« 新潟市がロケ地の映画「愛してよ」、日本各地の空のことなど。 | トップページ | サポーター制度「ひとコマもがり」の映画「殯の森」、ロケ地は奈良市の田原地区(田原フィルムコミッションが支援)・春日奥山・東向北商店街・月ヶ瀬、東吉野村、西吉野村など。 »

2008年1月14日 (月)

「ランナウェイ方式」で撮影された映画「島の女」、ロケ地はギリシャ。

映画「島の女(Boy on a Dolphin)」(ジーン・ネグレスコ監督)

出演は、ソフィア・ローレン、アラン・ラッド、クリフトン・ウェッブほか。

昭和32年(1957年)に公開。

主題歌の「イルカに乗った少年」の原曲はギリシャの「ティナフト」という民謡。

20世紀フォクスが製作したいわゆるハリウッド映画だが、ロケ地はギリシャ。

第2次世界大戦の後、マーシャルプランが実施され、海外にある米ドルが凍結されて米国内への持ち込みが禁止された。

そのために、1950年代には世界各地でロケが行われた。

(ハリウッドの映画会社が海外に配給した利益を米国内に送金できなくなったために、その海外で凍結された資金を海外の現地で使ってロケ撮影が行われた。)

世界各地でロケをするこの方式を当時は「ランナウェイ方式」と呼んでいた。

ロケ地は、

ギリシャのAegaian Islands

スタジオはイタリアはローマのCinecittà Studios

ちなみに、「ランナウェイ方式」で撮影された映画には、

1953年の「ローマの休日」(ウィリアム・ワイラー監督)、1954年の「愛の泉」(ジーン・ネグレスコ監督)、1955年の「慕情」(ヘンリー・キング監督)、1956年の「空中ブランコ」(キャロル・リード監督)、1957年の「ベンハー」(ウィリアム・ワイラー監督)などがある。

Dsc03031

写真はハリウッドのスタジオで撮影。(パラマウントピクチャーズ)

|

« 新潟市がロケ地の映画「愛してよ」、日本各地の空のことなど。 | トップページ | サポーター制度「ひとコマもがり」の映画「殯の森」、ロケ地は奈良市の田原地区(田原フィルムコミッションが支援)・春日奥山・東向北商店街・月ヶ瀬、東吉野村、西吉野村など。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ランナウェイ方式」で撮影された映画「島の女」、ロケ地はギリシャ。:

« 新潟市がロケ地の映画「愛してよ」、日本各地の空のことなど。 | トップページ | サポーター制度「ひとコマもがり」の映画「殯の森」、ロケ地は奈良市の田原地区(田原フィルムコミッションが支援)・春日奥山・東向北商店街・月ヶ瀬、東吉野村、西吉野村など。 »