« 「硫黄島からの手紙」のロケ地 | トップページ | 「ロケーション撮影の日米比較1」 »

2007年4月 9日 (月)

「男はつらいよ」の式根島

映画「男はつらいよ」の第36作「柴又より愛を込めて」で、タコ社長の娘(あけみ)と寅さんが旅をするのが伊豆諸島の式根島である。寅さんは島の小学校の教師である真知子先生(マドンナは栗原小巻)に恋をするのであるが、壺井栄の「二十四の瞳」に掛けたのか、島に帰郷する同窓生が11人でそれに寅さんが加わって12人という設定である。また、同小説のように真知子先生は自転車に乗っている。式根島は風光明媚な島で、その撮影は島の各所で行われている。写真は、撮影場所の一つとなった「地鉈(じなた)温泉」である。

Dsc00703

|

« 「硫黄島からの手紙」のロケ地 | トップページ | 「ロケーション撮影の日米比較1」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「男はつらいよ」の式根島:

« 「硫黄島からの手紙」のロケ地 | トップページ | 「ロケーション撮影の日米比較1」 »