« 映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のロケ地 | トップページ | ボローニャの考え方~文化力は経済力 »

2007年5月21日 (月)

ボローニャフィルムコミッション

ボローニャには「ボローニャフィルムコミッション」がある。

このフィルムコミッションは、若者向けの番組制作ワークショップを開講しているという。

引きこもる若者(日本ではニートと呼ばれている)に、番組制作を教えることで、社会との繋がりを再構築させようという試みである。

一般的なフィルムコミッションは、地域の情報提供などを手がけているが、ボローニャではワークショップで番組制作を学習し、さらには制作現場の手伝いまでしている。

それによって、若者の社会人教育をしているのである。

今の若者は映画やテレビには目がないので、募集するとすぐに人は集まるそうで、彼らが制作現場の足手まといにならなければ、良いアイデアでないかと思う。

|

« 映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のロケ地 | トップページ | ボローニャの考え方~文化力は経済力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボローニャフィルムコミッション:

« 映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のロケ地 | トップページ | ボローニャの考え方~文化力は経済力 »