« 映画「萌の朱雀」の奈良県西吉野村(現:五條市) | トップページ | 映画「トトオ」のブルー »

2007年11月22日 (木)

オーストラリアの海が美しい映画「ACRI」、イルカとの異種間コミュニケーションのこと

ACRI デジタルリマスター【初回生産限定価格】 DVD ACRI デジタルリマスター【初回生産限定価格】

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/12/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ACRI」(石井竜也監督)

脚本は岩井俊二、プロデューサーは河井真也。

出演は、江口洋介、浅野忠信、吉野公佳、ロン・グラハム、藤竜也ほか。

オーストラリアの海が舞台となっている。

ロケ地もオーストラリア。

queenland,

South west rocks

スタジオもオーストラリアで

Warner Roadshow Studios gols coast australia

海が好きな人、ダイバーにはおすすめの映画。

私はダイバーなので、海を見ているだけでも楽しい。

この映画を見て、ダイビングを始めた頃のことを思いだした。

海の中の無重力状態。

その心地よさに、「ひょっとしたら生まれる前に羊水(胎児を保護している)中で育ったことを、今でも体が覚えているのではないか。」と思ったことがある。

「羊水の中で人間は進化の過程を経るが、そのことは人間が一時期、水性哺乳類であるということ。」だと以前ある専門家から聞いた。

また、1999年に素潜りで世界的に有名なジャック・マイヨールと与那国島でお会いし、一緒にお食事などしたことがあるが、彼はイルカから素潜りを習ったことで知られている。

イルカと人間の異種間コミュニケーション。

人間の可能性を限りなく感じる。

人魚がでてくるこの映画。

私にとっては、現実的なファンタジー。

Dsc04003

写真は、渡嘉敷島でダイビングをしたとき撮影。

|

« 映画「萌の朱雀」の奈良県西吉野村(現:五條市) | トップページ | 映画「トトオ」のブルー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアの海が美しい映画「ACRI」、イルカとの異種間コミュニケーションのこと:

« 映画「萌の朱雀」の奈良県西吉野村(現:五條市) | トップページ | 映画「トトオ」のブルー »