« 映画「秋刀魚の味」とスタジオ撮影 | トップページ | 映画「インデペンデンス・ディ」と「幸せのちから」でわかるアメリカの世界観 »

2007年8月26日 (日)

映画「二十四の瞳」の子供たち

「二十四の瞳」~イメージアルバム 懐かしき唱歌の調べ~木下恵介の世界 Music 「二十四の瞳」~イメージアルバム 懐かしき唱歌の調べ~木下恵介の世界

アーティスト:サントラ,ダークダックス,ポリドール混声合唱団
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2007/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

木下恵介監督の「二十四の瞳」

主演の高峰秀子をはじめ、笠智衆、田村高廣、 月丘夢路などの名演もさることながら、子供たちがすばらしい。

映画では、1年生の子供たちが、ちゃんと6年生に成長している。

何年もかけて撮影したのかと不思議に思っていたが、

どうやら、子供の成長を待って撮影したのではなく、実の兄弟姉妹が5年後の6年生役を演じているそうだ。

最近は一人っ子ばかりだから、今ではそう簡単には行かないに違いない。

映画では風光明媚な瀬戸内海の風景が存分に楽しめる。

小豆島や四国の高松市、金比羅神社などがロケ地になっている。

Dsc02506

写真は、金比羅神社で撮影した参道。

戦争に突入していく時代、瀬戸内海の明るさとは対照的に、小学校の現場で起こる言論統制の様子が実にリアルで怖い。

アカの烙印をおされたという「草の実」という文集には、いったいどんなことが綴られていたのだろうか。

|

« 映画「秋刀魚の味」とスタジオ撮影 | トップページ | 映画「インデペンデンス・ディ」と「幸せのちから」でわかるアメリカの世界観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「二十四の瞳」の子供たち:

« 映画「秋刀魚の味」とスタジオ撮影 | トップページ | 映画「インデペンデンス・ディ」と「幸せのちから」でわかるアメリカの世界観 »