« 映画「病院へ行こう」、茨城県牛久市の牛久愛和総合病院など。 | トップページ | 映画「オリーブの林をぬけて」、ロケ地はイランのコケール村とポシュテ村 »

2008年2月20日 (水)

映画「父親たちの星条旗」、ロケ地はアイスランド、アメリカ本土、硫黄島。

父親たちの星条旗 (特別版) DVD 父親たちの星条旗 (特別版)

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/05/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「父親たちの星条旗(Flags of Our Fathers)」(クリント・イーストウッド監督)

出演は、ライアン・フィリップ、ジェイミー・ベル、アダム・ビーチ、バリー・ペッパーなど

第2次世界大戦の硫黄島の戦いを、米国の視点から描いた作品。

当時の困窮した日本に比べると、米国は相当に余裕があるが、米国民も相当に疲れ、米国民からの戦争費用の調達も厳しかった。

そこで、摺鉢山に星条旗を掲げる米兵の写真が、米政府のプロパガンダに利用されるという、知られざる一面が描かれている。

この映画の戦闘シーンは、まるで戦場にいると錯覚してしまうほどである。(戦争を知らないからそんなことはいえるはずもないのだが。)

だから、日本兵が米兵にやられる、擂鉢山に星条旗がはためくシーンなど、どうしても不愉快になってしまうが、一方、硫黄島でかけがえのない息子を亡くした米兵の母親たちの姿が胸に詰まる。

戦争のむなしさが心に沁みる作品。

ロケ地は、アイスランド、日本の硫黄島、アメリカ本土など。

アメリカ本土は、

イリノイ州

シカゴ(Chicago)のドレイクホテル(Drake Hotel)とソルジャー・フィールド(Soldier Field

グレンコー(Glencoe)のグレンコー・メトラ・ステーション(Glencoe Metra Station

ブルーアイランド(Blue Island)のKrueger Funeral Home

テキサス州のUSSテキサス(U.S.S. Texas)とワシントンDC

カリフォルニア州は、ロサンゼルスのシティホール(City Hall)、サンペドロ港(San Pedro Harbor)のS.S. Lane Victoryという船。

MojaveのAirport & Civilian Flight Test Center

硫黄島のほとんどのシーンは、アイスランド。

日本の硫黄島では、最初のシーンとラストシーン擂鉢山の全景シーンなど、ごく一部のみ。

|

« 映画「病院へ行こう」、茨城県牛久市の牛久愛和総合病院など。 | トップページ | 映画「オリーブの林をぬけて」、ロケ地はイランのコケール村とポシュテ村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「父親たちの星条旗」、ロケ地はアイスランド、アメリカ本土、硫黄島。:

« 映画「病院へ行こう」、茨城県牛久市の牛久愛和総合病院など。 | トップページ | 映画「オリーブの林をぬけて」、ロケ地はイランのコケール村とポシュテ村 »