« 「ブラック・レイン」の大阪 | トップページ | 東京ロケーションボックスの硫黄島 »

2007年4月10日 (火)

「ナビィの恋」の粟国島

時々、好きな映画のロケ地を訪ねることがある。それだけが目的でその地に行くことはないのだが、ロケ地の近くに仕事や趣味のダイビングなどで行ったときに、ちょっと立ち寄ったりしている。

Dsc07450 

(写真は、「ナビィの恋」のロケセットとして使われた集会所「大濱倶楽部」。粟国島(あぐにじま)で撮影。明るい黄色が目立っているが、それがいかにも南国の島らしく不思議と気にならない。映画ではお店(大濱商店)になっていた。この真っ黄色な建物の様子が、足早な雲の流れと相俟って、熱情的にオペラを歌う、映画の狂おしいシーンと妙に重なった。)

このように、私のような者がロケ地を訪れることもあって、全国各地で映画やテレビドラマ、並びにコマーシャルフィルム(CF)などのロケーション撮影の誘致が活発に行われている。

全国フィルム・コミッション連絡協議会というフィルムコミッションの全国的な連絡協議会もあって、そこには95の団体が所属している。(平成19年2月6日現在。)

さっぽろフィルムコミッションなどはとても活発に活動され、多くの実績もあると聞いた。

世界を見ても、国際フィルムコミッション協会という組織があり、そこには世界41カ国から307(全国フィルムコミッション連絡協議会のホームページによる)の団体が加盟しているようである。

とにもかくにも、それら各地のフィルムコミッションは、海外や国内からのロケーション撮影を支援することでその誘致をし、地域経済、観光、並びに文化等の活性化を目指している。

調べると、文化庁も映画制作者向けに「全国ロケーションデータベース」を構築し、全国各地のロケ地選定の参考にと、その情報検索ができるようになっていて、なかなか便利である。

試しに、このデータベースに「島」というキーワードで検索をかけると、581件も抽出された。

(ロケ地について2につづく)

|

« 「ブラック・レイン」の大阪 | トップページ | 東京ロケーションボックスの硫黄島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361408/5975709

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナビィの恋」の粟国島:

» 沖縄好きのアナタへ☆ [『世界一周ひとり旅☆』で7キロも太っちゃった元バックパッカーの気まぐれダイエットブログ]
ハイサーイ。 沖縄好きの方へ。 明日、4月12日(木)21:00~22:30 日本テレビ系列で放送する ニッポン 旅×旅ショー!! (←クリック☆) は、沖縄特集だそうで。 以前の『どっちの料理ショー』がリニューアルしたみたいっす。 番組案内見... [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 19時49分

« 「ブラック・レイン」の大阪 | トップページ | 東京ロケーションボックスの硫黄島 »