« 映画「人生は、奇跡の詩」、イラクのシーンは北アフリカはチュニジア共和国のチュニス、トゥズール、ガフサ、ネフサなど。 | トップページ | 映画「キッズ・リターン」、書籍「淀川長治の究極の映画ベスト100」、寺岡精工、後楽園ホール、金子ボクシングジム、なんばグランド花月など。 »

2008年2月 6日 (水)

仙台・宮城の地域映画「アヒルと鴨のコインロッカー」

アヒルと鴨のコインロッカー DVD アヒルと鴨のコインロッカー

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2008/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」(中村義洋監督)

出演は、濱田岳、瑛太、関めぐみ、大塚寧々、松田龍平、関暁夫、キムラ緑子ほか。

主題歌は、ボブディランの名曲「風に吹かれて」

(ボブディランの原盤使用はなかなか許可がでないが、今回はボブディラン側が作品の内容に共感して、特別に認めてくれたそうだ。)

ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン Music ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン

アーティスト:ボブ・ディラン
販売元:ソニーレコード
発売日:1997/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

また、ストーリー展開は複雑で、映像化が困難といわれていたが、練られた脚本がそれを可能にしている。(脚本は、鈴木謙一、中村義洋。)

映画を見終わった後に、じわじわ何かが効いてきて、それが何かを知りたくて、また見たくなるような不思議なパワーがこの映画にはある。

(東京の恵比寿ガーデンシネマで19週間のロングランを記録したヒット作。)

原作は、伊坂幸太郎著「アヒルと鴨のコインロッカー」

伊坂幸太郎さんは東北大学出身で仙台市在住、撮影も仙台・宮城でオールロケ。

その上、上映も仙台で先行上映され、仙台名物の「牛タン」が画面に登場するなど、まさに仙台・宮城の地域映画。

ロケ地は、仙台市・塩竈市・東松島市・白石市・加美町など。

仙台駅、歩坂町(アパートのあるところ)、八木山動物公園、東北学院大学、厚生年金病院、靴のささき、塩竃市の多賀城高校の近くにある「ブックスなにわ」、白石のボーリング場「ビックボウル」など。

公式サイトにロケ地マップが載っている。

エンドロールも仙台・宮城であふれている。

ロケーション協力は、

仙台市、宮城県、東松島市、せんだい・宮城フィルムコミッション

撮影協力は、

東北学院大学仙台市立名坂小学校聖ウルスラ学院英智高等学校、(社)全国社会保険協会連合会東北厚生年金病院、仙台市交通局、仙台市八木山動物公園、仙台メディアテーク、(株)BOOKSなにわ、ビッグボウル白石店、ラヴィ・デ・チェーン、日本動物専門学院。

協力は、

日本ブータン友好協会、エスペランサ靴学院、東北学院大学映画部、東北大学学友会映画部DE・PALMA、(株)伊達の牛たん本舗、(株)ささ圭など。

製作委員会は、

アミューズソフトエンタテインメント、スカパー・ウエルシンク、デスペラード、ダブ、読売広告社、東日本放送河北新報社

|

« 映画「人生は、奇跡の詩」、イラクのシーンは北アフリカはチュニジア共和国のチュニス、トゥズール、ガフサ、ネフサなど。 | トップページ | 映画「キッズ・リターン」、書籍「淀川長治の究極の映画ベスト100」、寺岡精工、後楽園ホール、金子ボクシングジム、なんばグランド花月など。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台・宮城の地域映画「アヒルと鴨のコインロッカー」:

« 映画「人生は、奇跡の詩」、イラクのシーンは北アフリカはチュニジア共和国のチュニス、トゥズール、ガフサ、ネフサなど。 | トップページ | 映画「キッズ・リターン」、書籍「淀川長治の究極の映画ベスト100」、寺岡精工、後楽園ホール、金子ボクシングジム、なんばグランド花月など。 »