« 映画「ビルマの竪琴」のロケ地、タイランド | トップページ | 映画「ダ・ヴィンチ・コード」のロケ地、パリ・ロンドン・エジンバラなど »

2007年10月24日 (水)

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の日本橋シーンの離れ技、ロケセットは茨城県潮来市など

ALWAYS 続・三丁目の夕日 ナビゲートDVD 続・夕日町のひみつ DVD ALWAYS 続・三丁目の夕日 ナビゲートDVD 続・夕日町のひみつ

販売元:バップ
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(山崎貴監督)

出演は、吉岡秀隆、 薬師丸ひろ子、小雪、堤真一、堀北真希、もたいまさこ他。

昭和34年の風景をCGを駆使して再現した映画。

日本のVFX、日本のポスプロ、制作体制は少人数ながらも離れ技。

その技によって、映画では高速道路のない日本橋を見ることが出来る。

その日本橋のシーン。

実写(ロケセット)、1/24のミニチュア、そしてCGを合わせて作られている。

(例えば、日本橋のライオンの飾りはCG、橋の汚れは実写。CGでよごれを入れるのは難しいらしい。)

ちなみに、日本橋のロケセットは霞ヶ浦の畔に造られた。(茨城県潮来市

ロケ撮影は潮来市だが、リハーサルは日本橋を午前中一杯半分封鎖(歩道と一車線)して役者たちは実感をつかんだそうだ。

(リハーサルは地域の祭りでもあるから、日本橋を半分封鎖できた。)

Dsc00289

Dsc00288

写真は、昭和30年代のミニチュア。(映画を制作した「白組」の展示ブースで撮影。)

|

« 映画「ビルマの竪琴」のロケ地、タイランド | トップページ | 映画「ダ・ヴィンチ・コード」のロケ地、パリ・ロンドン・エジンバラなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の日本橋シーンの離れ技、ロケセットは茨城県潮来市など:

« 映画「ビルマの竪琴」のロケ地、タイランド | トップページ | 映画「ダ・ヴィンチ・コード」のロケ地、パリ・ロンドン・エジンバラなど »