« 映画「山椒大夫」のロケ地 | トップページ | 映画「蜘蛛巣城」のロケ地、奈良県の「春日奥山」 »

2007年9月24日 (月)

映画製作の歴史を知る一級資料、ドキュメンタリー映画「ある映画監督の生涯」

新藤兼人アンソロジーIII DVD 新藤兼人アンソロジーIII

販売元:パイオニアLDC
発売日:2001/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「ある映画監督の生涯」(新藤兼人監督)

溝口健二監督の生涯を追ったドキュメンタリー映画。

映画製作の裏舞台を垣間見るこことができる作品。

溝口健二監督は、東京の湯島天神の近くで育ち、台東区の石浜小学校を卒業。

日活向島撮影所が関東大震災にあい、京都撮影所へ移り、東京から京都へ引っ越している。

この映画をみると、西鶴一代女、雨月物語、山椒大夫のヴェネチア国際映画祭受賞作品は、それまで数多くの作品を製作しながら試行錯誤を繰り返すことによって生み出されたものであることがわかる。

今ではなかなか聞けないような逸話が多く、時代を映しだした一級資料。

女優の田中絹代やカメラマンの宮川一夫など、数多くの貴重なインタビューで構成されている。

|

« 映画「山椒大夫」のロケ地 | トップページ | 映画「蜘蛛巣城」のロケ地、奈良県の「春日奥山」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画製作の歴史を知る一級資料、ドキュメンタリー映画「ある映画監督の生涯」:

« 映画「山椒大夫」のロケ地 | トップページ | 映画「蜘蛛巣城」のロケ地、奈良県の「春日奥山」 »