援をしている。)

また、徳島でのロケ撮影は、8月12日から9月25日まで、約一ヶ月半にも及んでいる。(地元のエキストラは延べ17,016人で、スタッフ支援を加えると約30,000人にもなる。)

特に、阿波踊りのシーンはドキュメンタリー映画といってもいいほど。(8月12日から始まった実際の阿波踊りが撮影されている。)

ちなみに、阿波踊りのシーンにエキストラとして参加した人数は5日間で延べ14,200人だという。

そして、クライマックスの阿波踊りシーン。

踊りの再現のために、収容人数3,200人の南内町演舞場に33の有名連も参加している。

まさに、ロケ撮影が祭り・イベントそのものだ。

エンドクレジット。

ロケーション協力は、阿波おどり振興協会、徳島県阿波踊り協会、阿波スズキ販売、海上自衛隊徳島教育航空群、春日神社、四国機器、新町川を守る会、白うめ幼稚園、東横イン品川駅高輪口、徳島空港、徳島県阿波踊り保存協会、徳島県自治研修センター、徳島県立阿波十郎兵衛屋敷、徳島県立文化の森総合公園、徳島市消防局、徳島赤十字病院、徳島大学医学部、徳島大学工学部、徳島大学病院、徳島電設工業、中洲総合水産市場、鳴門教育大学、眉山ロープウェイ、吉野川市他。

協力は、徳島市、徳島県、徳島市観光協会、阿波銀行、徳島銀行、徳島新聞社、四国放送、徳島県観光協会、徳島市交通局、徳島市日本観光旅館連盟、徳島東警察署、日本ケーブルテレビ連盟四国支部、ホテルクレメント徳島、ホテルサンシャイン徳島、徳島市経済部観光課、徳島県ロケーションサービス

また、浅草おかみさん会、都立広尾病院小児科、南越谷阿波踊り振興会、それからJALなど。

|

« 富山弁で「生きがいい!」映画は「キトキト!」、富山県高岡市など。 | トップページ | 映画「善き人のためのソナタ」、ロケ地はベルリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画ロケは祭り・イベント、徳島の阿波おどりと映画「眉山」:

« 富山弁で「生きがいい!」映画は「キトキト!」、富山県高岡市など。 | トップページ | 映画「善き人のためのソナタ」、ロケ地はベルリン »