« 映画「世界で一番パパが好き」のロケ地、ニュージャージー州、ペンシルバニア州(フィラデルフィア・ハバータウン)、マンハッタン、カナダのトロントなど。 | トップページ | 臼杵映画「なごり雪」 »

2008年1月23日 (水)

ソ連でロケされた映画「ひまわり」、シェレメーチエヴォ国際空港近くのひまわり畑、赤の広場、レーニン廟、グム百貨、レーニンスタジアムなど。

ひまわり《デジタルリマスター版》 DVD ひまわり《デジタルリマスター版》

販売元:東北新社
発売日:2005/06/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ひまわり(I GIRASOLI:SUNFLOWER)」(ヴィットリオ・デ・シーカ監督)

出演は、ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニほか。

プロデューサーは、ソフィア・ローレンと結婚したカルロ・ポンティ。

音楽は、ヘンリー・マンシーニ。

1970年のイタリア映画でまさに名作中の名作。

ちなみに、プロデューサーのカルロ・ポンティは、離婚を禁じるイタリアの法律によって前妻との離婚が成立しないまま、ソフィア・ローレンと結婚して1957年に重婚罪で起訴されているのだが、(1968年に無罪)、それもあって、映画「ひまわり」では重婚の悲劇が描かれている。

ロケ地は、ソ連など。

当時のソ連は、外国人の行動がきびしく規制され、ロケのスタッフたちはモスクワのクレムリンから80km以上離れて行動することは出来なかったという。

赤の広場にあるレーニン廟に詣でるそれの人々、広大なひまわり畑、観衆に沸くレーニンスタジアム、ゴリキー通り(現:トヴェルスカヤ通り)、当時は国営百貨店の「グム百貨店」、モスクワ川にかかる地下鉄の「ウニヴェルシテート駅」などが映っている。

あの広大なひまわり畑は「シェレメーチエヴォ国際空港」の近くだったようだ。

(参考資料:日野康一「ひまわり」解説書)

|

« 映画「世界で一番パパが好き」のロケ地、ニュージャージー州、ペンシルバニア州(フィラデルフィア・ハバータウン)、マンハッタン、カナダのトロントなど。 | トップページ | 臼杵映画「なごり雪」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソ連でロケされた映画「ひまわり」、シェレメーチエヴォ国際空港近くのひまわり畑、赤の広場、レーニン廟、グム百貨、レーニンスタジアムなど。:

« 映画「世界で一番パパが好き」のロケ地、ニュージャージー州、ペンシルバニア州(フィラデルフィア・ハバータウン)、マンハッタン、カナダのトロントなど。 | トップページ | 臼杵映画「なごり雪」 »