« 映画「用心棒」とガンジス川 | トップページ | 映画とテレビ、映画「赤ひげ」とテレビ「バラエティ」と小石川植物園 »

2007年10月27日 (土)

第20回東京国際映画祭の映画「さくらんぼ 母の愛」

映画「さくらんぼ 母の愛」(チャン・ヂャーベイ監督)

第20回東京国際映画祭の参加作品。

製作総指揮は、レン・チョンルン、ワン・ティエンユン、シー・カ、小畑真登、原澤富雄。

プロデューサーは、ミ・ズ、三輪由美子。

日中合作の映画で、日本からはプロデューサーの三輪由美子氏(前掲)、撮影の丸池納氏、音楽の安田芙充央氏らが参加してる。

とてもいい映画だった。

舞台挨拶をされた、主演女優のミャオ・プゥさん。

映画では、知的障害を持つ母親役であるのだが、映画が始まってからしばらくの間、舞台挨拶をしていた華やかな女優と知的障害を持つ映画の主人公がどうしても重ならない。

その演技に圧倒されてしまった。

ストーリーは奥が深く、その映像も美しい。

Dsc00363

(写真は、第20回東京国際映画祭のポスター。TOHOシネマのある六本木ヒルズで撮影。)

|

« 映画「用心棒」とガンジス川 | トップページ | 映画とテレビ、映画「赤ひげ」とテレビ「バラエティ」と小石川植物園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第20回東京国際映画祭の映画「さくらんぼ 母の愛」:

« 映画「用心棒」とガンジス川 | トップページ | 映画とテレビ、映画「赤ひげ」とテレビ「バラエティ」と小石川植物園 »