« 首都圏にあるいくつものフィルムコミッションが撮影協力した映画「それでもボクはやってない」 | トップページ | ドミニカ共和国でロケ撮影が行われた映画「ミラクルバナナ」 »

2007年11月16日 (金)

六本木商店街振興組合が撮影協力した映画「バブルへGO」

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション DVD バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/08/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「バブルへGO」(馬場康夫監督)

製作は亀山千広。

エグゼクティブプロデューサーは、清水賢治、石原隆、林紀夫。

プロデューサーは、宮澤徹、種田義彦、和田倉和利、蔵本憲昭、仁科昌平。

電通やフジテレビなどの社員プロデューサーの名前がある。

(電通同期入社の懐かしい名前を見つけた。)

出演は、広末涼子、阿部寛、薬師丸ひろ子、吹石一恵、劇団ひとりほか。

17年間で時代がどれほど変わったのかがよくわかるコメディータッチの作品。

特別協賛にHITACHI。

撮影協力には

六本木商店街振興組合

六本木ヒルズ

赤坂プリンスホテル

東京海洋大学

いばらきフィルムコミッション

富士の国やまなしフィルムコミッションなどが記されている。

|

« 首都圏にあるいくつものフィルムコミッションが撮影協力した映画「それでもボクはやってない」 | トップページ | ドミニカ共和国でロケ撮影が行われた映画「ミラクルバナナ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六本木商店街振興組合が撮影協力した映画「バブルへGO」:

« 首都圏にあるいくつものフィルムコミッションが撮影協力した映画「それでもボクはやってない」 | トップページ | ドミニカ共和国でロケ撮影が行われた映画「ミラクルバナナ」 »