« 11月24日は川口市へ、川口ゆかりの映像作品が上映される「早稲田・川口アートフェスティバル」 | トップページ | オーストラリアの海が美しい映画「ACRI」、イルカとの異種間コミュニケーションのこと »

2007年11月21日 (水)

映画「萌の朱雀」の奈良県西吉野村(現:五條市)

萌の朱雀 DVD 萌の朱雀

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「萌の朱雀」(河瀬直美監督)

1997年度カンヌ国際映画祭でカメラドールを受賞。

プロデューサーは、仙頭武則、小林広司

出演は、國村 隼(父)、和泉幸子(祖母)、神村泰代(母)、柴田浩太郎・(子役:向平和文)(父方の伯母の子、わたしの従兄弟)、尾野真千子・(子役:山口沙弥加)(わたし・女の子)ほか。

(家族関係はみちる(女の子)役を一人称にして上記に括弧で示した。)

映画の舞台でありロケ地でもある奈良県西吉野村の緑が美しい。

西吉野村は林業の村、典型的な中山間地域である。

その奥深い緑のなかで暮らしている家族を描いた映像の叙情詩。

一度見ただけでは、家族関係やあらすじがはっきりとはつかめなかったほどに、押しつけがなく、それでいて深い感性が秘められた作品。

観客側と制作側の関係が双方向で、見る側が考える余地を残していて、こういう映画は心にいつまでも残る。

もし、この作品はフィクションではなく、ドキュメンタリーだといわれたら、

「そうですか、やっぱり、ドキュメンタリーですか。」

などと素直に信じてしまいそうなほどに現実感がある作品で、林業で暮らす中山間地域の現実を浮き彫りにしている。

以前、河瀬直美監督がトークショーで

「現実に寄り添いたい。」

「待つ」

「43日間も山に入った」などと話されていた。

シネマ紀行というページにロケ地の写真が載っている。

「平雄にある家族が暮らした家」

「印象的な黒淵の吊り橋」

「賀名生(あのう)のバス停」

五條高等学校賀名生分校など。

一度行ってみたくなった。

エンドロールの撮影協力には、

奈良県吉野郡西吉野村

西吉野林業組合、西吉野村議会、セミナーハウスきすみ館、村営にしよしの荘、

大峯山洞川温泉観光協会、立川渡すすき献灯実行委員会など。

キャストには、五條高等学校賀名生分校の生徒たち、和田屋那瀬子供会、西吉野村のみなさんの名前があり、まさに奈良県吉野郡西吉野村が映画制作をささえている。

|

« 11月24日は川口市へ、川口ゆかりの映像作品が上映される「早稲田・川口アートフェスティバル」 | トップページ | オーストラリアの海が美しい映画「ACRI」、イルカとの異種間コミュニケーションのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「萌の朱雀」の奈良県西吉野村(現:五條市):

» ( 映画制作 )についての最新のブログのリンク集 [クチコミコミュニケーション]
映画制作に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると… [続きを読む]

受信: 2007年11月21日 (水) 05時20分

« 11月24日は川口市へ、川口ゆかりの映像作品が上映される「早稲田・川口アートフェスティバル」 | トップページ | オーストラリアの海が美しい映画「ACRI」、イルカとの異種間コミュニケーションのこと »