« 台湾と日本、映画「悲情城市」と司馬遼太郎「街道をゆく(40)台湾紀行」、映画の舞台は基隆(Keelung)など、ロケ地は九分(Jiu Fen)など。 | トップページ | 映画「さびしんぼう」。尾道市の中央商店街、西願寺、栗原川、福本渡船、向島の津部田の坂道、因島の土生港など。 »

2007年12月28日 (金)

映画「あの夏、いちばん静かな海」、ロケは横須賀市、千倉町(現在の南房総市)、東京湾フェリー、京浜急行バスほか。

あの夏、いちばん静かな海。 DVD あの夏、いちばん静かな海。

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「あの夏、いちばん静かな海」(企画・脚本・監督・編集は北野武)

出演は、真木蔵人、大島弘子、河原さぶほか

音楽は久石譲。プロデューサーは森昌行。

主人公のセリフがなく、押しつけがない、それでいて豊かな感情が満ちている。

寄り添うということの切なさと美しさが素直に伝わってくる作品。

この映画が制作された年は、意外にも世の中がお祭り騒ぎのバブル期(1991年)で、あの時代に、聾唖の青年とその恋人を描いた、このように静かで切ない映画が制作されたことが、ただそれだけで美談のようでもある。

故・淀川長治氏はこの映画を見て、北野武監督が好きになったと聞いた。

撮影協力は、

京浜急行電鉄(株)(京浜急行バスが映っている。)

観音崎京急ホテル

東京湾フェリー(大会に行くシーン)

シーサイドホテル千海荘

木造りの宿「天乃家」

HOTEL千倉

千葉県・千倉町役場(現在は南房総市)

それから、横須賀市。(映画のサーフショップは三浦半島にある。)

また、千葉サーフ・ユニオンなどが参加している。

Dsc02651

写真は、横須賀市で撮影した海。

|

« 台湾と日本、映画「悲情城市」と司馬遼太郎「街道をゆく(40)台湾紀行」、映画の舞台は基隆(Keelung)など、ロケ地は九分(Jiu Fen)など。 | トップページ | 映画「さびしんぼう」。尾道市の中央商店街、西願寺、栗原川、福本渡船、向島の津部田の坂道、因島の土生港など。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「あの夏、いちばん静かな海」、ロケは横須賀市、千倉町(現在の南房総市)、東京湾フェリー、京浜急行バスほか。:

« 台湾と日本、映画「悲情城市」と司馬遼太郎「街道をゆく(40)台湾紀行」、映画の舞台は基隆(Keelung)など、ロケ地は九分(Jiu Fen)など。 | トップページ | 映画「さびしんぼう」。尾道市の中央商店街、西願寺、栗原川、福本渡船、向島の津部田の坂道、因島の土生港など。 »