« 日本のフィルムコミッションは124を超える。 | トップページ | 日本のフィルムコミッションは125を超える。 »

2007年10月15日 (月)

ご当地映画、地域映画の傑作、映画「佐賀のがばいばあちゃん」

佐賀のがばいばあちゃん トークショー DVD 佐賀のがばいばあちゃん トークショー

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「佐賀のがばいばあちゃん」(倉内均監督)

出演は、吉行和子、工藤夕貴、緒形拳、 三宅裕司など。

何よりストーリーがよかったし、俳優たちの演技もすばらしい。

ロケ地は、

佐賀県神埼町の商店街の一角、鍵屋さんの裏手。

そこに、がばいばあちゃんの家の渡り廊下と小屋となった舞台がある。

(3ヶ月に渡るロケハンで探し出したらしい。)

ロケ撮影の前に、川を掃除し屋根に苔をひいて建物の風格を演出。そして、かまど、ポンプ式の井戸、石段、桟橋などを新たにつくったそうだ。

それから、がばいばあちゃんの町をつなぐ橋。

ロケ地は、福岡県柳川市壇平橋(だんぺいばし)。

木造で、雰囲気があり、撮影もできる橋。

舗装された橋の表面に土を巻き、現代的な部分は隠して、看板や電柱などをつかって昭和30年代当時の様子を再現している。

(昭和40年冬の場面になると、トヨペット(国産車)が登場する(橋を通過している)など、その演出は凝っている)

撮影協力には、佐賀大学附属中学校、佐賀市立北山中学校、佐賀大学付属小学校、佐賀市赤松校区のみなさん、佐賀市立本庄小学校・日新小学校・城西中学校、東与賀町東与賀小学校など。

エンドドールには、

佐賀県、佐賀市、神崎町、有田町、佐賀県教育委員会、有田町教育委員会、佐賀県フィルムコミッション

それから、福岡県は柳川市

広島市は、広島フィルムコミッション、広島市教育委員会

さらには、高崎フィルムコミッション

エキストラ出演には、佐賀市柳町・蓮池町・道祖元町、神埼郡神埼町、西松浦郡有田町、佐賀市立城西中学校・昭栄中学校、川副町立川副中学校、小城私立三日月中学校、佐賀県庁エキストラチーム、福岡県柳川市のみなさん。佐賀県のみなさん。

「佐賀青年会議所にご支援いただいた方々」として、

個人、企業などの名前がずっと並び、

「製作にご支援いただいた方々」としても

個人名や企業名が挙がっている。

まさに、ご当地映画、地域映画の傑作の一つ。

|

« 日本のフィルムコミッションは124を超える。 | トップページ | 日本のフィルムコミッションは125を超える。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご当地映画、地域映画の傑作、映画「佐賀のがばいばあちゃん」:

« 日本のフィルムコミッションは124を超える。 | トップページ | 日本のフィルムコミッションは125を超える。 »