« ユニバーサルスタジオ、「宇宙戦争」のオープンセット | トップページ | 「北の国から」が観光客の増加につながった要因 »

2007年6月 8日 (金)

ニューメキシコ州のガソリン税は映画の資金

米国ニューメキシコ州のガソリン税は映画製作の資金になっている。(米国のプロデューサーから聞いた。)

世界各国、フィルムコミッションの情報提供は無料で行っているが、それを可能としているのは基本的には税金である。

税金を投入(投資)すれば、地域が活性化し、それによって税金がまた戻ってくる。

これは、経済の一般的なしくみなのだが、映画のロケ誘致についてみると、このあたりの感覚が海外と日本では大分違っているようである。

経済一辺倒の時代ではないが、公共工事、工場誘致、さらにはイベント等だけではなく、映画などのコンテンツ産業についても、もう少し詳しく、それらが社会・経済へ及ぼす影響について考える時代になってきているようである。

Dsc03196

フィルムのケース。(パラマウントスタジオでいただいたもの。)

|

« ユニバーサルスタジオ、「宇宙戦争」のオープンセット | トップページ | 「北の国から」が観光客の増加につながった要因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューメキシコ州のガソリン税は映画の資金:

« ユニバーサルスタジオ、「宇宙戦争」のオープンセット | トップページ | 「北の国から」が観光客の増加につながった要因 »