« 映画「チコと鮫」の舞台 | トップページ | 映画のロケ地の調べ方 »

2007年4月24日 (火)

「四日間の奇跡」の角島

山口県下関市の角島(つのしま)は、豊北町の北西約1.5kmの沖合に浮かぶ響灘諸島の島である。

島のかたちを地図で見ると、夢崎と牧崎という二つの岬が、ちょうど牛の角のような形になっている。そのことから角島と名付けられたらしい。

sea33889

シマダス(2004年発行)をみると、面積は3.94k㎡で、人口は941人と小さな島である。

この角島で、映画、「四日間の奇跡」(監督:佐々部清氏)が撮影されたようだ。

「しおかぜの里角島」のホームページをみると、東映関係者が「全国を回ってロケ地を探したが、角島にかなう場所はなかった」とある。

確かに、風光明媚な島でブログでもたくさん紹介されている。きれいな写真が載っている。

角島ドライブ (トラックバック 魅惑のクワトロ生活)

海にかける道(トラックバック デジカメ撮影日和)

角島(夢民谷の日記)

角島ドライブ((海と写真とウェブログと・・・)

平成12年に、1,780mの角島大橋が出来て本州とつながり来島者は増えた。特に、海水浴、キャンプ、並びに釣りなどをしに来る人が多いという。

(だが一方では、交通標識の設置が必要になったり、防犯面の強化が求められたり、ごみ問題や自然保護など、観光地化による諸問題も発生しているようである。)

平成17年に「四日間の奇跡」が公開されてからは、その観光客がさらに増えて前年比153%にもなったと聞いた。

また、映画の赤い屋根の礼拝堂は、実はオープンセットだという。元々あった公衆トイレを覆ってつくったらしい。

それ以前の観光ガイドに掲載されていない理由はそれであった。

撮影後は解体をして元の公衆トイレに戻す予定だったが、地元住民から「残してほしい」と要望があり、オープンセットを補強して3年間だけ保存することになったという。

一過性のブームで終わるのか、夕張市の「幸せの黄色いハンカチ」のように、息が長いものになるのか。

それは、もう少し時の試練を経ないとわからないだろう。

このあたりが、ロケ地の観光振興の難しいところだと思う。

|

« 映画「チコと鮫」の舞台 | トップページ | 映画のロケ地の調べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「四日間の奇跡」の角島:

» アナスイのアイテム情報 [アナスイのアイテム情報]
アナスイのアイテム情報に関するRSSを集めておりますので、トラックバックさせていただきました。 [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 01時24分

» 防犯 カメラ.net [防犯 カメラ.net]
防犯カメラについて [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 22時17分

« 映画「チコと鮫」の舞台 | トップページ | 映画のロケ地の調べ方 »