« 映画「ゲロッパ!」のロケ地、爽やかな蒲郡市 | トップページ | 映画「スカイハイ劇場版」のロケ協力 »

2007年10月 1日 (月)

映画「瀬戸内少年野球団」のロケ地、真鍋島や北木島など

夏目雅子さん主演の映画「瀬戸内少年野球団」(篠田正浩監督)

夏目雅子さんの明るさが、キラキラした瀬戸内の風景と重なって、いわゆる「地域映画」といわれている作品。 映画の舞台は阿久悠さんの出身地の淡路島。

ロケ撮影は、阿久悠さんの故郷、その淡路島の西岸を考えたのだが、撮影当時(映画公開は1987年)、そのあたりは近代化されていて1940年代の風景を撮影することが難しかったらしい。

そこで、真鍋島や北木島など、淡路島に近い笠岡諸島で撮影されることになったという。

Dsc00085

写真は瀬戸内海で撮影。(ロケ撮影が行われた笠岡諸島周辺ではありません。)

篠田監督といっしょにスタッフがロケハンにでかけた。 その範囲は瀬戸内海にとどまらず、日本海にまで及んだという。約30カ所の漁港を見て回ったらしい。

その末、真鍋島に決まったようである。

(月刊「You」ロケ取材号にこのことが掲載されている。)

|

« 映画「ゲロッパ!」のロケ地、爽やかな蒲郡市 | トップページ | 映画「スカイハイ劇場版」のロケ協力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「瀬戸内少年野球団」のロケ地、真鍋島や北木島など:

« 映画「ゲロッパ!」のロケ地、爽やかな蒲郡市 | トップページ | 映画「スカイハイ劇場版」のロケ協力 »