« ニューメキシコ州のガソリン税は映画の資金 | トップページ | 1市町村1ドラマ(岩手県東和町「牛とコスモス」のDVDから) »

2007年6月11日 (月)

「北の国から」が観光客の増加につながった要因

テレビドラマ「北の国から」。

ロケ地の観光といえば、まず第一にあがるドラマである。

国土交通省総合政策局観光部が2003年3月にまとめた調査

「ロケーション撮影による地域経済効果の推計手法等に関する調査」でも、

ロケ地を訪ねる旅行先として、北海道富良野市が23.8%と最も多くなっており、そのきっかけとなった映像作品が「北の国から」が挙がっている(同23.8%)。

北の国から 2002 遺言 DVD 北の国から 2002 遺言

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/06/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それでは、どうして「北の国から」は観光客増加につながったのだろうか。

その要因として、

・いわゆるシリーズものであり、21年という長期にわたって富良野が舞台になったこと。

・「北の国から2002遺言」の前編が38.4%、後編が33.6%と視聴率の高い作品であったこと。

・映像に富良野の美しい自然をふんだんに盛り込んでいること。

・ロケ撮影のセットが保存されていること。

・北海道ではレンタカーを利用して旅行することが多く、レンタカー等にのってロケ地に行きやすかったと考えられること(交通アクセスがよかったこと)

・ロケ地のセットに喫茶店やお土産屋さんが併設され、観光スポットにもなっていること。

・「北の国から」はそのほどんどがスタジオ撮影でなく、ロケーション撮影であったこと。

・ドラマが家族愛をテーマにしており、立ち寄りたくなるドラマであったこと。

・旅行雑誌、テレビ雑誌など、多くの媒体で「北の国から」とその舞台である富良野が取り上げられたこと。

ふらの観光協会のホームページで詳しく紹介していること。

・富良野駅前に「北の国から」資料館を開設していること。

などが考えられる。

|

« ニューメキシコ州のガソリン税は映画の資金 | トップページ | 1市町村1ドラマ(岩手県東和町「牛とコスモス」のDVDから) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「北の国から」が観光客の増加につながった要因:

« ニューメキシコ州のガソリン税は映画の資金 | トップページ | 1市町村1ドラマ(岩手県東和町「牛とコスモス」のDVDから) »