« 「長崎ぶらぶら節」のロケ地を訪ねて | トップページ | 八丈島を舞台にした映画「るにん」 »

2007年4月20日 (金)

「長崎ぶらぶら節」のロケ地を訪ねて2

「長崎ぶらぶら節」の主人公である愛八が参拝した梅園天神の続きである。

江戸時代には、丸山の遊女たちも自分の生活に苦労がないことを願って参拝したようである。

また、昭和40年頃まで丸山の芸者さんたちも、身代りを「みがわり」でなく「みだい」と読んで、よくお参りをしたそうで、愛八もその内の一人であったようだ。

その梅園天神の境内を入って右側に、井戸のような柵(玉垣)がある。

傍らの解説によると、彼女たちは家で食べた梅干しの種を「天神さま」と呼んでわざわざこの玉垣の中に持ってきたとある。

Dsc06402

中を覗くと、確かに梅干しの種がころころと転がっている。今でも、誰かが梅干しの種を持ってきているのであろう。

Dsc06404

本殿の右側に鳥居7つ並んでいる。見ると「正一位 七力大明神」とある。

Dsc06403

よくある鳥居であるが、どこか可愛らしかった。

Dsc06408

神社の左側には、天満宮がある。

この天満宮の文字を指でなぞると、字が上達するといわれているそうである。

天満宮は天満天神(菅原道真)をまつった神社の宮号(みやごう)だから、こちらも菅原道真公にあやかりたいということだろうか。

Dsc06409

その横に「ぼけ封じ撫で牛」があった。この牛を撫でるとぼけないという。

Dsc06413

神社の真ん中にある「撫で牛」である。これも「頭部を撫でると知恵がつく」らしい。

菅原道真公が丑年うまれであること、無くなったときにご遺骸を牛車に載せて運んだとこと、天神信仰は始め農耕の神として発展し、牛が農耕のシンボルであったことなどから、牛が奉られているのだろう。

実に楽しい参拝であった。

私は、このような屈託がなくて愉快で楽しい神社は今まで見たことがない。日本は広いから、きっと他にもこういった愉快な神社があるのかもしれないが、その後もお目にかかっていない。もしご存じの方があれば、お教えいただきたいところである。

|

« 「長崎ぶらぶら節」のロケ地を訪ねて | トップページ | 八丈島を舞台にした映画「るにん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「長崎ぶらぶら節」のロケ地を訪ねて2:

» 国際交流最古参の地 ―長崎 [ニッポンを売る!]
毎年10月7日から9日まで「長崎くんち」が行なわれる。 (船大工町の川船)   9月9日の重陽節に行なわれたので「くにち」が「おくんち」になったものと言われて [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 07時45分

« 「長崎ぶらぶら節」のロケ地を訪ねて | トップページ | 八丈島を舞台にした映画「るにん」 »