« 世界と日本のフィルムコミッションについて | トップページ | 映画は特別な芸術なのだから »

2007年4月27日 (金)

日本のロケーション撮影(ちょっとおかしい?)

「道路工事なら交通の迂回や一次的な封鎖などもあるのに、映画の撮影だとどうして法律違反になるのか」

日本ではこの考えに異論を唱える方も多いだろう。

しかし、世界ではこの考えこそ、しごく普通の意見といっていい。

「日本におけるロケーション撮影への対応は、世界的にみて遅れていて、とにもかくにも改善をしていかなければならない。」

海外の様子を知れば知るほど、そう思うようになる。

Dsc02935

写真はハリウッドで撮影。

ロケーション撮影のため、当然のごとく道路使用許可が下りている。

自動車も歩行者も、通行できなくても苦情はない。

|

« 世界と日本のフィルムコミッションについて | トップページ | 映画は特別な芸術なのだから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のロケーション撮影(ちょっとおかしい?):

« 世界と日本のフィルムコミッションについて | トップページ | 映画は特別な芸術なのだから »