« 「ロスト・イン・トランスレーション」のロケ撮影について | トップページ | 日本のロケーション撮影(ちょっとおかしい?) »

2007年4月27日 (金)

世界と日本のフィルムコミッションについて

日本における映画産業の経済的効果、及び文化的価値に対する認識は世界各国に比べて相当に低いといわざるを得ない。

日本の全国各地のフィルムコミッション、ロケーション撮影の誘致をするのであれば、まずはそのことをしっかりと認識する必要があるのではないか。

それが、世界各国が参加するロケーション・トレードショーに参加した、素直な感想である。

Dsc03185

サンタモニカで撮影

|

« 「ロスト・イン・トランスレーション」のロケ撮影について | トップページ | 日本のロケーション撮影(ちょっとおかしい?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界と日本のフィルムコミッションについて:

« 「ロスト・イン・トランスレーション」のロケ撮影について | トップページ | 日本のロケーション撮影(ちょっとおかしい?) »